Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

ボイスヒーリングと祖師谷温泉21とチェ・ゲバラ

昨日の夜は下北沢の千草の定食を味わい、Ayaちゃんのボイスヒーリングを初体験。振動が体の表面やら内部を揺さぶることを体験、声の質で反応している部分が違うこと、その部分が動いていくことを実感。いつも動かしていない部分を動かすことはいい刺激になることが多いので、自分の変化をちょっと観察してみるつもり。

そして東京世田谷の名湯、祖師谷温泉21へ。ここの誇る黒湯、そして、ここに行ったら絶対に入る冷凍サウナを満喫。・・冷凍サウナとはつまり、氷点下の冷凍室のことで、お肌が引き締まるとともに、頭の髄を冷たい空気がひょ~っと通るようで、停滞気味の脳を洗ってくれるような感覚を味わえるのです。
c0002089_091145.jpg

一夜明けて、今日。いつも水曜に行っている聖マリは入試で出入り禁止のため、気になっていた映画、スティーブン・ソダバーグの「チェ 28歳の革命」を新百合ヶ丘のワーナーでみた。チェ・ゲバラフィデル・カストロと出会い、キューバ革命に突き進むプロセスを、革命後のゲバラの国連での演説をはさみながら追っていく。ソダバーグは、「キューバ革命というよりも、チェ・ゲバラに魅かれるんだ」と言っているが、それがよくわかる、ゲバラと戦線を共にしているような感覚を覚える体験型(?)の映画だった。戦いモノのであるこの映画にも、ソダバーグらしい、静と動の独特のリズムが全体に流れていた。

それをみていた私はというと、チェ・ゲバラの話す戦略をじっくり聞いたり、フィデルの言葉の奥に何があるのかと考えたり、ゲバラとフィデルの関係を思ったりしながら、自分が戦い好きであることを再認識した。自由を奪うこと、真実を見いだせない硬直した思考、尊敬を知らない付き合い・・戦う力を喚起するような、一言でいうと理不尽なことは世の中のあちこちにある。ブレることなく、スタイルをつくって突き進む・・やはり人間、とりつかれたようじゃないとしっかり戦うことなんてできないと思った。次は月末から始まる「チェ 39歳の別れの手紙」をみるつもりだ。

それにしても、25kgの減量をして挑んだというデル・トロのゲバラ、とてもいい感じだけれど、哀しいことにやはり本物の方がかっこいい。

追記)下北沢の千草は、古くからある定食屋さん。いまとなってはレトロな雰囲気のなかで美味しい定食を味わえます。そしてBGMは、山口百恵や野口五郎、辺見マリ・・といったこれまたレトロなものなのです。まぁ、早稲田界隈にあるような感じです。
by linsshio | 2009-01-29 00:11 | 観た・聴いた