Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

カテゴリ:旅した( 82 )

裏磐梯に行ってきた

安珠さんの裏磐梯に行ってきた。一泊二日、すっかりお世話になった。ありがとう、あんじゅさん、しげさん。水澄み切った美しい午後と満点の星空と夜の露天風呂、そして瑞々しい朝と力強い昼の太陽を味わってきた。

裏磐梯は、磐梯山の120年前の噴火のあと、50年ほど前に土地を整えて人が入っていったそうな。あちらこちらに磐梯山の噴火で飛んできたらしい岩やせき止められて出来上がった沼や湖がある。雪深い冬を乗り越えた広葉樹が葉を伸ばし始め、草花が芽吹き、カラマツも新芽を広げ始めていた。

地球にはこんな風に天と地が決めるしかるべきプロセスを踏んで出来上がり、尚も変化を続ける場所があちこちにある。私たちに生きる力を与えてくれる、こういった場所に共に生きるものたち、共にあることたちとしっかりじっくりと、礼儀正しくお付き合いできる人間に私はなりたい。そしてそれを実感できる時間を多く持ちたい。

・・朝、窓を開けて磐梯山と緑の森を見ながら強くそう思った。磐梯山。

c0002089_16979.jpg

美しい沼。水面の揺れに静けさを感じる。
c0002089_172373.jpg

太陽も生きていて、葉っぱも生きている。眩しい生の影。
c0002089_181740.jpg

ウドを探し、鎌を持つ安珠さん。
c0002089_19532.jpg

夕陽です。
c0002089_192935.jpg


安珠さんのEarth Spiral との共催ワークショップ。
8/13(金)~15(日)「裏磐梯 薬草リトリート&サイエンス feel self, hesl self.

※残席わずか

こちらは清里の森のワークショップ。森ガール、薬草ガール、集まれ。ちなみに私もガールです。もちろんボーイも大歓迎。
7/17(土)・18(日)清里・森のハーブ~植物療法 野外実習
〆切は7月3日。お申し込みはお早めに!
by linsshio | 2010-06-03 01:15 | 旅した | Trackback | Comments(5)

京都と奈良に行ってきた

この週末、京都と奈良に行ってきた。ついたのは金曜夜中。しかし、京都は宵っ張りの人が多いのか、お街もそして、その周辺も心地よい賑やかさだったりする。私のお気に入りは、烏丸御池付近。夜の11時までやっている大垣書店、そしてその隣は夜中の12時までやっている、スタバ。ここにはしらふの宵っ張りがいっぱい。一人ソファにゆるりとしずんで本を読んだり考えたり、書いたりする。

そして朝。京都の朝はイノダコーヒー。・・なのに出遅れたからかすでに満席。しかもなんだかフロアの人の態度が悪くてがっくり。次に行く気になるかな~。。
ということで、気を取り直し三条の進々堂という小川珈琲のお店に行った。うん、美味しい。しかも朝からジャズなのも悪くない。
c0002089_722945.jpg

途中、こんな看板の出たお店をみっけ。なかなか良い雰囲気。
c0002089_7235419.jpg

そして、ショーウィンドウの天秤はこんな。そのほかにもいろんな秤りものなどが並んでた。
c0002089_7233412.jpg

by linsshio | 2010-05-17 07:24 | 旅した | Trackback | Comments(2)
GWの連休の最初のほうにお山にいった。山梨の春日山のふもとから登り、尾根伝いに滝戸山まで。春の山は、冬の名残をとどめながらも、冬の緊張感はすでになく、夏に向かう生命力を感じさせてくれる。柔らかい陽光がまだ伸び途中の葉の間からさんさんと降り注いで、きらきらと優しい気持ちにしてくれる。

空の様子。
c0002089_1826047.jpg


山の道の様子。
c0002089_18262794.jpg


すみれさん。
c0002089_1827982.jpg


きじむしろたち。
c0002089_18271944.jpg


ふでりんどうは晴れているとしっかり開く。
c0002089_18273082.jpg


くろもじは今花盛り。青い枝を少しこすると華やかないい香り。
c0002089_18274915.jpg


とりかぶとは葉を伸ばし始めた。このあたりにはとても多いみたい。
c0002089_1828297.jpg


なんじゃもんじゃの木はこちら。
リョウメンヒノキという名前が牧野富太郎によってつけられたそうな。
ヒノキの亜種。
c0002089_1828251.jpg


春の山が霞んでいる。ちらほらとピンク色なのは桜が咲いているから。
c0002089_18283734.jpg

by linsshio | 2010-05-06 06:12 | 旅した | Trackback | Comments(2)
4月3日に奈良でパワープランツのワークショップをしたので、その前後の日は奈良を満喫する日にした。前日、Ms.BBこと、むろう大沢農場のMっちに大和西大寺で拾ってもらって、前からぜひいきたかったブルーベリーの圃場へ。

この日のお泊まりは東大寺近くのワークショップ会場、国際奈良学セミナーハウスに荷物を置いて、いざ車で1時間ほどのむろうの圃場へ。

Mっちいわく、ええ、今剪定中でございますのの、ブルーベリーたち。赤い枝を伸ばしてこれから来る春夏の季節に躍動する準備中。
c0002089_0271726.jpg

Mっちはこの圃場で、無農薬でのブルーベリー栽培をしている。ブルーベリーはツツジ科。酸性の土を好むのだそうで、スギナやヨモギがこんな風に生えているのはブルーベリーにとって、とてもいいお知らせ。これ、すぎなのつくしさん。
c0002089_027571.jpg

そしてこのあたりにはイノシシ君もシカ君も登場するそうで、かれらのフンが圃場にぽつぽつ落とされている。うまくイノシシが土を掘り起こしてくれるとこれらのうんこも一緒に混ざり、いい栄養いきわたるのだそうだ。これ、うんこ。
c0002089_0282599.jpg

ブルーベリーの受粉には蜂さんが活躍。養蜂家の管理のもと、こんな風に蜂箱が設置されている。今はまだ蜂さんには寒い季節なので、箱の中には布が入っていてあったかい空気が保たれるようになっているのだそうだ。そして、箱の下に小さな出入り口があって、蜂さんはそこを出てちょっと先のブルーベリーたちのところに行き、美味しい蜜や花粉を集めながら、ブルーベリーの花粉を運ぶお仕事してくれる。
c0002089_029583.jpg

巣箱のなかはこんな風。蜂さんのおうちの建材であるミツロウが見えるかな。このミツロウで作った、人なら手のひら、犬なら肉球に塗る、パウクリームを頂いた。さらっととてもいい感じ。
c0002089_0295430.jpg

そしてこの蜂さんたちの蜂蜜も頂いた。これが、ん~唸るほど美味しいっ!みんなに食べて頂きたい、最上級のはちみつです。そよご、チェスナット、そしてブルーベリーの蜂蜜
c0002089_0312548.jpg

このあたりには野鳥もいっぱい。この日も鴬が啼いていた。きつつきの仲間の明けた穴がこんな風にあった。かんかんかんかん、私が山で聞く音。みねちもブルーベリーもきいている。
c0002089_03236.jpg

Mっちは環境教育に取り組んでいて、この圃場でも中学生の園芸部の生徒たちが、剪定や収穫などをしに訪れるのだそうだ。圃場には自然のしくみがいっぱい。私なんて知らないことばかり。こういったことを子どものうちに知ることができるのは、ほんと宝のようなお話です。私も勉強させてもらいたい。
今年は剪定中のブルーベリーにご挨拶できたので、7月の収穫を待ち、いざいただきとうございます。

むろう大沢農場のブルーベリージャムはGF自由が丘店にあります。
by linsshio | 2010-04-07 00:32 | 旅した | Trackback | Comments(2)

要害山と大蔵経寺山

お彼岸のときに、山梨県の要害山に登り、そのまま尾根道をいって、大蔵経寺山に登った。まだまだ肌寒かったけれど、山には春景色がいっぱい。季節は確かに動いてる。
c0002089_1639211.jpg

木々は新芽が出始めているけれど、まだまだ太陽の光をさえぎる青葉はない。なので、この季節は山がきらきらしている時期。しかも冬の緊張感は少しとけてやわらかな感じ。
c0002089_1640361.jpg

このあたりにはアカマツがたくさん。伐採されたアカマツも切り株があちこちにあった。アカマツって樹皮だけでなく中もこんなにあかくて痛々しかった。
c0002089_16415224.jpg

しゅんらん。
c0002089_16422057.jpg

かたくり。
c0002089_16424398.jpg

だんこうばい。
c0002089_16431049.jpg

そして、春の沢。このあたり、クロモジだらけの林。
c0002089_16434899.jpg

by linsshio | 2010-03-31 00:18 | 旅した | Trackback | Comments(0)
メディカルハーブでハーブティとしてよく用いるハイビスカスは、クエン酸をたっくさん含んで紅く美しい色の出るローゼル Hibiscus sabdariffa という種類。このローゼル、花は紅くなくて白黄色っぽく、ハーブに使うのは花弁ではなくてガクを使う。

で、フィジーではどうかというと、夏の庭花としてもお馴染みの紅い花を咲かせるハイビスカスHibiscus rosa-sinensisを使う。フィジー語では「セ・ニトア」というんだそうだ。その使い方はというと、ガクではなく使うのは蕾で、水に浸しながら蕾をほぐしていく。そうすると、少しずつとろみを感じるようになる。このとろみがヘアトリートメントによいのだそうだ。サロテにそう教わって、何回かシャンプー後に使ってみた。

美しい花の蕾水を髪につけるといったことだけでも、まずは気分は高揚。次の朝、ふむふむ、これはなかなかいける。ハーブ製剤としても、花丸なセ・ニトア・ヘアケアです。
c0002089_2365838.jpg


このセ・ニトア、フランジュパニやクリスマスツリーフラワーとかとともに、髪飾りにも使われる。男の人も女の人も、耳にひょいっと花をかけて楽しむ。このお花飾り、テキテキというそうだ。
by linsshio | 2010-03-23 23:08 | 旅した | Trackback | Comments(2)

山梨、冬の温泉

今日も明日も晴れて、そして来週は春らしい穏やかな日になっていくらしい。立春が過ぎて、氷が水にかわっていく雨水から土の中の虫がむくむくと動き出す啓蟄へ、季節はしっかりと動いている。冬らしさともそろそろお別れの時が近づいてきたようなので冬の景色をいくつか。2週間くらい前かな、山梨に行った時の風景です。
冬の午後、冬でも緑の針葉樹越しに見る山の姿。空気も緊張感があって、太陽の光も鮮明できりっとする冬はなかなか好き。でも遠くの山並みが少し霞んで見えてて少しだけ春の気配を感じた。
c0002089_1884174.jpg

山梨県牧丘の丘の上のホテル付近から眺めた富士山。
c0002089_1885155.jpg

野を歩くとこんな風に氷や雪が残っている。そのかけた隙間からは落ち葉と一緒に緑も見える。
c0002089_189123.jpg

牧丘の温泉に入った。ここは露天風呂の温度も絶妙で、とても気に入っている。鼓川沿いの鼓川温泉。
c0002089_189994.jpg

福寿草をみつけた。オドリコソウもピンク色がほころびそうな具合だった。春間近。
c0002089_1891621.jpg

by linsshio | 2010-02-21 00:40 | 旅した | Trackback | Comments(0)

水の近く

今週半ば、2つの水の近くに行った。どちらも陽光が水面をきらきらと照らし、そして緑豊かな心地よい場所だ。

グリーンフラスコ大阪校の佐古先生と行った山梨県北杜市、南アルプスの天然水、尾白川渓谷。

渓谷沿いを歩くトレイルの入口には「熊に注意」。何回もここには来ているが、お猿にはあったけど熊に出会ったことはない。
c0002089_0495922.jpg


ひんやりとした空気に激しい水しぶき。水の近くは気持ちが良い。岩の上でおにぎりとフルーツとそしてコーヒー、ハーブティー。
c0002089_0521981.jpg


そのあと、八ヶ岳の薬用植物園に行って、歩き楽しむ。広々としていて気持ちが大きくなる。
c0002089_053725.jpg


そして、もう一つの水の近く。こちらは日川渓谷、竜門峡に友人のHさんと行った。
c0002089_0542757.jpg


ビーチサンダルに履き替えて、水でぴちょぴちょ遊ぶ。離れがたい場所。
c0002089_0552539.jpg


岩にごろんと寝ころんでみた空。そしてお昼寝を楽しんだ。なかなかいい夏のひととき。
c0002089_0561779.jpg

by linsshio | 2009-08-30 00:56 | 旅した | Trackback | Comments(0)

高野山に行ってきた

週末に高野山に行ってきた。はじめての和歌山県、そして高野山。空海の魂が宿るこのお山、はじめてのことをたくさん経験してとてもおもしろかった!

お世話になった南院さん。ここでは、一緒にいったアロマプラスのKimちゃんが、年に3回、トリートメントをしている。今回もKimさんお仕事、私は探索。
c0002089_843243.jpg

南院さんでいただいた夕食の精進料理。美味しくてご飯をおひつ丸ごと食べちゃった。
c0002089_845139.jpg

天下の金剛峯寺。

c0002089_851116.jpg

高野山は世界遺産であるとともに森林セラピー基地でもある。林業センターの西田さんにお願いして、お山を歩いた。ここは摩尼山。
c0002089_852665.jpg

西田さんが私たちに見せたいといってくださったものの第一。ツガの木。日本第三位の大きさを誇るそうだ。
c0002089_854415.jpg

今回の初めて体験、その一。蛇を撫でたこと。思いのほか柔らかく、心地よいお肌だった。
c0002089_855993.jpg

今回の初めて体験、その二。ささくれひとよだけ、というこのキノコに会ったこと。一夜でとろっととけてしまうそうな。そんなはかなげな、でもたくましいひとよだけ。
c0002089_861166.jpg

雨上がりの陽の光に輝く苔。かわいい。
c0002089_862441.jpg

高野山の植物といえば高野槇(こうやまき)。山にもあるが、ほとけさんにお供えしたりするために、こうやって町のあちこちで売っている枝の切り口からは白い樹脂が染み出している。樅によく似たいい匂い。。なぜかミカンと一緒に。l-リモネンとd-リモネンのペアかな。
c0002089_86373.jpg

帰ってきてチンキにつけてみた。葉を切っていると手は樹脂でべたべた。仕上がりはいかに。楽しみ~。
c0002089_864847.jpg

by linsshio | 2009-08-03 08:16 | 旅した | Trackback | Comments(7)

尾白川渓谷、風の通り道

週末に山梨県北杜市の尾白川渓谷に行った。最終目的は滝の前でのランチと読書と昼寝、その途中にはさわさわと風の通る道がある。
風の通り道、その1。
c0002089_6235044.jpg

そして、風の通り道、その2.
c0002089_624581.jpg

渓谷はこんな風。水量豊か。
c0002089_6242310.jpg

ランチ。泳ぎつかれたカエルが上がってきた。
c0002089_624357.jpg

途中出会った人たち。まずはくねくねの人。
c0002089_6251496.jpg

そして、くるみの実。まだ皮でおおわれている。
c0002089_625382.jpg

いわたばこ、びっしりと満開。
c0002089_6254935.jpg

そして、お久しぶりのクワガタ、メス。
c0002089_633151.jpg

で、最後は白いきのこさん。
c0002089_6262952.jpg


by linsshio | 2009-07-28 06:26 | 旅した | Trackback | Comments(5)