Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ここのところの東京の気候はなんだか不安定。雪が降ったり、もう春のように温かくなったり、かと思うとびっくりするほどの強風が吹いたりした。ここ数日はとても寒いので、まだ春は先のことかな。

c0002089_022311.jpgさて、まだ続くパリレポート。第3弾は、パリの寒空を歩いた後に辿り着いた、心も体も温まるハマムを体験したお話です。これは、パリで無料で配布されているシティマガジン A nous Paris 。東京にもよくあるけれど、この雑誌、メトロの出口で可愛いパリジェンヌから受け取ったもの。ぱらぱらとめくるとパリのお楽しみスポットやイベント、シネマ、あらゆる情報が掲載されているようで、フランス語がわからなくても楽しい。


c0002089_0222570.jpgこの旅では、フランスでは近くに感じるアラブの文化をぜひ味わってみたいと思っていた。カルチェラタンにある植物園の向かいにあるモスケ・ド・パリはアラブの文化を味わえる場所。もちろんモスクなので神聖な場所であるのだが、ここでは、アラブの食、タジンやクスクスも堪能できる。そして、ここにはアラブ風蒸し風呂、ハマムがあり、曜日を変えて、男性と女性が交互に入ることができる。訪れた日は残念ながら、男性の日。今回は難しいかな〜と思っていたところに先ほどのA nous Paris。



c0002089_0204454.jpgA nous Parisをぱらぱらしていたら「hammam」の文字が目に飛び込んで来た。滞在していたモンマルトルにハマムを体験できるサロンがあることをわかったので、これラッキーということで、いざ!このハマム、ここモンマルトルのle Lepicという通りからちょこっと曲がった路地にある。なかなか雑多な人間臭いレピック通り。


c0002089_021234.jpgハマムサロンの名前は「les 5 sens hammam」。五感を活性化してくれるらしいこのハマム。初めての体験に好奇心は全開。サロンの入口には鍵がかかっていたのでチャイムを鳴らしてみた。すると中から女性が現れ、きいてみると10分待てばハマムに入れるとのこと。ぜひに、と言って、ハマム→ゴマージュ→オイルマッサージのフルコースをお願いした。

c0002089_0212880.jpgハマムはつまりは蒸し風呂だった。裸になり、一枚の布をもらってそれを体に巻いたりしながら蒸し風呂に入る。ときおりしゅーっと音をたてて、蒸気が出てくるため、とても潤った空間のなかで汗もかける。布が汗やら湿気やらでぐっしょりになるとなんだかさっぱりすっきり気持ち良い。しばしハマムに入るとお呼びがかかり、ベッドへ。そこで始まるのはつまりは垢擦り。ほらこうやって悪い皮膚がとれるだよ〜と言われながら、これまたすっきり。そしてシャワーを浴びた後、バスローブを着て、次の部屋のベッドへ。ここでうつぶせに寝転んでといわれ、「He is coming.」と耳元で囁かれた。しばし待つとHeが来た。ローズの香り豊かなオイルを使ってマッサージしてくれた。いい香り、そしてとても気持ち良い。


c0002089_0214443.jpg柔らかなマッサージに満足すると最後は、ティーの時間。ここで出てくるのは、Thé à la menthe。つまりミントティー。真鍮のこんな素敵なポットとガラスのカップに入って登場する。すうっとするミントティーがとっても甘く味付けされていて初めての味。甘くない方が良いのに〜と最初は思っていたが、何回か飲むうちに、この甘さが病み付きに。そしてこれにて私のハマム体験は終了。このハマムの他、タイ式マッサージの案内も発見。ちょっとエスニックな感じがパリジェンヌはお好きなのかな。


テ・ア・ラ・メンテ・・甘いミントティー。ぜひ皆さんもお試しください。帰って来てからもたまに飲みたくなるので、濃く出したミントティーにハチミツを入れて飲んでいます。
by linsshio | 2008-02-26 00:25 | 旅した
大江健三郎が朝日新聞に「定義集」というのを定期的に書いている。2月19日付のそれは「窮境を乗り切る人間の原理」というものだった。

「そのように考え始めてはいけない。」

フランソワーズ・サガンの小説に引用されている『マクベス』の中のこの文は、ある時期、悲観的なことばかりを想像してしまう大江健三郎が自分自身を叱咤激励するための口癖になっていたそうだ。そして、それを読んだ今の私にこの言葉はとても響いた。思えば、負の連鎖のような精神状態のときに、この言葉が頭に浮かぶか浮かばないかでその後の展開は大きく違ってくる。悲観的になったり、いじけそうになったりしたときに、この言葉は、新しい方向に道を作り、前向きにぐぅーっと持ち上げてくれる。

私にこの言葉が響いた理由はなんだろうか。つまりは「そのように考え始めている。」ということだろうか。多分そうだ。今日、年賀状を整理していて、ふと以前に知り合いにして頂いた姓名判断のお告げ文が出てきたので、しばらくぶりに読んでみた。いろいろ書いてあるのだが「時々精神的不安定さのため周囲と摩擦を起こし、一時的に闘争的になってしまうようです。あなたは精神的不安定さを緩和させることが最大のポイントのようであります。」と書いてあるところがあり、思い当たる節があってちょっと笑ってしまった。確かに最近闘争的だ。つまり精神的に不安定なんだな。親切にもそのお告げ文には、対策も記されている。「対策としては規則正しい生活をして健康に十分注意を払い、精神的疲労を感じたら無理をせずに休息をすることのようです。そういう状態での思考は悲観的になりやすいからです。」だそうだ。そういわれればそのとおり、疲れると悲観的になる自分は確かにいる。

話は大江健三郎に戻って、朝日新聞の文章のなかで彼は、「広島原爆病院で、私は、自身被爆しながら「油と赤チン」で、膨大な患者の治療にとりかかった重藤文夫博士から、窮境での「正しい考え始め方」を教わったと思う。」と書いている。これぞ賢い人間の力だ。

「そのように考え始めてはいけない。」・・窮境のさなかに、この言葉は、自分の状況を客観的にみつめさせ、そのときやらねばならないこと、できることをシンプルに導き出す力を持っている。正しい考え始め方ができるよう、まずは規則正しく暮らしてみよう。25時に寝て7時に起きます。ご飯も規則正しく食べてみます。そしてやるべきことをやります。
by linsshio | 2008-02-20 16:46 | 日々のこと

びょんびょんドリッパ-

c0002089_10184924.jpg

友達に教えてもらったびょんびょんドリッパ-。バネのようになっていて平面にかたづけられる。これで旅先でもいつものコーヒーを飲むことができるようになった。今朝は大阪で朝のコーヒー。
by linsshio | 2008-02-19 10:18 | 日々のこと

今年の初登頂

c0002089_16212474.jpg山梨の三富村にある兜山という山に登った。こぶりの山だけどあなどれない。ここのところ降った雪と今日の太陽で登り口あたりがぬかるみで苦労した。ぬかるみも雪の道も登りと下りではまるで違う。歩きながら、木への頼り方、自分のバランスの取り方、いろいろ教わって感覚をつかんでいく。そしたら、山の神様は厳しく微笑んで、キラキラ眩しい銀世界を見せてくれた。


c0002089_16214465.jpg登り口の雪はそれほどでもなく、靴で少し削ると柔らかな雪の下に、この秋に落ちた葉のじゅうたんが見えてくる。雪の下はこんなふう。こういった朽ちた木に触ってみると、ところどころがふかふかになっていることに気がつく。そうやって大地に戻っていくのだね。どおりでお山は栄養たっぷりになるわけだ。


c0002089_162265.jpg雪の山では、こんな風景がみられる。雪の妖精その1は、すっぽりと真綿のような雪に包まれた小枝さん。


c0002089_16222297.jpg雪の妖精その2はまつぼっくり。雪に包まれ、春を待つのだろうか。雪なんだけどなんだか温かそうで、そして可愛い。



c0002089_1622378.jpgそして、こちらは雪に埋もれたヤママユガ(たぶん)の繭。この繭の運命がどうなるのかよくわからず、温かそうな近くの桜の木の根元においてみた。


c0002089_16225518.jpg冬の山の夕暮れは、何か物悲しいけれど、強い力を秘めているようで太陽の光も温かい。どこまでも青く続く空、緊張感のある冷えた空気の中、鳥の声や、木の上に積もった雪がさぁっと落ちる音があちらこちらで聞こえてた。そしたら山の神様が囁いた気がした。そして今年を変化のときに向かう準備の年にしようと決めた。
by linsshio | 2008-02-11 19:13 | 旅した

東京にも雪が降り・・

c0002089_9345832.jpg

うちの近所の空き地にこんなのできてた。立派なモアイ像。お見事。
by linsshio | 2008-02-05 09:34 | 日々のこと