Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

カテゴリ:レメディ&香水レシピ( 5 )

香水レシピ

創った香水のレシピを紹介します。オリジナル香水づくりの参考になると嬉しいです。どれもポーランド製Spirytus 10 ml に入れる滴数で示してあります。


PungentPepper
Image もうすぐ春。湿った風の中に、つんとした花の香り。静かな冬から、ダイナミックな春に移る兆しの香り
Theme リンデン
Recipe  オレンジ 4:リンデン 3:ローズ 3:ナナミント 2:パチュリ 2

The Sun
Image ぎらぎらと輝く太陽の下、力強く生きる植物の香り。ずんと伸びるコパイバの木に、花や実や、そしてみずみずしいレモンのしぶき。夏から秋へと移るとき、ちょっとだけ空気が乾き、太陽の光が増す。そんな頃の香り。
Theme コパイバ
Recipe  レモン 4:メリッサ 3:ローズ 3:コパイバ 2:パチュリ 2:ブラックペッパー 2

Favorite Fruitcake ~ Red Christmas ~
Image 秋の実りをぎっしり詰めたフルーツケーキ。窓の曇る温かい家のなか。
Theme オレンジ・バニラ
Recipe  オレンジ5:モミ2:ジャスミン4:バニラ3:ベンゾイン3:シナモン2:カルダモン2

Minty Air ~ Green Christmas ~
Image 吐く息が白い冬の朝。緊張感のある冷たい空気。突き抜けるような蒼い空。
Theme ペパーミント
Recipe  ペパーミント4:ローズマリー2:モミ3:レモン4:マンダリン3:フランキンセンス2:パチュリ2

雨上がりの午後
Image 降っていた雨が上がった午後。周りに草の生える土の道を歩くと土の香りと青い草の香りが漂ってくる。水気を帯びた空気が少し動いて爽やか。
Theme メリッサ
Recipe  ペパーミント 4:メリッサ 3:ローズ 3:パチュリ 2:ベンゾイン 2

音のない場所
Image 例えば禅寺の庭。何の音もしない静かなところに座っている。緊張感のある静けさの中を一筋流れてくるお香の薫り。一筋響く冬の鳥の声。
Theme ガーデニア
Recipe  ユーカリ 2:ペパーミント 2:ガーデニア 3:ローズ 2:ネロリ 2:カルダモン 1:サンダルウッド2:パチュリ 2

オート麦の朝露
Image 山の朝、リスたちがオート麦に付いた朝露を手で集めて口に運ぶ。昇っていく太陽のエネルギーとすくっと育つオート麦の生命力を感じ取ってきらきら光る朝露の透き通った香り。
Themeリンデン
Recipe  ライム 3:ペパーミント 3:ジャスミン 2:リンデン 4:パチュリ 3

花びらからの雫
Image 赤く平たい花びらに丸く付いた雫。夜の間に土から立つ匂いを吸い温かい。涼しい朝にすぅっと地面に落ちていく。
Themeローズ・オットー
Recipe  オレンジ 4:ローズ・オットー 4:ラベンダー 2:ローズマリー 3:ベンゾイン 2

月の見えない夜
Image 月の見えない晴れた夜。新しい月が生まれたその夜は、まっすぐに澄んだ美しい夜。
Themeユーカリ
Recipe  オレンジ 3:ラベンダー 3:ユーカリ 4:パルマローザ 3:ベンゾイン 2

雨の木の記憶
Image 静かな雨に濡れる森。蒸し立ち昇る土の匂いを軽く宙に浮かせる風。この雨の後、緑の葉が伸び、花を咲かせ、根を張り、実をつけることを知っている。
Themeベンゾイン
Recipe  メリッサ 2:ローズマリー 4:ジャスミン 3:ローズウッド 3:ベンゾイン 2:ベイ 1

新しい四月
Image 新しく始まる四月。うきうきした感じ。背筋がまっすぐ伸びる。
Themeミモザ
Recipe  レモン 3:ミモザabs. 4:クラリセージ 2:ゼラニウム 2:パルマローザ 4: パイン 3:バニラ 2

蒼く舞う
Image 風に乗って天に向かい軽やかに伸びる。流れに乗って海の中を優雅に進む。
Themeローズマリー
Recipe  スィートオレンジ 3:ローズabs. 5:ローズマリー 3:ジュニパー 3:ベンゾイン 2

冬の星月夜
Image 緊張感のある冷たい夜の空気に空の星や月がきっぱりと美しい。
Themeメリッサ
Recipe  メリッサ 4:ローズabs. 4:マジョラム 3:パイン 2:フランキンセンス 4

二日めの月の誘い
Image よく晴れた秋の夜の空に細く浮かぶ月が甘く誘う。
Theme クラリセージ
Recipe  スィートオレンジ 5:クラリセージ 3:ハニーサックルabs. 3:フランキンセンス 2:パチュリ 1

風の通り道
Image 森の中でふと木の葉を揺らす風の通り道をたどるようなゆっくりと流れる時間。
Theme ジュニパー
Recipe  スィートオレンジ 4:ジャスミンabs. 4:ジュニパー 3:フランキンセンス 1: ベイ 1:バニラ 2

風と遊ぶ花火
Image 爽やかさのなかに燃えるような夏を感じる。ちょっとにぎやか。夏の夕刻。
Theme ジャスミン
Recipe  スィートオレンジ 5:ジャスミンabs. 3: 1:ジュニパー 2:バニラ 1

Cloudy Bayで見る夢
Image 華やかで力強い感じ。緑豊かな大地。大きな期待。
Theme ローズ
Recipe  ベルガモット 5:ローズabs. 3:クラリセージ 1:ゼラニウム 2:マヌカ 2:ヘリクリサム 2

Black Bear's Favorite
Image 小さな花がいっぱい咲く森の小道を歩く熊。大好物の小さいベリーがたくさんなっているのを見つけて大喜び。元気いっぱい。楽しい。
Theme ハニーサックル
Recipe  オレンジ 4:ミント 3:ハニーサックルabs. 4:ローズabs. 2:パイン 1:バニラ 2

春の予感
Image まだちょっと冷たい風のなか春を告げるミモザの香り。なんとなく幸せないい気分。
Theme ミモザ
Recipe  ベルガモット 5:ゼラニウム 2:マジョラム 4:ミモザabs. 3:ベチバー 1

冬の陽だまり
Image 風のない冬のある一日。猫のようにポカポカとひなたぼっこ。
つかの間の暖かさにほんのりと空気がかすんでいる。柔らかなクリーム色。
Theme ヴァニラ
Recipe  マンダリン 3:ヴァニラ 2:ローズ 3:シダーウッド 2:ヘリクリサム 2
ヒマラヤスギ 2:フランキンセンス 1

Happy Holiday
Image 実りの秋、クリスマスに向かうワクワクした感じ。重厚なフルーツケーキ。
温かい。深い茶色。
Theme ジャスミン
Recipe  オレンジ 3:マジョラム 5:ジャスミン 4:パチュリ 2:ジンジャー 1

思いっきりの花束
Image 主張があり、なおかつ柔らか。黄色やピンク色。
Theme ジャスミン
Recipe ベルガモット 3:クラリセージ 5:ローマンカモミール 2:イランイラン 3
ジャスミン 2:サンダルウッド 1

Sweet Lorraine
Image 甘い雰囲気。静かで柔らかく土台がしっかりした感じ。
明るく濃いピンク色。
Theme ローズ
Recipe ベルガモット 4:クラリセージ 2:ローズアブソリュート 6:サンダルウッド 3

Passionated Breeze
Image 何か起こりそうな灼熱の夏。
Theme ローズ
Recipe オレンジ 4:ローズアブソリュート 5:ジュニパー 4:パチュリ 2
by linsshio | 2007-04-18 15:04 | レメディ&香水レシピ
クリームベースをE-conceptionさんから購入。それを使って精油を加え、朝のクリームと夜のクリームを作りました。朝のクリームはしっとりと、でもさっぱりとするように、夜のクリームは眠っている間にお肌に栄養が行き渡るようにと思って作ってみました。そして、どちらのクリームも華やかな香りがするように。。夜のクリームには今回手元にあったヴェレダのローズオイルを入れてみました。次はビタミンE豊富な小麦胚芽油をプラスするなど工夫してみようと思っています。まだまだ改良の余地有りですな。

用意するもの:
・クリームベース 30ml
・精油
 朝のクリーム:ネロリ2滴、ベンゾイン2滴、ラベンダー2滴
 夜のクリーム:リンデン2滴、ジャスミン1滴、ベンゾイン2滴
        ヴェレダのローズオイルカプセル1個
・クリーム容器(50cc位)
・小さい泡立て器か、へら ・計量スプーン
・ウォッカ(消毒用)少々

1. コットンにウォッカを染み込ませて、クリーム容器を消毒します。ふたのあたりも念入りにします。
2. 計量スプーンで計りながらクリームベースを容器に入れます。下に沈まないので、トントンと底をテーブルの上で叩きながらクリームを下に沈めます。
3. 精油を加えます。
4. 夜のクリームには、ここでヴェレダのローズオイルのカプセルを一つ入れました。次回はローズは精油、オイルは小麦胚芽油を入れようと思います。
5. 小さな泡だて器やへらを使って十分混ざったら出来あがり!
by linsshio | 2007-02-01 19:06 | レメディ&香水レシピ
フェイシャルローションと同じように、敏感で乾燥しがちなお肌にぴったりの翡翠色のフェイシャルクリームです。美しい翡翠の色は、炎症を抑える作用のあるヤローのエッセンシャルオイルの色。お休み前にお肌に伸ばすと起きたときにはふっくらお肌を味わえます。付けてすぐは少しべとつきますが、お肌に徐々に浸透していきます。朝などには、一度手のひらに少量を伸ばして顔を包むようにするだけにしておくのもよいです。デリケートなお肌のためのフェイシャルローション の後に使うとVery good!

用意するもの:
・蜜ろう 3g
・シアバター 5ml
・マカデミアナッツ油 25ml
・精油(ローズ2滴、ヤロー1滴、ベンゾイン2滴)
・クリーム容器(50cc位)
・小さい泡立て器か、へら

1. 蜜ろうとシアバターを湯煎にかけて溶かします。
2. マカデミアナッツ油を同様に湯煎にかけて同じ温度にしておきます。
3. 1と2を容器に入れて泡立て器でホイップしながら混ぜます。
4. 少し温度が冷めたら精油を加えてさらに混ぜます。
5. 十分混ざったら出来あがり!
by linsshio | 2007-01-30 19:08 | レメディ&香水レシピ
すぐにお肌が赤くなってしまったりする敏感肌をしっとり鎮静するフェイシャルローションです。ヤシ油から採った植物性グリセリン、保湿バッチリ活き活きしたお肌にするローズのフローラルウォーターとローズの精油、それに炎症を抑える効果のあるジャーマンカモミールの精油を用いました。甘く華やかな香りがしっとりお肌に染み入る感覚を味わってみましょう。フローラルウォーターと精油、ローズ全体を堪能する贅沢なローションです。ローションの後は翡翠色のフェイシャルクリームでふっくらと。
※非常に敏感な場合は、精油を各1滴ずつ、ローズフローラルウォーターを精製水で2倍に希釈してみましょう。

用意するもの:
・植物性グリセリン 5ml
・ローズフローラルウォーター 45ml
・精油(ジャーマンカモミール2滴、ローズ3滴)
・50cc容器
・コーヒーフィルター
・ガラス瓶(50cc位、スポイト付きなど便利)

1. 植物性グリセリンに精油を入れてよ〜く混ぜます。
2. ローズのフローラルウォーターを入れて更によく混ぜます。
3. コーヒーフィルターで2を濾過します。
4. ガラス瓶に入れて出来あがり!
by linsshio | 2007-01-29 19:09 | レメディ&香水レシピ

冷たい風に吹かれる季節はすぐそこです。蜜ろうに精油を加えてお口に優しいリップクリームを作ってみませんか?蜜ろう(蜜蝋)は蜂の巣作りの材料となるワックスのこと。花の蜜を材料に蜂自らが合成します。ミネラルもたくさん含まれるでしょう。しっかりお肌を包み、じんわりと成分が浸透していきます。

用意するもの:
・蜜ろう・植物油・精油
・ガラスなどの容器(20cc位、クリーム用)・平底なべ(湯煎用)・竹串

1. 蜜ろうを、小さじ1杯(3gくらい)を用意します。
2. 植物油15ccを用意します。
・・ホホバ油だけでもOK です。
・・肌荒れによいカレンデュラ油や肌に馴染みやすいマカデミアナッツ油もグッド!
3. ガラスなどの容器(20ccくらいの広口のクリーム用がグッド)に1と2を入れます。
4. 予め温めておいた70〜80度位のお湯を平底なべに張り、容器ごと入れて(湯が入らぬよう注意)溶かします。
5. 溶けたら、湯から容器を取り出します。
6. 素早く精油を計3〜4滴垂らします。
・・保湿性の高いローマンカモミールや皮脂のバランスを調整するゼラニウムとかいかが?
7. 素早く竹串などでかき混ぜます。
8. 固まるのを待って、出来あがり!

*唇はデリケートなので、精油の種類や量には気をつけてくださいね。
*精油を何種類か使いたい場合は予めブレンドして適量を加えるか全体量を多くしてみてください。
by linsshio | 2006-12-29 19:10 | レメディ&香水レシピ