Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

カテゴリ:お知らせ( 121 )

今回の大震災は地震や津波だけでなく、原発事故も加わり、日本に大きな打撃を与え続けています。そして今、原発事故のあった福島県は放射能汚染の問題にひどく苦しめられています。

福島県の裏磐梯に住む友人、アーススパイラルの安珠さんとしげさんが進めている「トランジションうつくしま」は、原発や化石燃料に頼らない、持続可能なふくしまを実現するための取り組みで、厳しい現実の中にあっても、これからの未来を考えて希望の光を見出していこうと、311以降の世界をどう生きるかしっかり考えて行動しようと企画されたものです。
「トランジションうつくしま」合宿~311以降の世界をどう生きるかを考える 詳細>>

昨年夏のトトラボとアーススパイラルの共催プログラムに引き続き、今年は安珠さんと裏磐梯での薬草リトリートを季節ごとにしようと考えていました。第1回目をこの5/28, 29に予定していたですが、余震のことや放射線量のことを考えると4月の終わりになっても心からリトリートにお誘いできない自分たちがいることに気づきました。積極的にお誘いできないなら、やめたほうがいい。薬草リトリートは中止と決め、それらの日程もの「トランジションうつくしま」の合宿に当てられました。

私の住んでいる東京近郊では、被災地の方々に何かしたいと思ってもできないことをふがいなく思っている方々、少しずつ日常が戻ってくる中、この地震や事故のことを忘れてしまうのではと不安に思っている方々、これを機会として新しい暮らしを作り出さなくてはと思い具体的なやり方を探している方々など多くいらっしゃると思います。

被災した方々が本当に大変なのはニュースに取り上げられなくなってからだったと神戸の震災を体験した方が語られているのをきいて、そして原発の問題は福島だけでなく日本の問題であることを考え、この時代に生きている私たちには今の危機感を継続させながら良い方向へ発展させていく義務があることを深く感じています。

この企画をきいたとき、福島で生まれている大きな力を感じると共に、福島とは離れた場所に住んでいる私には、まず参加することで現地の現状を正しく知ることができる機会を頂いたと思いました。正しく知ることはその先の思考や行動を引き出してくれると信じています。

・・ということで、トトラボでは、この「『トランジションうつくしま』合宿~311以降の世界をどう生きるか考える」の活動を応援します。まずは第1回の5月28,29日、私も参加します。

トトラボでは可能であれば、安珠さんに福島の様子やこの活動のことなどをお話し頂く機会を作りたいと思っています。早くて秋くらいですが。

明るい未来へ向けて一歩二歩と着実に進まねばなりません。
by linsshio | 2011-05-04 00:03 | お知らせ
6月からノグチアカデミー主催の「メディカルハーブを深く学ぶ会」のその2(夜コース)、そして、その1(朝コース)がはじまります。毎回3つのハーブをテーマに、そのひとつひとつについて、植物としての性質、人との関わり、メディカルハーブとしての特徴、そして基礎研究や臨床研究で報告されていることなどをお話しさせていただく全6回のシリーズ講座です。机の上での講座になりますが、なるべく実感を持っていただくよう工夫しています。ご興味のある方はぜひいらっしゃってくださいませ。
ご案内はトトラボのサイトからアクセスしていただけます。

メディカルハーブを深く学ぶ会(I)と(II)のご案内>>

同じ6月にはノグチアカデミーにて、薬剤師の飯田みゆきさんが講師をされる「ハーバリストのための薬用ハーブの化学を学ぶ」と題した全10回のコースも始まるそうです。メディカルハーブを学ぶにあたり、しっかり理解しておきたい化学について、飯田さんがわかりやすく教えてくれる人気の講座、ご興味のある方は下記メールアドレスまでご連絡ください。
問い合わせ先:kazz1688nog@dream.com
by linsshio | 2011-05-03 00:07 | お知らせ
「緑の薬箱を救え!」プロジェクトはトトラボとグリーンフラスコで共催しているハーブの生物多様性保全についてのプロジェクトです。5月に自由が丘でこのプロジェクトの第2回グリーンゼミを開催します。

3月11日の大地震を経験して、日本に住む私たちは多くのことを受けとめたと思います。あの地震の後、感じたこと、思ったこと、考えたこと、決めたこと、わからないこと、したいこと・・、なんでもお話にいらしてください。これらをみなさんでシェアして、これからの生活のあるべき姿、日本のあるべき姿を考えて、行動に結びつけるような機会にしたいです。

「緑の薬箱を救え!」プロジェクトは、薬用植物の生物多様性保全についてのもの、関係あるの?と思われる方もいるかもしれませんが、私は大いに関係があると思っています。薬用植物の保全と私たち人間の保全、地球の保全は根本は同じ、私たちの暮らしの姿勢が関わることだと思っています。

5月24日の夜、自由が丘にぜひきてください。

「緑の薬箱を救え!」プロジェクト 第二回グリーンゼミ
~3.11 東日本大震災を経験して~ 私たちが学んだこと、これからすべきこと~

グリーンレターの第2号も発行しました。ぜひご覧ください。
グリーンレター >>
by linsshio | 2011-04-16 11:09 | お知らせ
6月、植物とじっくり向き合って本気でお付き合いするための2講座をスタートします。場所は六本木。ぜひいらしてくださいませ。

まず、一つ目は植物の形に注目!ハーブの姿を見ていると、自然の作る形の巧みさに心を奪われることもしばしば。そう、ハーブは生き物、生きていくためのボディプランを持ってカラダを形づくっていて、それぞれの形には意味がある。この講座では植物のカラダの形の基本や特徴を知り、形の示す植物の生活について探ります。初めての夜講座、金曜夜の六本木にくりだしましょう(?)。全5回のコースです。単独受講も可能です。
植物のカラダのかたち~植物観察から形の意味を考える 
c0002089_723066.jpg


もう一つはフィトケミカルの植物にとっての意味を探ります。こちら水曜昼下がりの六本木です@^-^@全6回、3日間のコースです。単独受講も可能です。
生き物としての植物化学~プラントエコフィジオロジーの観点から 第3期
c0002089_7233999.jpg


そして6月4日にはやつばやしもとこのスウェーデンハーブのワークショップ、第二回を開催します。今回はスウェーデン家庭での季節のハーブづかいについて紹介します。北欧に興味ある方、ハーブに興味のある方・・どんな方でもいらしてください。会場の世田谷ものづくり学校もなかなか楽しい場所なのです。
やつばやしもとこのスウェーデンしあわせ薬草生活 第2回
c0002089_728666.jpg

by linsshio | 2011-04-07 07:17 | お知らせ
トトラボの4月のセミナーのご案内です。春を満喫できる内容を取りそろえてみたつもりです。よかったらぜひご参加くださいませ。

4月15日(金)14~16時「日本のハーブ暦 @世田谷ものづくり学校」
今回の二十四節気は「立夏」と「小満」。春めいてきたと思ったら夏の入口が見えてきました。実習は、日本の4月、桜のお花を使ってみましょう。ピンク色のチンキづくりをする予定です。抗酸化作用に抗糖化作用も報告され、若さの秘訣になりそうな桜、飲んで良し、ローションに良し。
c0002089_15574293.jpg


4月22日(金)14~16時「きちんとハ―バルレメディー@世田谷ものづくり学校」
3月18日に開催を延期した軟膏剤、バームのことについてお話しします。ローズとラベンダーを活用した軟膏づくりをする予定です。華やかに元気づけて優しく包んでくれる、いい香りのローズ&ラベンダーバームを堪能してください。

そして奈良!心静かに春の奈良に身をおいてみませんか?
4月23日(土)11~16時「万葉植物園を歩く~万葉植物観察と正倉院薬用植物の製剤実習@春日大社万葉植物園&国際奈良学セミナーハウス」
春の花咲く万葉を歩き、古の頃、正倉院に納められた大事な薬用植物のお話をします。正倉院薬物に収載されたハーブやスパイスを使った実習もお楽しみに。こねたり丸めたりする予定です。

4月24日(日)10時半~15時半「ブルーベリーの育つ土壌から~土のこと、ハーブのこと@大和高原ブルーベリー園」
一夜あけて日曜日は、奈良むろうの里へ。ブルーベリー農園で春を思う存分楽しみましょう。健やかな植物にとって欠かせないのは健やかな土。こんなときだからこそ、私たちの身の回りを構成している自然のもの、土、植物のことを考えてみませんか。農園の春を彩る日本のハーブについての話と、野のハーブを活用する実習もお楽しみに。煮たり、粉にしたりする予定です@^-^@

みなさんのご参加、お待ちしています!
by linsshio | 2011-04-06 16:12 | お知らせ
重金属や放射性物質などによる汚染に関する植物の適応について、グリーンフラスコ研究所のサイトにアップしました。

メディカルハーブリサーチ No.75 >>
こちらは、植物が毒性のある物質を吸収する力を活用したファイトレメディエーションについての文献で、放射性物質というよりは重金属への適応に関する内容です。放射性同位体を持つ重金属、ウラニウムにより汚染された土壌に対する植物の能力をクエン酸を用いることでより強化できるというお話です。
それにしても植物の力は凄いなと思います。この毒性物質の吸収、蓄積が植物によってなんのために行われているのか・・その詳細がよりわかっていくと生物のしくみの巧みさが浮かび上がってくると思います。もちろん環境に適応して、その中で健やかに生き、子孫を増やすためには相違ありませんが、このレメディエーションの機能を大きく有する植物に毒草も多く含まれいるのも興味深いところだと思っています。

ハーブクリップ No.77 >>
こちらはチェルノブイリ原発事故の後、20数年経った今、汚染地域で放射能に耐性をもった大豆が自生しているという話です。代謝系に関与する酵素の発現に関与しているのでは、ということで、その場から動物ほどは動けず、留まって生活する植物は、自分の体のしくみを変えて適応していくという例です。もしかしたら逃げる為の環境適応も何かしら起こっているのかもしれませんね。
by linsshio | 2011-04-04 09:29 | お知らせ
がんばれニッポン!~できることから~・・微力ですができることからやってみるつもりで記しました。こちら>>
by linsshio | 2011-03-14 11:55 | お知らせ
今回の地震は日本に大きな被害を及ぼして大変なことになってしまいました。地震や津波で亡くなられた方、負傷した方、遺された方も多く、そのお気持ちを思うと言葉もありません。現在も余震があり、更には福島原発のことで、地元の方は危険にさらされ、そしてそこから電力供給を受けている関東の方たちも計画停電の実施により、不安と不便のある生活を送っていらっしゃると思います。

今週18日にトトラボの「きちんとハ―バルレメディー」を予定していましたが、電車の不便と、電車に乗って電力を使っている場合ではないということ、そして内容が「軟膏剤」であることから、会場の環境ではどうしても電力を継続的に使わなければならないことなどから、今回の講座はやむを得ず延期とさせていただきたいと思います。ご参加をご予定頂いていた方には本当に申し訳ありません。

3月18日に予定していた内容は、第6回を予定していた4月22日(金)14~16時に同じく世田谷ものづくり学校にて開催いたします。第6回は5月を予定しており、詳細決定次第お知らせいたします。

ものづくりを愉しむ~きちんとハ―バルレメディーのご案内>>
by linsshio | 2011-03-14 10:28 | お知らせ
今日は3月6日、啓蟄。朝になって陽が昇ったら、土の中の虫がもごもごと動くような温かい春の気配になっているのだろうか。さて3月のトトラボでは世田谷ものづくり学校にて以下の2つのセミナーをします。

一つは3月11日の「日本のハーブ暦」。こちらでは身近な日本のハーブを活用しながら、日本の季節をじっくりと味わうといことの挑戦中。都会でもどこても、日本人には自然とつながる力があるはず。今回の実習はかんきつがもう終わりに近いので、かんきつで浸出油を作って見ようかと思っています。...と思ったけど次は桜の時期を過ぎるので桜リーフで浸出油もいいな。どちらもマッサージオイルに使えます。
「日本のハーブ暦」>>

そしてもひとつは3月18日の「きちんとハ―バルレメディ」。こちらは軟膏づくり。ローズかラベンダーを考えていますが(もしちがったらごめんなさい)、しっとり優しくお肌を包むバーム(軟膏)を作ってみます。製剤の理論もお伝えします。
「きちんとハ―バルレメディ」>>

・・ということでぜひいらしてください。

3月にはGFで大阪に行きます。とても楽しみにしています。カヴァも持って行くよ~。AEAJの会員のつどいでも3/13大阪いきます。
GFの大阪セミナー >>
by linsshio | 2011-03-06 01:10 | お知らせ
トトラボでは毎月、「日本のハーブ暦~植物と暮らす二十四節気」というワークショップをしています。

身近な日本のハーブを活用しながら、日本の季節をじっくりと味わってみる機会になればと思っています。毎回、生活で活用できるものづくりの実習付きです!

都会にいてもどこにいても、日本人には自然とつながる力があるはず!2月は梅の花とゆずを活用してみようかと思います。 

ぜひご参加ください@^-^@
日本のハーブ暦 ~植物と暮らす二十四節気 >>
by linsshio | 2011-02-07 17:24 | お知らせ