Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

クリムト

今日から11月。なのに暑いね。今日の午後は友人とタントタントでピッツァを食べた後、ル・シネマに行って「クリムト」を観た。マルコビッチが演じる役としては雰囲気的にとても合っているのだろうけれど、内容的にはかなりいまひとつ。あれじゃクリムトが何をどう感じてどう考えて作品が生まれたのかまるでわからない。人との関係性もリアリティがないし、妄想の中で生きていたというリアリティもない。マルコビッチはいったいクリムトをどう捉えて、どう演じたかったのだろうか。あれじゃ、病に侵され妄想を抱く変な色親父だ。シーレだって、あれじゃただのがきんちょだ。
トラックバックURL : http://forestvita.exblog.jp/tb/4861071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gogou at 2006-11-02 11:19 x
マルコビッチがちょっと気になっていたのですが、そうですか、そんな感じなんですね。じゃ、やっぱり「ナチョ・リブレ」にしようかな?先日は「フラガール」を見ました。年とともにゆるんでいく涙腺は止めようもなく、終わるころには顔がぼろぼろになっていました。大学時代を北関東ですごした事もあり、「青春の地の、なまりなつかし劇場のスクリーンの中に、そをききにゆく」の心境でした。博多のセミナーお疲れ様でした。アメリカの旅、気をつけて楽しんできてください。
Commented by umecan at 2006-11-03 22:37 x
linsshioさんの批評で十分その映画を楽しめた気分!
Commented by linsshio at 2006-11-25 19:35
gogouさん、こんにちは!フラガールは北関東が舞台なのですね。最近わたしは嫌われ松子にはまってます(かなり関係ないかしら?)アメリカの旅はまた報告させてくださいませ@^-^@

うめかん、こんにちは!何か最近いいの見た??次は何にしようか考え中・・。飛行機のなかでは、キアヌとサンドラブロックの純愛ものをやってて、これまた、ん〜って感じでした。
by linsshio | 2006-11-02 00:29 | 観た・聴いた | Trackback | Comments(3)