Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2009年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

年の瀬のon the table2つ。

いよいよ今年もあと一日。仕事も無理やり納めて、大掃除もすませて、正月をお迎えするモードに突入。ここのところの年の瀬イベントを2つ。

29日はワックスがけ、窓ふきの大掃除をしてさっぱりしたあとに、ここのところ恒例となっている年納め肉汁の会。渋谷のイタリア料理の老舗Tulioでビステッカを喰らう!あ~美味しい、そして、この美味しい牛に応援してもらうかのように力がみなぎる年の瀬のひと時。ベルポーのKikoちゃんと、ミュージシャンのMihoさんと、totoと私と4人でしゃべり、食い、一応年を納めるつもりになる。
c0002089_17221824.jpg


一夜明けて30日。この日は恒例、早めの年越しそばをいただきにtotoと白金の利庵へ。いつもは田舎そばを頂くんだけど、年の瀬の2日くらいは年越しそはのモードでせいろのみ。ナマコ、スミイカのてんぷら、出汁巻きをおつまみにんぬるかんをくいっと。そして今日はかきあられのあったかいおそばにした。そして同じく白金、外苑西通り沿いのショコラティエ・エリカでお正月用のチョコレートをゲット。・・これは、おちょこがあまりにかわいかったのでぱちり。
c0002089_17255967.jpg


そして今日は大みそか。一年の終わりの禊ぎの夜にぴったりなPrayer for Peace by Marcus Robertsを聴こうと思う。

みなさん、2009年もありがとうございました。よいお年をお迎えくださいませ。来年は肝を据える、腹をくくるんです、私。
by linsshio | 2009-12-31 07:40 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
CAWの渡辺えり代さんと共催しているPower Plantsのワークショップ。23日が第3回目で、、モミをクローズアップして開催しました。北海道は下川町のNPO法人森の生活さんから、北海道モミの枝や葉をたっくさん送っていただいてのモミ三昧の一日を葉山で過ごしました。

モミの植物的、そして植物療法的なお話を私がした後にまずは実習第一番目、モミの葉を材料に温浸油を作り、それを使ってモミの葉軟膏を作りました。まずは、モミの葉から効果的に成分を抽出させるように、ちびちびと葉を刻みます。
c0002089_2171429.jpg

こんな風に油に浸す準備完了。
c0002089_2172699.jpg

湯煎で温めながら、じわじわと成分を抽出します。植物油の基剤にはマカデミアナッツ油を使いました。しっとりと香り豊かなモミの葉オイルを抽出、これとみつろうを一緒にして、モミの葉軟膏の出来上がり。
c0002089_2174896.jpg

清里で作った清里モミの樹脂軟膏とはまた違う味わいがあってこれまたなかなか良いです。リモネンで温め、ピネンで代謝を活性化するモミの葉オイルは、この季節に荒れたお肌にもぴったり。そして、元来の呼吸器系の不調、咳きこんだりする夜にベポラップのように胸に塗る・・そんな風にして活用します。
c0002089_2181452.jpg

23日はクリスマス、イブイブ。こんなときにはモミのオーナメントを手作りするのも楽しいこと。今回はサンキライの赤い実と松ぼっくりとリボンを使って作ってみました。こんな風にキャンドルディッシュに載せて灯をともすとロマンティックな夜が始まります。
c0002089_218089.jpg


この日はクリスマススペシャルランチ付き。美味しいお料理をたんと味わいました。ゆっくり語りながらランチする時間もとても大切なひとときになりました。
c0002089_2182774.jpg

午後は渡辺さんの芸術療法。まずはえり代さんお薦めの『宇宙樹』という本から大事な言葉をピックアップし朗読。心静かに心地よい声に耳を澄ませると、宇宙と交信する宇宙樹の気持ちが少しずつわかる気がします。
c0002089_2184999.jpg

その後、葉山茶廊のオーナー横山さんに葉山を案内していただきました。冬だけれど、海の近く葉山の海岸あたりには温かな風が吹いていました。冬の陽だまりに身をおきながら、自分が宇宙樹になったように静かな時間を過ごしました。
c0002089_219278.jpg

そして茶廊に戻り、表現の時間。絵の具、クレヨンを使って絵を描いて、紙芝居にしてお話をしたり、一枚を仕上げたり。シェアリングの時間には、みなさんの思いのこもった一日のことをお話しいただきました。
c0002089_2192092.jpg


・・Power Plantsのワークショップ、新年は1月17日、ミントでスタート!
植物療法ではミントのトローチや歯磨きを作ります。年のはじめに清らかなミントの香りに満ちた一日を!ご参加お待ちしています。

「Power Plants 第4回 ミントのご案内」はこちら>>

このワークショップで使った北海道のモミ、北海道の空気の凝縮した爽やかで温かな香りの精油には、グリーンフラスコで出会えます。

グリーンフラスコ 北海道モミ >>
by linsshio | 2009-12-30 16:47 | セミナーレポート | Trackback | Comments(0)

新年のための文房具

一昨日たまプラーザのSmithにぶらっと入った。ここに行くと欲しくなってしまう、可愛い文房具。文庫本サイズの月の手帳が入る、青緑の皮の手帳カバー、木製のボールペン、そしてシンプルな赤ペン。どれも気に入ってさっそく使いだした。そして、さらに買い物は続き、黒い革のネタ手帖というかダイアリーというか、それと同じくモレスキンの生成りのちびノート。黒い革のネタ帳は、書き初めにしようと思う。
c0002089_1575845.jpg

by linsshio | 2009-12-30 00:20 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

腎臓に嗅覚センサー

GF研のハーブクリップに、腎臓に嗅覚センサーがあるらしいという話をアップしました。その嗅覚による情報伝達に関わる物質がないマウスは肥満になってしまうんですと。

GFハーブクリップ:No.38 腎臓で嗅覚系情報伝達物質が活躍

by linsshio | 2009-12-29 01:52 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
今朝の朝日新聞に載っていた。大人でも、大脳新皮質の思考を司る神経が新しく生まれるらしい。これまで、記憶に関わる神経の生成は明らかになっていたが、思考だとか認識だとかという、人間が賢くなるための神経が大人で生成されるというのは初めてわかったそうだ。出来上がっている脳細胞を使っていくだけでなく新たに生むしくみがあるって、なんだかはりきってしまう。

朝日新聞の記事はこちら>>
by linsshio | 2009-12-28 07:53 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

メリークリスマス。

メリークリスマス。今日は25日だね。高田馬場のBen's cafeで今日まで、カブールの幽霊展なので、今そこにいる。ベンズの店内の壁には、カブールの子供たちが描いた、夢に出てくる幽霊の絵が掛けてある。コメント付きで。そして、「物語カブールの幽霊」という3冊の本を見つけた。最初の頁に書いてある言葉。


この国では誰も年をとらない。
だって、みんな死んでるんだもの。
いつまでつづくのだろう、こんなこと?
ボクの心の中は真っ赤な血でいっぱいだ。
たとえ、吊るされたって、ボクは詩をかきつづけてやる。
そしてページというページに、ボクの言葉を塗りつけてやる。


哀しいメッセージ。大人のはじめる戦争が子供の心に落とすもの。カブールの子供たちは自分の目の前で死んでいく家族や友達をみながら、恐怖や怒りや喪失、そして自分の無力さを感じる。

夢の中でゴーストだと思って離れたしまったが、あれは死んだ友達だったと悔やむ言葉。
人形をあげた友達が地雷を踏んで死んだことを、私の人形が守りきれなかったのだと悔やむ言葉。
一つ目の幽霊につきまとわれた友達が線になってしまってびっくりして手を握ったらそのまますうっと消えてしまったという言葉。

どうか2010年が戦いのない平和な年になりますように。メリークリスマス。

c0002089_21222256.jpg

by linsshio | 2009-12-25 21:15 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
裏磐梯に移住した友人、Earth Spiralの安珠さん。2010年は裏磐梯でパーマカルチャーデザインを実践する「7 steps to Permaculture Garden ~魔女の庭づくり 」をはじめとして、裏磐梯の森、土、風、太陽を思う存分味わうプログラムを計画中。その安珠さんと一緒に、来年の夏、8/13~15に裏磐梯で、夏の合宿「薬草リトリート+サイエンス」を開催します。そう、裏磐梯の森、土、風、太陽、そういった森羅万象を思う存分味わいにぜひいらしてください。東京駅から裏磐梯猫魔ホテル行きのバスで約5時間片道3000円也です♪座っていればついちゃうらしい。詳細後日!

今日は打ち合わせランチ。新宿のヴェトナムアリスで。一皿目の春巻きパレード。
c0002089_16341144.jpg

そして練乳が沈む、美味しいヴェトナムコーヒーでした。
c0002089_16342927.jpg

by linsshio | 2009-12-23 05:15 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

響いた言葉

これらの仕事で自分を崩壊させずに生き延びてきました。「こんな切れっぱしでわたしはわたしの崩壊をささえてきた」というT.S.エリオットの詩句のように。・・と、大江健三郎さんが書いていた。
by linsshio | 2009-12-22 09:09 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
明日は冬至。ゆず湯の準備、かぼちゃの準備はできたかな。この前のトトラボセミナーでゆずを使って余ったので、そのゆずで一足早く昨晩ゆず湯に入った。ゆず、そのまま浮かべてよいのだろうけど、4つに割って浮かべてみた。お肌にぴりぴりになるので絞らないように気をつけて。それと一緒にシチリアの塩を入れてみた。湯舟に浮かぶゆずからいい匂いが漂ってくる。いい湯です。
c0002089_922422.jpg

それから、23日のワークショップ用の樅があるので、それでちょっとしたお飾りを作ってみた。三日月のお皿に、モミとサンキライの実と、キャンドル。簡単だけど結構可愛くてうれしい。
c0002089_924392.jpg

そして、さいごに衝動買いしたグリューワイン。赤ワインにシナモン、クローブ、オレンジ、アニスなど入れて煮込んだ甘~いワインだ。クリスマスの味。美味しい。自分でも作ろう。
c0002089_92054.jpg

by linsshio | 2009-12-21 09:02 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
HerbalGramで5000年も昔のワインにハーブが入っているという話をみつけた。しかも、エジプトファラオの墓で発掘の壺。昨晩、グリーンフラスコ研究所のハーブクリップにアップした。悠久浪漫ね~。

古代エジプトのメディカルハーブワイン事情 >>
by linsshio | 2009-12-19 15:19 | お知らせ | Trackback | Comments(2)