Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

奈良にて むろう大沢農場のブルーベリーの圃場訪問

4月3日に奈良でパワープランツのワークショップをしたので、その前後の日は奈良を満喫する日にした。前日、Ms.BBこと、むろう大沢農場のMっちに大和西大寺で拾ってもらって、前からぜひいきたかったブルーベリーの圃場へ。

この日のお泊まりは東大寺近くのワークショップ会場、国際奈良学セミナーハウスに荷物を置いて、いざ車で1時間ほどのむろうの圃場へ。

Mっちいわく、ええ、今剪定中でございますのの、ブルーベリーたち。赤い枝を伸ばしてこれから来る春夏の季節に躍動する準備中。
c0002089_0271726.jpg

Mっちはこの圃場で、無農薬でのブルーベリー栽培をしている。ブルーベリーはツツジ科。酸性の土を好むのだそうで、スギナやヨモギがこんな風に生えているのはブルーベリーにとって、とてもいいお知らせ。これ、すぎなのつくしさん。
c0002089_027571.jpg

そしてこのあたりにはイノシシ君もシカ君も登場するそうで、かれらのフンが圃場にぽつぽつ落とされている。うまくイノシシが土を掘り起こしてくれるとこれらのうんこも一緒に混ざり、いい栄養いきわたるのだそうだ。これ、うんこ。
c0002089_0282599.jpg

ブルーベリーの受粉には蜂さんが活躍。養蜂家の管理のもと、こんな風に蜂箱が設置されている。今はまだ蜂さんには寒い季節なので、箱の中には布が入っていてあったかい空気が保たれるようになっているのだそうだ。そして、箱の下に小さな出入り口があって、蜂さんはそこを出てちょっと先のブルーベリーたちのところに行き、美味しい蜜や花粉を集めながら、ブルーベリーの花粉を運ぶお仕事してくれる。
c0002089_029583.jpg

巣箱のなかはこんな風。蜂さんのおうちの建材であるミツロウが見えるかな。このミツロウで作った、人なら手のひら、犬なら肉球に塗る、パウクリームを頂いた。さらっととてもいい感じ。
c0002089_0295430.jpg

そしてこの蜂さんたちの蜂蜜も頂いた。これが、ん~唸るほど美味しいっ!みんなに食べて頂きたい、最上級のはちみつです。そよご、チェスナット、そしてブルーベリーの蜂蜜
c0002089_0312548.jpg

このあたりには野鳥もいっぱい。この日も鴬が啼いていた。きつつきの仲間の明けた穴がこんな風にあった。かんかんかんかん、私が山で聞く音。みねちもブルーベリーもきいている。
c0002089_03236.jpg

Mっちは環境教育に取り組んでいて、この圃場でも中学生の園芸部の生徒たちが、剪定や収穫などをしに訪れるのだそうだ。圃場には自然のしくみがいっぱい。私なんて知らないことばかり。こういったことを子どものうちに知ることができるのは、ほんと宝のようなお話です。私も勉強させてもらいたい。
今年は剪定中のブルーベリーにご挨拶できたので、7月の収穫を待ち、いざいただきとうございます。

むろう大沢農場のブルーベリージャムはGF自由が丘店にあります。
トラックバックURL : http://forestvita.exblog.jp/tb/14114563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tonepedra at 2010-04-13 17:56
このブログを拝見して、ブルーベリージャムや蜂蜜を食べたくなりました。今日、オンラインショップでお買い物をしました(笑)。
ブルーベリーもつくしも、酸性土壌を好むんですね。どちらも大好きです。農場体験もしてみたいと思いました。
Commented by linsshio at 2010-04-15 18:00
toneさま、美味しいですよ~!ヨーグルトにもクリームリーズにもあいます。そのままなめるのもとても美味しい。
by linsshio | 2010-04-07 00:32 | 旅した | Trackback | Comments(2)