Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

およそ30年ぶりの同窓会

この前の土曜日は高校のクラス会。これが卒業して以来はじめてのクラス会。気がついたらガラスの17歳だった私たちはなんとびっくり今年48歳におなりになる。あ〜、ただただびっくり、月日の経つのはほんとーに早い。でもまあそれなりにいろいろあったかな。

みんなどんなふうになっているのだろー、なんだか緊張しながら新宿の三井クラブに行ってみた。到着して幹事をしてくれたKくんの名前をいうと、どこからか聞いたことのあるような声が聞こえてくる。あ、みんないるじゃん。

一瞬にして甲府南高校の教室にいる気分。窓から夕日が入る放課後、机に座ってあちこちでしゃべっているみんなの姿やら、緑陽祭(学園祭)のときのざわめきやら、あのころ気に入ってた先輩のことやら、裏店で飲んだチェリオの味やら、そんなものが蘇ってきた。そこには、学ランを来た男の子たちがいて、そして今目の前にいるのは紳士たち。立派になっちゃって、でも誰だかすぐわかる。高校を卒業してから会っていなかった人もいるし、大学くらいまではあっていた人もいるし、、いずれにせよ長い年月が経った。建築のお仕事をしていたり、お医者さんだったり、出版のお仕事をしていたり、大学の先生だったり、商社でエジプトとか飛び回ってたり、製薬のお仕事だったり、厚生労働省だったり、そしてパパで・・、みんな頼もしくなった。

高校の時の話やみんなのその後話を聴きながら、17だった男の子があのときどんな風で、大学受験はどんなふうで、どんな日々を過ごして、彼女ができて、仕事をしてきて、結婚して、子供ができて、今に至っているのだろうと思うと、大人になっていくこと自体がとても素敵に眩しくてそれこそどきどきしてきた。それはまさに大学で今教えている子達の未来が大きな可能性で輝いて見えたり、ラケンバ島の子供たちの未来がほんとうに楽しみなのとおんなじだ。成長するって眩しいことなんだね。

みんな元気でよかった。幸せそうでよかった。こうやって楽しくおしゃべりできてよかった。三井クラブ、ヒルトン、その後紳士たちは新宿のお街に消えていった。

私は家に帰ってなかなか寝付けないくらい余韻に浸ってた。そのまま朝まで浸っていたいほどいい夜だったな。

父が生きてたらみんなが立派に大人になったことを喜んだだろうなと思いながらみんな元気で素敵な紳士になってたと報告、そして母にも電話した。

またそのうち会いたいな。頑張れ、みんな。私もがんばろー。
by linsshio | 2011-09-27 00:39 | 日々のこと