Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ブレードランナー

昨日友人となぜか「ブレードランナー」の話になった。あれは名作だと盛り上がり、たくさんの画面や音楽や音、セリフを思い出しながら久々にあの世界に浸りたくなった。で今、香山リカさんの「ポケットには80年代がいっぱい」(H氏購入、かなりおもしろい)を読んでいたら「ブレードランナー」のことが書いてあった。

映画館で見たブレードランナーには、これまで一度も見たことのなかった景色が広がっていた。しかもそれは、カプセルに閉じ込められ、一度も実現しないまま朽ち果てていった、イメージの中の近未来そのものだった。・・ルドガー・ハウアーなどアンドロイドたちの造形美も完璧、歌舞伎町を参考にしたとも言われるオリエンタルなエキゾチシズムあふれる街も目をはなせなくなるほど魅力的で私は完全に打ちのめされた。(香山リカ)

ほんと、そのとおり。私も打ちのめされた。ひとつひとつのカットや流れる空気を思い出すと鳥肌が立つ。私以上に打ちのめされたのはtotoで、彼はLDを何度も見ながらディクテーションも完成させているはずだ。ここってどうよ?と付き合わされた米人の友達も大変だったと思う。
ブレードランナー再び、と共に、原作のディックの「アンドロイドは電気羊の夢をみるか」も読み返したくなった。香山さんは、「カリフォルニアの明るさを憎みながら、生涯離れようとしなかったディックの屈折を、おそらくこの映画は反映していないに違いない。」と最初みるのをためらっていたそうだ。が、私が思うに、「実現することなく朽ち果てた、イメージの中の近未来」に生きたアンドロイドたちは、ディックの孤独を確実に表現していた。アンドロイドたちが魅力を放ちまくるブレードランナーには、人間ってなんなのか考えろと、ドンと突き付けられたのを思い出した。
by linsshio | 2008-06-19 09:50 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)

はじめてのピラティス

いつも行っているホットヨガのスタジオで、ピラティスのレッスンを受けてみた。ヨガと同じようにホットな環境でするので正確にいうとホット・ピラティス。なぜ受けてみたかというと、しばらく前に歯のレントゲンを撮ったとき、頚椎が前のめりになっている(これは私の表現だけれど)と言われたからだ。それは肩こりの原因にもなるらしく、確かに私は肩が凝る。で、筋肉を整え、自力で姿勢を矯正したくなった。40分の短いクラスだったけれど、ふむふむと学ぶところは大きかった。

ピラティスで大事にする3つのこと、ABCとは・・

A:Allignment・・脊椎の並び方を意識すること。
B:Breath・・呼吸は胸式で後ろの肋骨のあたりが膨らむ感じ。
C:Core・・体の中心を意識して、内側の筋肉、特に腹筋を静かに鍛える。

・・ということらしい。
ヨガの腹式呼吸になれているのでゆっくり呼吸すると腹式になってしまう。でも意識するとどうにかできているようだ。一回目の感触はまずまずで、心もちすうっと背筋が伸びた気がした(この気がけっこう大事)。ドイツ人ピラティスさんの理論にも興味があるので、いくつか本を注文してみた。静かに微妙な動きで鍛練しながら整えて、重ねるごとに結果が現れるというスタイルは、そういうことが苦手な私の修行にももってこいかも。ヨガとピラティスとを組み合わせて、自分の体を鋭く感じられるよう鍛練してみよう。効果はいかに。

ところで、6月8日に水の健康調査をしました。東京の川はきれいになってきているけれど、東京湾はまだまだらしい。可愛い子にもあえたので、よかったら報告読んでみてください。
>>こちらです。
by linsshio | 2008-06-18 22:29 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

梅雨の合間のお散歩

梅雨の合間の水曜日の午後。お友達のYさんと、懐かしの街早稲田をお散歩した。高田馬場で待ち合わせをして早稲田通りを早稲田大学の方に向かった。懐かしい風景やら、変わってしまった風景やら、ひとつひとつに心動かされながら、そして誘ってはみたものの私の思い出たどりのような散歩にYさんを付き合わせているのがちょっと申し訳なくて、楽しんでいるか気になりながら、歩いてみた。
蕎麦屋を過ぎて、お弁当屋を過ぎて、西門から大学に入った。20歳くらいの頃の、いろいろなことを考えているだろう人の軌跡や思いがあちらこちらに感じられる。私の思いも友たちの思いもたぶんどこかに落ちている気がした。そして一緒にいたYさんの視点で改めて大学を眺めてみると、何年も通った場所なのに、新しい発見がいろいろあった。演劇博物館も立て看の貼り紙もなんだか新鮮だった。

歩き疲れて、少し綺麗になった大隈講堂が向こうに見えるベンチに座って二人で話した。読んだ本のこと、なぜか量子力学のこと、今やっていること、これからやりたいこと。
いい風が吹いて、あの頃にこの友とここにいたら、また違った、おもしろい大学生活になっていただろうなと思ったりした。そして、そう思うだろうから、この友をここに連れて来たいと思ったんだろうなと思った。
こんな懐かしいけど新しいお散歩もなかなかよいなと思ったのだった。
c0002089_225599.jpg

大隈講堂のちょっと奥に新しくできたカフェで一息。
早稲田ブレンドはやはり特には美味しくなかった。

c0002089_2261074.jpg

学生の頃よく食べた、まほうつかいのでしのウニツナスパゲティを食べた。
思ったとおりゆですぎだった。

by linsshio | 2008-06-10 00:17 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)