Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

ワトソンの『二重らせん』を読んだ

c0002089_17483052.jpgお正月にワトソンの『二重らせん』を読んだ。DNAの二重らせん構造をみつけたワトソンとクリックのワトソンが書いた、あの頃の記録的なお話なのだけれど、けっこうおもしろかった。で、思ったこといくつか。
1)いい仕事をするには人的環境も大事。
優れた人たちの周りには優れた人たちがいる。出てくる人、次々ノーベル賞なのだもの。まあ、そこまでいかなくても、自分がテーマとすることに関しては、欲すればいつでも意味のある討論ができるような人的環境って大事。そうしないと刺激もないし、切磋琢磨もされない。なまぬるいところにいると澱んでしまう。そういうのってよくない。
2)ねらいを絞ることってやはり大事。
ワトソンはDNAにしか興味がなかった。何がなんでもDNAだったらしい。
3)30歳とか40歳とか、そのあたりの仕事って大事。
ワトソンが二重らせんをみつけたのは25歳ととりわけ若かったけれど、出てくる皆さん、年表から数えると、30歳後半~40歳前半くらい。大事な一仕事をする時期ということだろうか。思えば私もそのあたり。く~。
by linsshio | 2006-01-04 17:48 | 読んだ