Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

カテゴリ:清里( 15 )

清里につきました。

明日からのグリーンフラスコ清里店勤務のため、清里入り。夕焼け美しい清里に到着、清泉寮の山本さん、兼松さん、そしてまいちゃんと清里駅近くのイタリア料理やさんで夕食。八ヶ岳のケモノのミートソースのパスタ、なかなか美味しかった。
その後、人生初の女子寮入り。
同室のまいちゃんはなんと東邦大学理学部生物学科。大学話もできて嬉しい。
そして女子寮にはフランス、リール大学からの研修生女子たちも。そして日大農学部からの研修の農場ガールも。
あしたは朝散歩しながら、おばあちゃんの家に出勤。森の空気を味わいながらがんばります(^^)

これ、女子寮です。昔キープに診療所があったときに宿直のお医者さんたちが泊まったところだって。
c0002089_8474128.jpg

by linsshio | 2010-08-08 23:37 | 清里 | Trackback | Comments(0)
しばし時があいてしまったが、7月海の日連休のときの清里野外実習、二日目のご報告。ここのところ清里関連のことが多い。

二日目朝、美味しい朝食を食べた後、まずはのりのりに朝の森に連れて行ってもらう。
c0002089_0303174.jpg

そこで森について、木について学ぶ。

c0002089_0311165.jpg

自然の恵みを感じながらの箸づくり。のりのりは自然の恩恵の中、とても無力な私たち人間のことをよんだネイティブアメリカンの詩を朗読してくれた。・・感動。
できあがったマイ箸、勢ぞろい。

c0002089_046596.jpg

そして目線は木から花へ。フラワーエッセンスを作る。まずはのりのりに草むらを案内してもらう。名前は知らなくてもいい、しっかりとお花と向き合うように、それぞれの個性を確認していった。
そして一人ひとりが花と向き合う時間。心ひかれる花を探してみる。そして、この花と思ったら、その花から受ける感じを色や形にしてみる。なかなか難しく思ったら、まずはスケッチをしてみた。思い思いにマイフラワーを探し当て、いざエッセンス作り。少しだけお花をいただき、一人ひとりが水に浮かべてみた。花が並んだ姿をみながら、花のパワーは凄いと思った。
c0002089_0312262.jpg

お昼の後、午後のプログラムはホーステール(スギナ)のお出まし。パウダーにして清里産ジャージー牛のソフトクリームと一緒にして味わった。ミネラル豊富なスギナをまるごと味わう。抹茶味のようでおいしい。てんぷら塩にもなるのです、このお粉。
c0002089_0313197.jpg

・・最後のプログラムでは一人ひとり2日間を振り返ってみる。そして感じたこと、思ったこと、考えたことをお話しいただいた。

森ガール、勢ぞろい。清里で出会ったことを胸に抱いて、それぞれのおうちへ。またいつか、会えるといいな。
c0002089_0525595.jpg



一日目はこちら>>
by linsshio | 2010-08-06 00:33 | 清里 | Trackback | Comments(0)
清里から帰り、ばたばたと過ぎ、遅くなってしまったがやっとご報告を。海の日の連休のあたりから、関東地方はかぁ~っと夏日!清里での二日間も天気に恵まれた。

7月17日土曜日の午後。女子16名+スタッフ、これまた女子3名、清里はキープ協会清泉寮に集結!はじまりました清里森のハーブ野外実習。まずは一日目の報告です。

ハンターホールに集まり、プログラムのスタート。さっそく森に出るの巻。キープのノリノリに森を案内してもらう。。
c0002089_22552259.jpg

夏の緑も夏の太陽もどちらも眩しく夏の活気溢れる清里。まずは清里の森に自分を少しずつ慣らしてスローダウン。のりのりに続いてウォーキングメディテーションでそれぞれ自分の呼吸と一番心地よく歩くスピードを感じていく。マイペースって大事。
c0002089_22591340.jpg

森の中でひとりになる。鳥の声も風の音も、自分と一緒の世界にいることを少しずつ実感していく、とてもいい時間。
c0002089_22595245.jpg

木の幹の根元を枕にしてごろんとなって上を見上げる。するとまるで自分が木の一部になったよう。この木がぐんぐん大きくなりながら見ていった世界を想像してみる。私の見上げた木の空。
c0002089_2311512.jpg

草原でヨモギ摘み。夜のプログラム、キャンドル水蒸気蒸留の材料だ。水は森のせせらぎから頂いた。
c0002089_232194.jpg

午後のプログラムの温浸油のためのモミの小枝も手に入れた。間伐した枝やあまり大きくなれない小枝をみつけて採ってみる。大きくなれる葉枝にどうぞ栄養がいきますよう。部屋に入ってハーブの話。
c0002089_235178.jpg

つづいていざ浸出油を作ってみる。モミの香り豊かな温浸油のできあがり。きれいな緑色も採れた。
c0002089_2365979.jpg

そしてモミ絞り。モミ絞り。モミの成分が抽出されたこの温浸油、絞ってみると、とっても心地よい温かさ。モミの油の手で、ハイタッチ、ロータッチ、そのままハンドマッサージ。ヒルデガルドが「モミはけっして冷たくない。むしろ温かい。」といった気持ちがわかる。・・いやこれは温浸油なので、ほんとにあったかいんだった。
c0002089_2385623.jpg

歩いて絞って疲れたところでディナー。夜はヨモギを仕込んでキャンドル蒸留。そしてだんらん、かんだん。
c0002089_2310624.jpg


・・温泉で生きてる地球の恵みをさらに満喫して夜は更ける。そして2日目に続くのであった。
by linsshio | 2010-07-23 23:11 | 清里 | Trackback | Comments(0)
11月3,4日に開催した、グリーンフラスコキープ協会の共催プログラム「森は自然のホスピタル in 清里」。秋らしい、というか一日目は昼間でも2度くらいの冬のような日でしたが、よく晴れて富士山もきれい、天候に恵まれた二日間でした。この4月、清泉量に温泉ができた!なので今回のプログラムは温泉三昧。

今回はキープ協会ののりのり、竹越のり子さんと一緒にプログラムを行った。これは最初のプログラム、参加者の皆さんにこのプログラムに参加するにあたっての思いをお話していただき、いざ、秋の清里の森に出発!
c0002089_645589.jpg

森の地面はこんな感じ。秋の色が美しいです。

c0002089_6483029.jpg

森の中で呼吸を意識して五感を研ぎ澄ます。のりのりのリードのもと、自分の呼吸に意識を集中して、そして秋の森を歩く。自分の世界に入れるくらいの距離を前の方とあけて呼吸に合わせて歩いた。このメディテーションウォークを最初に行ったおかげで清里の森と一体感ができた。そして森の生き物と付き合うための、温泉を堪能するための体ができたかな。
c0002089_6452361.jpg

夜の森の恵みを体験するプログラムのためにモミの樹脂を採集。モミさんに大事な大事な樹脂をいただく。
c0002089_6455448.jpg

こちらは二日目の、森の恵みを活用するプログラムのためにカラマツの落ち葉を採集。カラマツさんにもありがとう。
c0002089_646153.jpg

のりのりとともに清里の森の空気をふんだんに吸って体をなじませた後は椰子葉のプログラム。椰子葉のテーマは、温泉療法とハーブのシナジー。せっかく温泉に入るなら、せっかくお風呂に入るなら、効果抜群になる工夫をするのがよいですね。で、椰子葉が正しいお風呂の入り方、正しいハーブの活用をお話しました。
c0002089_6471185.jpg

これで温泉への前勉強もばっちり。おいしい夕食の後は、私の体験実習。・・とその前に明日の実習の準備。森で採ったカラマツの落ち葉に異物混入していないかチェック。
c0002089_6464777.jpg

そして次に、森で採ったモミの樹脂を使ってマッサージオイルを作りました。リモネンの香りも豊かな森の香りに包まれて、清里モミオイルでお互いにハンドマッサージ。ゆったりと肌と肌のお付き合いをして、温泉タイムへまっしぐら。
c0002089_6493825.jpg

・・一日目のプログラムはこれにて終了。温泉に入る方、夜の散歩に出かける方、おしゃべり三昧の方、思い思いに満月の夜を楽しんだ。月を眺めていると宇宙に思いが届く気がする。
c0002089_6503583.jpg


・・二日目はまた。
by linsshio | 2009-11-06 06:48 | 清里 | Trackback | Comments(0)
9月5,6日、清里リトリートプログラム開催しました。陽光眩しく、そして緑眩しく、夏の終わりの爽やかな清里、気持ち良かったです。

参加者のみなさん、お顔を合わせ、そして最初のプログラムは、ますやんの清里の森探検。葉っぱじゃんけんの後、歩き、進み、清里モミとごあいさつ。
c0002089_1936258.jpg

植物療法のプログラムでは、このモミの樹脂を使わせていただく。そんなわけで、樹脂を採取。
c0002089_1940227.jpg

モミを用いたプログラムは私が担当・・・のため、画像なし。。清里モミを味わいつくすいろいろ活用術。リモネンの香り豊かな樹脂でクリームを作り、そして甘く香りづいた乾燥モミのチンキをディフューザーで芳香浴。フレッシュなモミの葉を細かくちぎって蒸気吸入。

お夕食を頂いた後は、えり代さんの聞香の会。キャンドルをともした満月の夜、天、地、光・・。香を聞くと、いっときにして、それまでと違う世界に飛んでいく。
c0002089_19443138.jpg

心静かに自分をみつめ、そして夜は更けていく。、みんなで露天風呂にいるころには隠れていた満月もやがて顔を出した。夜中にひとりバルコニーでみた月はこんな風。
c0002089_19455955.jpg

ひと夜があけて、朝が始まる。これからの一日がすばらしいものでありますよう。
c0002089_19465838.jpg

7時半にロビーに集合して、朝のお散歩。おおばこ、たんぽぽ、あかつめくさにしろつめくさ、イタドリにゲンノショウコ・・。日本のハーブと出会いながら、水の近くまで歩く。水の音に朝の木漏れ日。深く深く呼吸をしないともったいないと思ってしまう、気持ちの良い朝。夏の清里には光と水がよく似合うな。
c0002089_19483218.jpg

美味しい朝食をたっぷり食べた後は、えり代さんの芸術療法のプログラム。清里の森、空気、音、香・・。自分が感じたもの絵具やクレヨン、墨。紙、布・・いろいろなものを使ってあらわしてみる。
c0002089_19505690.jpg

私の作品。清里の太陽がいろいろな色を感じさせてくれたものだから。この世にはたくさんの色があるって思った。あと、墨でお習字したくなって、天、地、光と書いてみました。
c0002089_2061852.jpg


ひとりひとり、自分の作品についての思いをお話ししてシェアリング。みなさん、すばらしい!
c0002089_1952873.jpg

その後は森を散策するグループ、芸術を極めるグループに分かれてしばし活動。即興でできあがった劇団・光のみなさんです。
c0002089_19543697.jpg

・・あっという間の一泊二日だったけれどお天気に恵まれていい時を過ごした。今回の清里で感じたこと、考えたことを振り返る時間。
c0002089_19564184.jpg

野原で葉を見つけながら嗅いだ匂い、ごつごつしたモミの樹皮やべたべたした樹脂の感触。急に跳んだカエルに出会ったこと。朝日のもとで深呼吸をしたこと。暗闇のなかで香をきいたこと。光のもとでいろんな色と遊んだこと・・。ここで起こったことやしたことが少しずつ重なり、感じ、新しい何かになる気がする。集まったみんなが、清里の風景、清里の匂い、清里の音、そういったものをそれぞれの心に清里を刻んで、つながり、散じました。また皆さんに会いたです。
by linsshio | 2009-09-07 19:59 | 清里 | Trackback | Comments(2)