Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日は関東地方も台風注意の天気だけれど、この海の日の連休はよく晴れた!お天気に恵まれて、トトラボ主催の「清里高原夏の森 植物療法野外実習」を開催、12名の参加者の皆さんと私、協力いただいているキープ協会スタッフのみなさんで夏の清里を堪能した。

今回のテーマは「生命の煌めきをみつめる」。生命も太陽の光もきらきらと輝く成長の季節、夏。ネイディブアメリカンのメディスンホィールでは夏は南の方角に当たる。

~南は、夏の温かさを抱いている方角だ。夏は無垢と学習と成長の時を意味する~

・・とこの言葉は『それでもあなたの道を行け』という本に記された、南の説明。

そう今回のプログラムでは森に入り、無垢になり、生命の美しさを感じたいと思っていた。

最初のプログラムは、キープ協会環境教育事業部みけさんに担当いただいての森歩き。暑い都会から涼しい清里へ、そして少しずつスローダウンして深呼吸する時間を作った。

清泉寮を出発して森の中へ。森のチャペルの前で、みなさんとご挨拶のゲーム。葉っぱじゃんけん。みんな思い思いに3つの葉を手に勝負に挑む。
c0002089_17312181.jpg

一番小さい葉はど~れだ? 香りの強い葉はど~れだ?葉脈の網目が細かい葉はど~れだ?各々マイ葉っぱの勝負強さにかけるのだった@^-^@
c0002089_17331366.jpg

夏の森は、太陽がまばゆく葉に当たる。光と植物で創り出す夏の影はとっても美しい。ひとりひとり画用紙を持ってきらきらとした夏のアートを楽しんだ。こちら私の、光の絵。
c0002089_1735090.jpg

しばしひとりの時間。座ったりごろんとなったり、心静かに、森の植物と同じように太陽の光を心地よく受けた。きらきらとして美しい時間。
c0002089_17363757.jpg


そして午後3時をまわる頃、森から清泉寮に戻る。戻りがてら草原での摘み草ワーク。ヨモギ、オオバコ、スギナ、イブキジャコウソウ、ウツボグサ、そしてテレッドクローバー。その後の摘み草ワークに関係のある植物を摘んだ。こちらは今先ごろのウツボグサ。喉の痛み抑えて呼吸をらくにしてくれる日本のハーブだ。西洋の近縁種はセルフヒールというお名前。自分を癒すセルフヒール。
c0002089_1742247.jpg


摘み草プログラムでは、しっかりと摘み草を味わおう!まずはパウダーづくり。3人ずつのグループに分かれて各々違う植物を担当。和薄荷、スギナ、タンポポ、カキドオシ・・。ミルサーで砕いて、そして茶漉しでコシコシとパウダーにする。
c0002089_17444912.jpg

そして、労働の甲斐あっての味わいの時間。清里特産、濃厚なミルクのジャージー牛のアイスクリームに各々のパウダーをかけてよ~く混ぜて味わう。ハーブによって異なるが概ね細か~くしてよ~く混ぜるのがコツ。こんなふうにパウダーバーに集まって試食中のみなさん♪
c0002089_17465830.jpg

そして摘んだ草たちの活用法をお話。森からの帰り道で収穫した樅の枝葉でエアフレッシュナーも仕込んだ。

ふぅ。一つ体を動かしたところでお夕食のお時間なり。こんな感じにゲットしてみた。気持ち良く食が進む。色とりどりの美しいお野菜たち。
c0002089_17495327.jpg

ポークも美味しかった!甲州の豚だそうな。
c0002089_17504932.jpg

そして夜の部は、画像がないけれど、「フィジー、南の島の天然生活」。私の薬草調査のフィールドであるフィジーはラケンバ島の、無理のない、無駄のない生活を紹介した。日本の現実とラケンバの島の人たちの暮らしは違うけれど、同じ根を持っていることを感じる。だから日本人もやればできる、賢い生活。フィジーの幸せな飲み物、カヴァもすこし味わってみた。

・・そしてプログラムは2日目へ。

2日目はまずはみけさんと森の中へ。森には新しい命が生まれていて、でもこのままだとやがて枯れてしまう実生も多かったりする。

最初のプログラムは、森の生命を優しく育むLife in the forest。手をつかって森の土の柔らかさを感じながら小さな鉢に実生を移す。心惹かれるちびっこと出会えて、生命の尊さを感じ入るプログラム。ありがとう、みけさん。
c0002089_14131892.jpg


そして秋冬に備えてのレメディーづくりはモミのバルサム軟膏づくり。写真を撮り忘れてしまったけれど、こちらはモミ樹脂を採取している様子。モミが自分の体を守るために用意している樹脂、バルサムを分けて頂く。私たちには皮膚の修復とそして、胸に塗って呼吸器系の不調に力をかしてくれる。
c0002089_1415399.jpg

こちらはみんなでフィジーの器、タノアに水を貼って浮かべてみた清里のお花たち。風に揺られて、ゆらゆら浮いてとても可愛い。
c0002089_14164846.jpg

by linsshio | 2011-07-20 17:54 | 清里
昨日は東邦大学で実験の日。3時くらいからガーデンに出てみた。強い夏の日射しを浴びて、植物たちも力づよい。

キャスターが赤い花をつけてた。ヒマシ油をとる、あのキャスター。
c0002089_1064434.jpg

しばらくすると日射しも弱まり風そよぐ夕刻。ブラックベリーは実をつけて、これから色づく。まだ赤い。
c0002089_1064566.jpg

あっ、きんかん、咲いてる。
c0002089_18274237.jpg

そしてチェストツリー、満開!美しいなー。
c0002089_1064814.jpg

[
by linsshio | 2011-07-13 09:54 | 日々のこと

梅シロップできた!

6月の日本のハーブ暦で漬け込んだ青梅。氷砂糖とザラメを使ってシロップとして仕込んでみた。一昨日は梅日和。梅シロップ仕上げをしあげた。

漬け込んでいた梅はこんな風にシワシワになった。
c0002089_1202096.jpg

シロップはこんな風にキャラメル色に。
c0002089_1203615.jpg

シロップは鍋にいれてひと煮立ちさせた。200gの梅から約200mLのシロップが出来上がり。
c0002089_1205449.jpg

そして蜂蜜をかけて冷凍。かけたのはこちら室生のハニー。
c0002089_121385.jpg

実の方は二つずつにしてラップの上の並べた。夏の暑い日にじょりじょりたべるのが楽しみ。
c0002089_1211293.jpg

by linsshio | 2011-07-07 12:01 | 日々のこと
この週末、清里に行ってきました。初夏の趣の清里はとても爽やか、森の生き物たちも元気、夏ならではの活気に溢れていました。

c0002089_1082352.jpg
さて、トトラボでは、海の日の連休、7/17,18に山梨県北杜市清里で植物療法の野外実習を開催します。今回のテーマは「生命の煌めきをみつめる」。清里の自然に身を置いて、夏の森にいきいき生きる植物としっかりとおつきあいしながら植物療法を実践するプログラムです。

朝はみずみずしい空気を味わいに、草原にごろんとなってみようかな・・と思っています。
〆切は明後日7月7日。あと数名、お受付できます。ぜひご一緒に夏を満喫しましょ〜♪

トトラボ主催・キープ協会協力 清里高原・夏の森 植物療法野外実習~生命の煌めきをみつめる>> 

c0002089_1085273.jpg

by linsshio | 2011-07-05 10:09 | お知らせ
この前の火曜日はグリーンフラスコの東邦大学でのキャンパスラボ。この前は春だったので季節は動いて夏!しかも梅雨明け前だというのにかなりの暑さだった。

さてこれはなんでしょう?こんな風な方が。。
c0002089_23102048.jpg

こう開く。これはアーティチョークの花。まんまるな頭、男の子の坊主頭みたいで思わず撫でる。
c0002089_23103280.jpg
体育館横におーきなユーカリの木。毎回最初にご挨拶にいってクンクンしたり葉を観察している春先にあった赤みをおびた若い葉は青い葉に成長したみたい。この日はこのユーカリで蒸留をしてみる。まずはみんなで葉をちぎちぎした。グリーンハウスの中にユーカリのスーッとした香りが満ち満ちた。
c0002089_23104421.jpg
蒸留してい間にガーデンに出た。季節の移りと共に変わっていく植物の姿を観察。
c0002089_23105920.jpg

セリ科のお花、真っ盛り。こちらはディル。お花が全体で丸みを帯びているのが特徴.。ストライプのカメムシくんも今がラブラブ真っ盛り。
c0002089_23111721.jpg

こちらはフェンネル。花の上の面が平たく開くのがディルとちがうとこ。
c0002089_23113211.jpg

そしてマローブルーは紫色に輝いてとてもきれい。
c0002089_23114556.jpg

ラベンダーにはマルハナバチさんが訪問中。盛んにラベンダーを渡り飛んでいらっしゃる。
c0002089_23115769.jpg

さて植物の色を抽出してみようコーナー。マローブルー、赤紫蘇、セントジョンズワートの花、そしゅてユーカリでやってみた。溶媒を変えると色の出方で色素の性質もみえてくる。きれいねー。
c0002089_2312926.jpg
こちらは95%エタノールで抽出したもの。シソの緑、セントジョンズワートの紅色が鮮やか。この二つ、蛍光を発しているように見えたので後で紫外光をあててみたら光ってた。紫外光をちゃんと吸収してた。
c0002089_23122111.jpg

この日はちょうどジャーマンカモミールとローマンカモミールが両方開花していたので、Gの花床が中空、Rはそうじゃないというのを断面を作って観察、確認した。

次回は10/4。秋のガーデン観察です。ぜひいらしてください(^-^)/
by linsshio | 2011-07-02 17:07 | セミナーレポート