Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

この秋はでかけていったり、トトラボだったり、いくつかセミナーがあるのですが、近いところでぜひ紹介したいものを2つ。

まずひとつは今週金曜夜、六本木で行う「植物のカラダのかたち」セミナー。今回は、種子と実がテーマ。連続もののセミナーですが、単発でももちろんOKです。なんでお誘いしているかというと今回は特別なものがあるから@^-^@それは南太平洋地域に自生する島の種子や実たち。たぶん今回でなくてはなかなか紹介できない、面白い実がいっぱい。思わず、う〜んと感心する形、構造をしていたりする。ん〜、うまくできてる植物。
c0002089_142740.jpg

そしてもう一つは世田谷区砧のタヌキ村で開催するハーバルレメディーづくりのセミナー。こちらは目の前にハーブが現れたら、はてそれをどのように準備するのが効果的か、そしてこんな不調をもつ私にはどんなふうに使えばよいか、、そんなところをお伝えしようと思っています。会場のタヌキ村はコミュニティガーデンもあってとてもわくわくするところです。
・・というわけでよかったらぜひ。

植物のカラダのかたち~植物観察から形の意味を考える~ ご案内>>

セルフケアのためのハーバルレメディー ご案内>>
by linsshio | 2011-09-27 20:50 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

およそ30年ぶりの同窓会

この前の土曜日は高校のクラス会。これが卒業して以来はじめてのクラス会。気がついたらガラスの17歳だった私たちはなんとびっくり今年48歳におなりになる。あ〜、ただただびっくり、月日の経つのはほんとーに早い。でもまあそれなりにいろいろあったかな。

みんなどんなふうになっているのだろー、なんだか緊張しながら新宿の三井クラブに行ってみた。到着して幹事をしてくれたKくんの名前をいうと、どこからか聞いたことのあるような声が聞こえてくる。あ、みんないるじゃん。

一瞬にして甲府南高校の教室にいる気分。窓から夕日が入る放課後、机に座ってあちこちでしゃべっているみんなの姿やら、緑陽祭(学園祭)のときのざわめきやら、あのころ気に入ってた先輩のことやら、裏店で飲んだチェリオの味やら、そんなものが蘇ってきた。そこには、学ランを来た男の子たちがいて、そして今目の前にいるのは紳士たち。立派になっちゃって、でも誰だかすぐわかる。高校を卒業してから会っていなかった人もいるし、大学くらいまではあっていた人もいるし、、いずれにせよ長い年月が経った。建築のお仕事をしていたり、お医者さんだったり、出版のお仕事をしていたり、大学の先生だったり、商社でエジプトとか飛び回ってたり、製薬のお仕事だったり、厚生労働省だったり、そしてパパで・・、みんな頼もしくなった。

高校の時の話やみんなのその後話を聴きながら、17だった男の子があのときどんな風で、大学受験はどんなふうで、どんな日々を過ごして、彼女ができて、仕事をしてきて、結婚して、子供ができて、今に至っているのだろうと思うと、大人になっていくこと自体がとても素敵に眩しくてそれこそどきどきしてきた。それはまさに大学で今教えている子達の未来が大きな可能性で輝いて見えたり、ラケンバ島の子供たちの未来がほんとうに楽しみなのとおんなじだ。成長するって眩しいことなんだね。

みんな元気でよかった。幸せそうでよかった。こうやって楽しくおしゃべりできてよかった。三井クラブ、ヒルトン、その後紳士たちは新宿のお街に消えていった。

私は家に帰ってなかなか寝付けないくらい余韻に浸ってた。そのまま朝まで浸っていたいほどいい夜だったな。

父が生きてたらみんなが立派に大人になったことを喜んだだろうなと思いながらみんな元気で素敵な紳士になってたと報告、そして母にも電話した。

またそのうち会いたいな。頑張れ、みんな。私もがんばろー。
by linsshio | 2011-09-27 00:39 | 日々のこと | Trackback | Comments(6)

学会ICCECC2011が始まった

今日から学会。International Conference on Chemistry, Environment and Climate Change 2011。
c0002089_19174448.jpg

なんでも来いの学会だが、やはり環境、気候変動と名をうっているので、エネルギー問題や海の酸性化など、そういった内容は多い。南太平洋に位置するフィジーで開催しているだけのことがあって、海のお話、資源のことなども多かったりする。学会のはじめにはこんなふうに火を灯した。
c0002089_191889.jpg

そして有用植物についての発表もいくつかあり、フィジーにたくさん自生しているディロの木の成分や有用性について、そしてアルピニア、つまり月桃の仲間5種のミネラル成分についての発表などもあった。

ディロはテリハボクのこと、実を圧搾した植物油ディロオイルは別名タマヌ油といって痛みの緩和にも良いと数年前にグラースにいったときに聞いた。クック島ではカマニというらしい。この方はスリランカで月桃の研究をしている先生。根茎のミネラル分や栄養的な価値の他、精油のお話もしてくれた。私も根茎からとってみたことがあるんだけど、とっても少なくてなかなかとれない。
c0002089_19183131.jpg

この学会、ランチ、ディナーと至れり尽くせりで、こういったティーブレイクが10時3時にある。お腹を満たすと人間気持ちも満たされる・・となかなか単純に出来ている。
c0002089_19201493.jpg


夜はカルチャーを観るというイベント付き。こちらサモアのダンス。
c0002089_1919166.jpg

そして、ソロモンの戦いの踊り。
c0002089_19192445.jpg

こちらインド音楽の演奏。
c0002089_19194774.jpg

学生たちの他、University of South Pacifficの先生の家族とか総出でもてなしてくれる、そういう意味でもホットな学会。それにしても、こういった学生や家族のような一般人が自国、民族を代表して芸を見せられるということに感心。日本人である私たちはこういうときに何をしよう。
by linsshio | 2011-09-14 19:22 | フィジー | Trackback | Comments(0)

今日からフィジー再び。

今日からフィジー。今回は一週間、目的は南太平洋大学がホストをつとめる国際学会でお話するためだ。

私は最近取り組んでいるカヴァについて、どんなマウスの行動変化を引き起こすか、またそのメカニズムについて脳の中の神経伝達物質の動態を調べていることについてお話しさせていただく。

学会自体はInternational Conference on Chemistry, Environment and Climate Change 2011
と言い、化学全般、そして気候変動についてのテーマを掲げたもので、どんな話がきけるか楽しみだ。

学会のサイト>>


いつもお世話になってる先生方にも、キャンパスのヴァドラ、つまりアダンに会えるのも楽しみだ。ヴァドラは実ってるかな。
c0002089_7472052.jpg

そして今度はフィジーの都会の生活を満喫してこよう。
by linsshio | 2011-09-12 16:17 | フィジー | Trackback | Comments(0)
おはようございます。今日は満月。昼はまだ暑そうだけど夜には涼しい風が吹いて空もクリアなんだろうな。

さて、九月の日本のハーブ暦は9/23秋分の日。お彼岸に世田谷もにづくり学校で開催します。

日本のハーブ暦 植物と暮らす二十四節気>>

実習では五節句の中で一番馴染みが薄くなってしまった重陽の節句に注目。長寿を願う菊の花でものづくりをしてみましょう。

菊茶。お花浮かべてこんなふう。ほんわか安らぐ甘みがあります。
c0002089_1121091.jpg

そして仕込んでみた菊の花チンキ剤。いい感じに育ちそう。
c0002089_1123056.jpg

あと三名お受け付けできます。良かったらぜひ(^-^)/
by linsshio | 2011-09-12 01:12 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
今年通っているアーバンパーマカルチャー講座を通してお知り合いとなった、パーマカルチャーガーデン世田谷「まくびと」の方々とご一緒させていただきます。まくびと主催、第一回のワークショップでは、ぬぁんと、薬効ふんどし、つくります♪

ふんどし??・・私にも着れるのか??・・と思っていたところ、まくびとメンバーのリンダさんから、ふんどし、いとよろし、というお話をききました。

日本の伝統下着、ふんどしは、自分で加減しながら締め付け具合などを決めることができ、普通のショーツのようにゴムで股のあたりを締めつけず、リンパの流れを阻害することもないため、自分のカラダを知るにも、カラダのためにもとてもよいらしい。そして、女子でも男子でも、ふんどし着けれるらしい♪

そしてリンダさんから送られてきた手縫いのふんどしを染めてみた。それってこんなふんどし。さすが、ふんどし、ひらひらしていて楽しい。そして布の肌触りもさっぱりしていてばっつぐん。
c0002089_21492448.jpg

模様を付けるのにこんなガラス玉やクリスタルたちを使ってみた。ローズクォーツもシトリンも使ってみたよ。ふんどし上部のポイントにはまあるい水晶玉で模様付してみた。お気に入りの小石を探して使ってみるというのもよいな。
c0002089_2151969.jpg

ぐつぐつぐつぐつ・・。そして出来た。干してみた。ひらひらふんどしがとても愛おしい。
c0002089_2151574.jpg

・・ということで、秋の週末に、マイふんどし作ってみませんか?
「まくびとワークショップVol.1 草木染めで薬効ふんどしと手ぬぐいを作ろう!」ご案内>>

★会場のタヌキ村では、10月15日からレメディーづくりの講座「セルフケアのためのハーバルレメディー〜ハーブ製剤」開催します。こちらもよろしく!
「セルフケアのためのハーバルレメディー〜ハーブ製剤」ご案内>> 
by linsshio | 2011-09-09 21:58 | お知らせ | Trackback | Comments(3)

フィジー、備忘録。

ラケンバ島では割礼もお葬式も経験して、あとは結婚式と出産か?という感じ。割礼のお祝いに禁断の海亀、ボヌもいただきました。近いうちにみなさんにお伝えしたいこと備忘録。

子供たちの笑顔。
ラケンバの食事のこと。
島の統合医療について。
トラディショナルヒーラーやドクターのこと。
植物療法の意識調査風景。
ハーブのこと。
サンダルウッド、イランイラン、ココナッツのこと。
割礼やお葬式。
夜のカヴァパーティー、グロッグのこと。
by linsshio | 2011-09-08 08:32 | フィジー | Trackback | Comments(2)