カテゴリ:ごあいさつ( 5 )

2018年、トトラボ

新年も10日が経ち、みなさんにも日常が戻ってきた頃とおもいます。私も昨日、今年初めての出張と講座をして、本格的に2018年が始まりました。

新年はやはり時の流れの中では大きな節目、そんな節目には、自分のしていくことを改めて見つめて、思いを新たにすることになるかと思います。

2018年、トトラボは、秋に10年目に突入することとなります。少しずつですが、やりたいことをやり、伝えたいことを伝えられうよう歩んできましたが、そんな今年に思うのは、逞しさ、地に着いた力強さが欲しいということです。みなさんにお伝えしたいことを形にして受け取っていただけるようにするには、やはり力強さが必要。それをしっかりと養うには、地道な、そして緻密な、全体性の把握とプランが必要だと思っています。

これまでも思い、そしてここのところさらに思う、「繋ぐこと」と「創ること」は、しっかりと地に足のついたハーブ文化になくてはならないもの。 これは、昨年スタートしたJapanTradの意図を表すフレーズとしましたが、ハーブの力や知恵、人の力や知恵を繋ぎ、そして互いにインスパイアしながら新たな何かを創るといった健やかな動きを、静かに、しなやかに作っていけたらと思っています。

Succeeding and Creating はまるで、植物の Roots and Shootsのよう。一つの木が全体性の象徴とすると、その木には、Roots(根)とShoots(新芽、茎と葉)が必要。地固めをしてしっかりといのちやその歩んできた道を尊ぶように根を張り、新たな世界を味わいながら伸び進むようにシュートを展開して伸ばびていく・・。

そんなリズムを刻みながら、2018年、トトラボは進んできたいと思っています。
みなさま、本年もよろしくおねがいいたします。

2018年1月11日
Shio

by linsshio | 2018-01-11 02:20 | ごあいさつ

トトラボより新年のごあいさつ

※これは、1/17発行のトトラボニュースレター74号に掲載したものです。

2015年が始まり、既に半月ほど経ちました。年末年始、みなさんはどのようにお過ごしでしたか?

私は自宅の自分の部屋を整理したり、しばらく着ていない服を処分したりと、身の回りをさっぱりさせた年末年始でした。昨年の終わりくらいから、新しい何かを入れるにはもっていなくていいのにあるものを捨てて、入る場所をつくるといいことを実感し始めました。仕事にしても、何にしても、いつも、さっぱりすっきりしていたいものです。

さて、年頭にあたり、トトラボの2015年をイメージしてみました。昨年みなさんにご協力いただき準備ができた、ヴィヴォの家のハーブガーデンには、春になるといよいよハーブたちが生の百態を繰り広げてくれることだろうと楽しみにしています。トトラボの講座でも、ガーデンで生きるハーブを観て、活かしていきたいと思っています。

2015年のトトラボでは二つのことを意識してみようと考えています。

一つは「形のあるモノの伝えるコト」・・。ハーブを基点にしたモノづくりに、植物の力と人の力をどのように載せられるか、ソーシャルハーバリズムを実践するための、より具体的なツールとなるだろうという期待を込めて、機会を作り、進めていきたいと思っています。

そしてもう一つは、人、植物、自然の有り様を、人間の野性としての感性や理性がどのようにとらえてきたのか、どのようにとらえて何をつくるのかを、検証していきたいと思っています。Nature、Sprituality, Science, Art・・このあたりがキーワードと考え、そんな観点からの講座やイベント、情報発信、しくみを考えていきたいと思っています。

ということで、とりとめなくなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。
Shio
2015年1月17日
by linsshio | 2015-01-17 18:48 | ごあいさつ

今年もありがとうございました。

今日は大晦日、今年も終わります。みなさま、今年もトトラボをご愛顧くださり、ありがとうございました!心より感謝いたしております。みなさまとご一緒させていただき、私も多くの刺激をいただき、日々新鮮な気持ちで過ごすことができています。新しい年もみなさまもと共に前に進むトトラボを目指していきたいと思っています。新年は6日より動き始める予定です@^-^@みなさま、佳いお年をお迎えください。
c0002089_15134153.jpg

by linsshio | 2014-12-31 15:13 | ごあいさつ

2013年、新しい年が始まりました。

2013年、新しい年が始まりました。位置昨日発行したトトラボニュースレター第46号に書いたごあいさつです。
ニュースレターの登録はこちらから>>
--------------------------------------------------------------------

新年、あけましておめでとうございます。
2013年が始まりました。みなさん、新しい年をいかがお迎えになりましたか?

トトラボをスタートして4年目に入る今年は、トトラボにとって、これまでの活動で得たことを熟成させ、更に前に進むための礎をつくる節目の年にしたいと考えています。

時の流れと場のつくるもの・・。昨年のトトラボではこれらを意識し、植物療法を通じて、植物の力を実感しながら、人の力について考えることができる講座づくりを心がけてきました。

2013年のトトラボ植物療法の学校では、更に「植物療法を実践して丁寧に賢く暮らしたいと願う皆さんの集いの場」となることを目指して活動していきたいと思います。

そのために、以下のことができるカリキュラムを用意して、場づくりと共に進めていきたいと思っています。

1.基礎力を養い、蓄えること
2.自然の営みと人の知恵の力強さを感じ、知ること
3.静かな暮らしのなか、自由な発想で創造し、発展するためのきっかけを得ること

そして、関わっていただけるみなさんと、大切な何かが出来上がっていくプロセスを楽しむことができたら嬉しいなと思っています。

新しい年がみなさんにとって、美しく輝く年になりますよう。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Shio
2013年1月6日
by linsshio | 2013-01-08 07:11 | ごあいさつ

ごあいさつ

日々の生活の中でどれだけのリアリティを持って本質を捉えることができるか?・・2006年が始まり、今年はこんなお題で暮らしてみようと思っています。それは無意識のうちに育っていくものでもあることは確かですが、今年は意識的に取り組んでいこうと思っています。このブログでいろいろ述べるにあたり、私にとって本質的なテーマとなっているものが何なのかについてお話します。

自然とは何なのか?生命とは何なのか?人間とは何なのか?

これは自然を構成する生命の一つであり思考する技を持つ私たち人間にとって常に呈示されているテーマであって、私はこれにとても強く魅かれます。試行錯誤を繰り返し、ささやかな発見をしながら一生考えていくつもりです。私が触れることができるのは、大きな自然の一片ではあるだろうけれど、全体を思いながら部分を深く観ていくことは全体を知ることにつながると思っています。そのためのイマジネーションとクリエイティビティを日々養っていきたいと考えています。そしてあるとき一本の線が見えたらこれほど幸せなことはありません。

そしてもうひとつ。私たちが自然の一員として地に足を付け、人間であることを最大限に活用してしっかり生きていくためには何が必要か?

それには、たかが人間と思う謙虚な心とされど人間と思う自分を敬う心が大事だと思っています。そしてこれらの心を育てることは日々をどのように暮らすかにかかっていると思います。日々の生活のなかで心惹かれるものとじっくりつきあう、自分が大切に思っていることにじっくり考えながら取り組む、自らの心や体のメッセージに耳を傾ける・・自分の感覚や思い、考えを大事にして自らを生かすことは、自分を取り巻く様々なことを敬い、自然の舞台でしっかり生きることに繋がります。それは「自然とは何か?生命とは何か?人間とは何か?」というテーマへの答えに近づくためのイマジネーションとクリエイティビティを養うことでもあるのです。一番大事なことは自分のすぐ近く、いつもの生活の中にあると思います。そのための具体的な方法を日々模索していくことを続けます。

こんな観点を持ちながら、日々思うことや考えることなど気ままに書いていこうと思います。しばしおつきあいいただけると嬉しいです。

Shio

トトラボでのごあいさつはこちら>>

村上志緒のプロフィールは トトラボサイトで。
by linsshio | 2007-01-01 00:00 | ごあいさつ

Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by Shio
プロフィールを見る
画像一覧