Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ハロウィーンだし。

ただいま山梨のフルーツパーク富士屋ホテル。今日は三富村の乾徳山の麓にある徳和渓谷を歩いて秋の実りを堪能した。別のカメラにいれちゃったからまたレポートするね。

さてと日付かわってしまったけど、月最後の日、今日はハロウィンだね。だからちょこっとハロウィンぽい我が家の風景をひとつ。これ、うちのハロウィンジャックシルエット。可愛い笑い顔が、ノーザンライツのキャンドルに映されてほのかに揺れる。そしいてうちを楽しくしてくれる。優しい灯りに優しい影。
c0002089_2491996.jpg

そしてもうひとつは昨日うちに連れてきたアマゾナイト。吸い込まれるように美しい青色。目にしたときから釘付けに。女神の様なこのペンダントは虹の輪の大野やよいさんの作。ペンダントと一緒に箱に入っていたメッセージカードには、石を手にしたらまずはじめに地球に感謝してください、と書いてあった。静かに握って地球を思ってみた。
c0002089_2492873.jpg

by linsshio | 2010-10-31 02:49 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)
この火曜日、グリーンフラスコ主催の「メディカルハーブフィールド編」を東邦大学キャンパス内のハーブガーデンで開催したので、その報告を。当日は時折霧雨が降って来たけど、かろうじて天気がもってよかった。

ガーデンにあるグリーンハウスに集合、今日することの確認。計画していたジャーマンカモミールの水蒸気蒸留をすることのほか、ことさらに寒かったので、ガーデンのいくつかのハーブを使ってお部屋でぬくぬくしてみようと思った。まずは、水蒸気蒸留の説明をして、で、みんなで蒸留装置をセッティング。
c0002089_2361183.jpg

しっかりカモミールをしかけたら、その次はガーデンに出て、今あるハーブをじっくり観察。
c0002089_2371533.jpg

秋になりエキナセアは種子を付けた。少し残っていたので、口に含んでスースーピリピリを感じてみる。ハイビスカスは花は終わったけど葉が元気。ばりばりと食べて葉にもクエン酸があることを確認。こんな風に可愛く実を付けているのはホーソン。
c0002089_2392764.jpg

そしてお部屋でぬくぬくは蒸気吸入にしようと、いくつかのハーブを収穫。この画像はワームウッド。これ以外にミントとユーカリでしてみた。
c0002089_2384725.jpg

こんな風にちぎちぎして熱湯を注ぎ、そして蒸気吸入。グリーンハウスはハーブのさわやかな香りで包まれたのでした。
c0002089_245039.jpg

そしてハーブティーはレモンバーベナとカモミールのブレンド。なかなかいけます。・・時は経ち、蒸留も大詰めに。
c0002089_2463870.jpg

ほ~ら、採れた精油はとっても少なかったけれど、粘性のある、アズレンの青色をもった精油がしっかりとれていることを確認することができた。

キャンパスフィールド編、次回は1月25日を予定しています。よかったらぜひに。
by linsshio | 2010-10-31 02:48 | セミナーレポート | Trackback | Comments(0)
11月27日と28日の土日に行う北海道上川郡下川町でのワークショップの案内がNPO法人森の生活のサイトに載りました。裏磐梯同様に安珠さんと行うプログラムです。そして森の生活の亀ちゃんとモミエちゃんと一緒!きりりと寒い初冬の下川によかったらぜひいらしてくださいな。

〈ガーデニングフォレストフレペ~ハーブ・アロマセミナー〉
植物を感じて学ぶ植物療法講座 ~森の薬草使い・北海道モミづくし~

安珠さんとの裏磐梯でのワークショップの様子はこちら>>
by linsshio | 2010-10-25 20:53 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
現在名古屋ではCOP10が行われていて、今日もいくつかニュースがあった。2020年の生態系保全目標について「絶滅危惧種の少なくとも10%の種について保全状況を改善する」との項目については数値目標を削除することになったとのことで、様々論議は難航しているのだろうな~と思われる。
c0002089_281731.jpg

さて私、この19日火曜日にグリーンフラスコのお仕事として、このCOP10の関連イベントである「地球の薬箱を救え」というワークショップにいってきた。主催はトラフィックイーストジャパン
トラフィックイーストジャパンは不正な野生生物の取引を監視・調査するNGOであって、現在薬用植物保全や遺伝資源に関する問題が大きくなっていることからこのワークショップが開催された。

野生植物を過剰に利用すると、生物多様性だけでなく、人々の健康や暮らしが脅かされるということに警鐘を鳴らすとともに、自然のなかで植物と共に生きる賢人たちの話をきく機会を与えてくれて、トラフィックの取り組みについてきくことができた。

賢人たちは3名、ブラジル、アマゾンのヤワナワ族のチーフであるタシュカ・ヤワナワ氏、ケニアのイヤク族のリーダーであるアンドリュー、ナイネネ・レレコイティエン氏、中国伝統医療の医師ツァン・イー氏であった。
c0002089_2155062.jpg

それぞれ自分たちのコミュニティでどのように植物とつき合っているのか、植物療法を実践しながらどのようにして自然の中での調和を保っているのか・・話してくれた。ケニアにしてもブラジルアマゾンにしても、父から子へ、母から子へと自然との礼儀あるつき合い方が伝授され、それと共に子どもたちは薬用植物の知識も得ていく。私にとってはフィジー、ラケンバでの暮らしとだぶった。

会場からの「私たち現代のこの社会に住んでいるものはどうやったらいいのか」との質問に、ヤワナワさんが「耳を澄ませることが大事。それは森のなかでなくてもできる」と言っていた。
そうだな~と思いながらも、私たちの生活ですべきことは、私たちが具体化していかないと難しいとの思いももった。これら賢人たちの教えや家族とのつながり、自然とのつながりを受けとめながら、私たちのすべきことはずっしりとある。

クリッシー・ワイルドウッドが著書『アロマ・インセンス事典』の中で以下のように述べている。

~世界中の先住民は土地、文化(または部族)そして先祖の魂とつながっていると心のそこから感じていることを認めるのは重要なことだ。原始の頃から存在する源から切断された生命は、目的や意味のない生命になる。~

そして、彼女はバイオパイラシーを抑制するための国連の生物多様性条約での提案について、「これは企業が先住民も遺伝子資源の商業的搾取による恩恵を受けることを確かめたにすぎず、残念ながら依然として根本的な不安の対処にはならない。市場が遺伝子を所有することを正当化すると生物多様性が減退する。」と書いているのも印象的だ。

さて、賢人の一人、ケニアのアンドリューさんのお召し物はこんな感じ。とてもいい。
c0002089_2351374.jpg

そして、ブラジル、アマゾンのヤワナワさんのフェイスサインはこんな風。美しく力強かった。
c0002089_2352519.jpg

by linsshio | 2010-10-23 23:07 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
良く晴れた秋の朝。この週末は天気もよさそうで嬉しい。グリーンフラスコ研究所のハーブクリップにわれらが日本の誇る柑橘、ユズの精油の光毒性についてのことをアップした。高知大学の沢村先生が調べたところ、日本産ユズ精油では、光毒性の要因であるべルガプテンの含有量がとても低いか検出されないとのこと。よかったら読んでみてください。

GFハーブクリップ66号はこちらから>>
by linsshio | 2010-10-23 08:54 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
トトラボのサイトにここしばらく予定しているセミナーやワークショップをアップしました。よかったらみてください。
セミナー案内

新しくお知らせしたところでは、冬の清里ワークショップ北海道上川郡下川町のプログラムなどあります。あっ、秋のいきものみっけもよろしくです! 今週末日曜のスウェーデンハーブも前日まで受付しています。ぜひいらしてくださいませ。

スウェーデンハーブの二回目を一月にする予定ですが、そのとき同じ日にフィジーの報告第三弾をしたいと思っています。またお知らせします。
by linsshio | 2010-10-22 06:12 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
この週末の清里は秋の収穫祭であるポールラッシュ祭のカンティフェア。で、西の魔女植物療法フェア2010特別企画のため清里入り。植物療法フェアのことは別途報告するとして、初めてのポールラッシュ祭は楽しかった。

清里についたら確かに秋。雲の様子も空の澄み渡る風も秋そのもの。草原はこんなふう。
c0002089_112497.jpg

少しずつ紅葉が進んでいる感じ。来週にはまた彩り美しくなっているはず。
c0002089_11242284.jpg

ポールさんが舞台中央に。出店もたくさん、ミュージックも生バンドが入って楽しくて花丸。うちの父親が行ったのはこれが理由だったのね~と思った。
c0002089_11245491.jpg

久しぶりにパレードというものを見た。totoと15年前くらいにいったサンクスギヴィングのときのNYメイシーズ以来だ。何のパレードかってトラクター。清里の地を開拓したジョンディア号が登場。気分は盛り上がる!
c0002089_11244043.jpg

これは二日目の朝食。イタリアンの出店で野菜スープとフォカッチャをゲット。ちょっと泡の少ないカプチーノもカフェラテと思ってゆるしてあげる。芝生に座って食べるのは、すこぶるおいしい。
c0002089_1126535.jpg

by linsshio | 2010-10-20 00:41 | 清里 | Trackback | Comments(0)
これまでのフィジー旅で何回か経験したセブセブ。それは、村を訪れた私たちを心温かく迎えてくれるための儀式。そこでは水に懸濁したカヴァカヴァをふるまっていただく。

コロニサガナ村でのセブセブ>>

で、今回はというと、村の人たちが週末に集まって愉しむカヴァパーティーに誘ってもらった。私はそこで改めてこの向精神性ハーブ、カヴァの威力を実感。バカナウ村は夜の8時半が消灯なので、カヴァパーティーはランプの灯り、というか暗闇の中でのパーティー。
c0002089_0404618.jpg

小学校の校長先生がウクレレ担当、もう一人ギター、そして歌う人二人。タノアの前でカヴァカヴァを用意する人が一人、タノアからカヴァをすくってみんなに手渡ししてくれる人が一人。そして暗闇の奥からはゴーンゴーンというカヴァの根を突いて粉にしている音がする。で、壁にはずら~っと村の人たちがもたれかかってる。
c0002089_0403398.jpg


このカヴァカヴァ、どんどんまったりしていく。静か~になって、眠ってしまいそうに鎮静している自分をときに奮い立たせて、歌を歌い、カヴァカヴァを作っているふう。近接戦闘が得意な、元来戦い好きなフィジアンたちが喧嘩しないで穏やかになるように飲むとも言われているらしい、カヴァ。日本のお酒との決定的な違いはここで、酔っぱらったエロ親父も出てこないし、ハイになって激しく踊る人も出てこない。たまにダンスに誘ってくれるが至って静かな紳士的なダンス。一発芸でもりあげよう!なんて気持ちはもちろんみなさんさらさらない。ダウン系の向精神ハーブ、カヴァカヴァ。みなさんえんえんとなくなるまで飲み続ける。

さて、別の夜のこと。メケというフィジー伝統の歌と踊りを村の青年団(30歳くらいのお年頃)がみせてくれた。戦いの前に勇気を奮い起すためという男メケ、その歌や動きは勇壮で、地から天へ神を仰ぐような様はあまりにかっこよく、これをみて、私、涙が出てきた。これも夜でうまく撮れなかったのだけれど、この衣装は植物から作ったタパという布を使い、腕のまわりや肩にかけたシシー(レイのこと)は、モコソイやタモレ(バジルのこと)といった香り豊かな植物で作られている。
c0002089_0414494.jpg

そして眩しいバカナウ村の朝の風景。今日もマンゴーは元気はつらつと緑の葉をたたえている。
c0002089_0423864.jpg

by linsshio | 2010-10-19 00:43 | フィジー | Trackback | Comments(0)
今回のGF研究所のハーブクリップでは、エレミの樹脂成分に美白効果があるという報告について取り上げた。エレミの精油、持ってますか?・・このエレミ、フランキンセンスと同じカンラン科で、フランキンセンス同様に樹脂を材料に精油を採るのだけれど、その昔、精油で香水をつくるのをはじめたころにいいな~と思い、よく使ってみた精油。なかなか売っていなくって、だからこそ手にとりたい、、そんな自由の香りの漂う精油でした。この頃使ってないな~と思いながら、エレミの研究報告を読んでみた。・・そしてクンクンしたくなった、久々のエレミでした。

GF研究所ハーブクリップ No.65 >>

ところで今は、アロマセラピー学会のために大阪に来ている。GFスタッフ木下さん大阪校の佐古先生と一緒に、おいし~い大阪粉モノお好み焼きに舌鼓、食いだおれるにはまだ大丈夫だけど、結構食べた。で、たくさんしゃべった。食べるのとしゃべるのに一生懸命で写真撮らなかったけれど、お店に向かう中之島の川沿いでパチリ。2日目あたりのお月さまがちょうど登るところで美しかった。

c0002089_0142711.jpg

by linsshio | 2010-10-11 00:17 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
ご案内ばっかですが、、トトラボのワークショップと無料イベントです。10月24日(日)はスウェーデンに住み、スウェーデンのハーブ学校にかよったやっちーことやつばやしもとこのスウェーデンのハーブ事情について話してもらいます。場所は池尻のIIDものづくり学校2年A組の教室。私、日直さんですので、出席とらせていただきます@^-^@久しぶりに黒板の匂いを嗅ぎに、いや、スウェーデンに浸りにいらしてくださいませ。

10/24(日)やつばやしもとこの『スウェーデンしあわせ薬草生活>>

そして11月。11月2日(火)午後は「いきものみっけ 日本のハーブ@多摩川」の秋編です。今回は、二子玉川駅からすぐの東急大井町線等々力駅に集合。で、世田谷の、いや東京のオアシス等々力渓谷を歩き、多摩川へ出ていくコースを行こうと思っています。地形の変化で植物の植生もちょっと違う、、。そんなことを思いながら渓谷から川辺りを歩く。。日本の秋の風を味わいにこちらにもぜひいらしてくださいませ。

11/2(火)いきものみっけ~日本のハーブ@多摩川>>
無料イベント!
by linsshio | 2010-10-08 22:42 | お知らせ | Trackback | Comments(0)