Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

戻りました。大学でザ・カヴァ道。そしてハーブクリップ。

一昨日の夜中に、フィジーから帰国した。マナ島を離れてから、ネット環境が悪くメールも見れず。
マナ島から離れたその後についてはまたレポートさせてくださいませ。

・・ということで、GF研究所のハーブクリップ。金曜夜中にカヴァの水溶性エキスのことアップしました。フィジアンはもともとカヴァとアルコールを一緒に飲むという習慣はなく、例えば工事現場の杭を引っこ抜くとか、ケンタッキーのカーネルサンダースおじさんを連れて帰るとか(嘘です)といったご乱行も、カヴァとビールを一緒にとったときにおこるようだ。

GF研究所 ハーブクリップ49号はこちら >>

今回訪問したUniversity of South Pacific(南太平洋大学)では、カヴァの研究をされている先生に何人かお会いして、とても有意義なコメントをいただいた。
その一人が、ドロドロタワケ先生。このドロドロタワケ先生が精通しているのは、栽培から分類、分析、物取りと、all that kava 。訪問した私たちを迎えるセブセブ(カヴァでの歓迎やお見送りのセレモニー)を研究室の廊下でとりおこなってくれた。
そのカヴァさばきはまさに、ザ・カヴァ道。今回は村でのセブセブと大学でのセブセブの両方を体験。フィジアンの心の温かさとカヴァ道には心打たれる。

こちらがドロドロタワケ先生。

c0002089_1933321.jpg


自分用のタノア(カヴァを調製するためのいれもの)を購入。カヴァを愛でるフィジアンハーブの報告会を開催したいと考えているので、その時にお披露目できるとうれしい。カメはフィジー語でボヌ、幸せを運んでくれるって。
c0002089_1901886.jpg

by linsshio | 2010-03-14 19:00 | フィジー