Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

11,14,15日のお休みに3日間のネイチャーゲームのリーダー養成講座に参加、最後に試験を受けて終了。この講座では、アクティビティを体験しながら、最後は指導員としての実施計画書を作って実施して評価する、というところまでを行った。

わたしの木(meet a tree)というアクティビティでは、ペアでリーダー役と参加者役となり、リーダー役が参加者に木を紹介する。ペアになったYukiちゃんが、目を閉じた私が木と出会うのをナビゲートしてくれた。肌ざわり、匂い、枝ぶり、周りの様子など、目を閉じたままさまざまな感覚で木とじっくりおつきあいをする。樹液を流した後の白樺の幹の匂いがあんなに動物的だなんて。出会っていない自然の姿は無限にあることを改めて思ってわくわくした。

ネイチャーゲームは英語ではsharing natureといい、1979年にJoseph Cornellさんが始めたもの。彼はカリフォルニア北部に生まれ育ち(つまりレッドウッドの森がいつも近くにあったのだろう)、大学では自然認識学(nature-awareness)を専攻したのだそうだ。自然認識学とは、科学的分析の方法論にのみ頼ることなく、自然を五感と心を通じて総体的に理解しようとするもので、生物学のほかに、アメリカ超絶主義(どんなんでしょ?)、ネイティブアメリカンの生活と思想、古代インド思想など、そしてバックパッキングや野外写真術などの技術習得も含む領域らしい。

現在、カリフォルニア州ネヴァダシティのアナンダヴィレッジに暮らすというコーネルさん、彼のことをもう少し知りたくなった。ヒッピーの匂いがぷんぷんする。
c0002089_17175516.jpg

代々木公園、朝の風景。ここで朝食を食べてみた。

by linsshio | 2009-02-16 17:15 | 日々のこと
昨日は、日本ネイチャーゲーム協会が主催しているネイチャーゲームリーダー養成講座の一日目。どんな新しいことが待っているのかとどきどきわくわく、会場である代々木のオリンピックセンターまでいった。
c0002089_17121622.jpg

代々木公園駅から行く途中の看板。ちょっとレトロで気に入ったので、パチリ。
c0002089_17124535.jpg

会場の代々木オリンピックセンター。オリセンというそうだ。なかなか斬新なフォルム、色で、これまた気に入ったのでパチリ。ここって、東京オリンピックのときの、選手村だったんだよね。

・・そして、研修。一日目は、アクティビティーを4つ、そして、創始者であるコーネルさんのことや、ネイチャーゲームの理念であるシェアリングネイチャーということや、アクティビティーの流れ・・などなど、まず体験すべきこと、まず知っておくべきことを学んだ。東京のど真ん中、代々木の森にも自然の入口はいっぱい。

今日心に残った言葉、熱中のないところに真実は見出せない。

参加されてる方々は、学校の先生や自然のなかでの活動をしたい方、ボーイスカウトの活動をされている方、新しいお仕事を始めたい方など、さまざまな動機やバックグラウンドを持った方たちで、思ったより年齢層が高い。

主任講師の北さんは、ちょっとムツゴロウさんに似た素敵な方、入り口では北さんからのプレゼントである木のお飾りを一人一人頂いた。同じく講師のもりりん、乾いた松やにの塊を瓶に入れてお持ちで、これをアロマポットで温めて香りを楽しんでいるのだそうだ。そして、クリームも作っているって。参加している方々にもアロマやハーブ、そしてバッチを活用されている方々もいて、
お話できてうれしい。
c0002089_17131115.jpg

あと残り2日、どんなことが待っているか、とても楽しみ。これ、テキストです。
by linsshio | 2009-02-12 17:12 | 日々のこと

お雛様

c0002089_622211.jpg

飾りました@^-^@

by linsshio | 2009-02-06 06:23 | 日々のこと

歴史の事実に対する潔さ

今朝の新聞に「ガス室虐殺否定の神父、ローマ法王が破門解除」という記事が載っていた。ナチス・ドイツによるガス室でのユダヤ人虐殺を否定する発言をした神父への破門をローマ法王が解いたことで、ドイツ国内で反発が広がっているのだそうだ。
ドイツのメルケル首相は「ユダヤ人大虐殺が否定された印象を与えかねない」と自国の犯した過ちを否定することへの批判を表明し、ドイツ市民の「残念なこと」との反応が連日テレビで報道されているのだそうだ。ドイツは、自国の罪を国として全面的に認め、平和村などの市民活動でも、犯してしまった誤ちへの償いの意をこめていることをはっきりと述べていた。
歴史の事実に対する国の潔い態度は、もちろんだけれど、人間として潔い。
こんな潔さが日本という国になくてはいけないと思う。
by linsshio | 2009-02-05 08:31 | 日々のこと

バッタとセロトニン

昨日の朝日新聞朝刊に、サバクトビバッタ(英語ではdesert locustといいます)が群れをなすこととセロトニンレベルの関連についての記事が載っていた。

・・で、ただいま聖マリ。一緒に、コオロギの行動変化とセロトニンの研究をしているいとちんこと、いとう先生とその話で盛り上がる。いとう先生、この記事のもとであるRogersらのScience 掲載の論文をプリントしてくれた。
c0002089_177961.jpg

砂漠に生息しているこのバッタ、いつもは乾いた砂漠の中にぽつりぽつりとある緑の場所に少数で生息している。が、砂漠といえども雨が降る。そんな場合は、一時的に水が豊かになり、植物がそこに繁るため、バッタの数が増える。だが、やはり砂漠、やがて干上がるにつれてバッタは残り少ない緑の土地に集まることになる・・。そして大群になり、いきなり飛び立つ。バッタを養うことができる土地の許容量をオーバーしたということか。

この研究によると、このバッタ、普段は群れをなすことなく生活しているが、2つのきっかけによって群生スイッチが入るのだそうだ。1つは長期間、他のバッタの姿を見たり匂いを嗅いだりしたとき、そしてもう1つは後ろ足を継続的に触られたときのこと。ロジャースらは一匹ずつ隔離したバッタの後ろ足を、まるで他のバッタに触られるかのように、筆で2時間さすった。すると、群生になるための行動を起こし、体の色が変わった。そしてそのときの胸部神経節のセロトニンレベルが上がったのだそうだ。 論文によると、脳のセロトニンではなく、胸部神経節だそうだ。

感覚で環境をどう認識し、どのように行動するか・・そんなことの決定に関わりがあるらしいセロトニンはおもしろい。

ロジャースたちは私たちの論文も読んでくれたかな~・・と、いとう先生と話した。なぜって私たちが参考にした論文も参考文献として載っていたから。

2月3日の朝日新聞の記事

別件ですが、数日前の朝日新聞には、タミフルとエフェドリン、もしくはカフェインで、若い雄マウスが興奮行動を起こすっていうのがあった。これも、関係ありそうだな~。

2月1日の朝日新聞の記事
by linsshio | 2009-02-04 17:07 | 日々のこと

今日は立春

今日は立春。

まるで、関係ないけれどワシントン風オバマと二〇加煎餅(にわかせんぺい)のツーショット。
c0002089_6452047.jpg

二〇加煎餅は福岡、いや九州では有名なお菓子だそうだ。福岡で南風亭というイタリア料理やをしているいとこが明太子と辛子高菜と一緒に送ってくれた。

・・今日は立春。

まずはホットヨガに行き、そして、聖マリに行って来る。
たぶん歩いていると、梅の花の香りが漂ってくると思う。
by linsshio | 2009-02-04 06:46 | 日々のこと

富士山とうなぎ

お友達Mさんのご実家、静岡にいってきました。美味しいものをたくさん食べて、お友達の故郷の優しい空気を味わって、いい旅でした。友達の通った高校や部活のあとによくいったお店・・。ところ違うのに、こんなところで大きくなったのね、と思うと自分もそこにいたような、なんだか懐かしい感情が生まれるのでした。Mさん、そしてお父上、いつもありがとう。

途中見た富士山と、そして鰻です。

c0002089_23484134.jpg
c0002089_2349139.jpg

by linsshio | 2009-02-02 23:49 | 旅した