Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

神奈川県相模で百姓魔女の研究会をしている小林たえちゃんと監修をした本『身近なハーブ・野菜でからだ美人になる自然派レシピ』が発売になりました。

たえちゃんの食のレシピはいきいきと美しく、生命が宿ったものを頂くことへの感謝の気持ちが溢れています。食のほか、心やカラダのケア、そしてお肌のケアレシピ、そして、植物と出会う森に出かける時の準備、心得えなど記してあります。

この本が自然と人をつなぐささやかなきっかけになるととっても嬉しいです。ぜひ手にとってみてください。

c0002089_10365356.jpg

トランローグのweb magagineでのご案内>>


「身近なハーブ・野菜でからだ美人になる自然派レシピ」 by Amazon.co,jp >>


たえちゃんの百姓魔女ブログ >>

by linsshio | 2011-10-29 10:38 | お知らせ
一昨日はグリーンフラスコ主催の東邦大学キャンパスラボ秋編の二回目。2週間しかたっていないけれど季節はしっかり動いていました。先週は秋の土曜入り、これから立冬までは季節がダイナミックに動くとき。確かにここ数日で冬に近づいた。

ガーデンは夏と秋が混ざった感じ。こちらは南国バナナ。フィジー語ではブンディ。実が弾けてなかの黒い種が見える。私たちが食べるのとは逆側が開裂。
c0002089_19495063.jpg

そして山査子。姫りんごのような可愛い赤い実を付けた。
c0002089_19495224.jpg

実習はシロップ作り。こちらは材料たち。今回はレモンの皮を入れてみた。
c0002089_19495290.jpg

赤い実はミラクルフルーツ。これを噛んで食べてからレモンを噛むと酸っぱくなく甘いというミラクルが起こる。
c0002089_19495362.jpg

砂糖がキャラメルにならないようにかき混ぜながらぐつぐつ煮詰める。砂糖の主成分ショ糖は加熱するとブドウ糖と果糖に転化する。転化すると酸化を抑制する作用gs登場。
c0002089_19495431.jpg

これらはシロップ作りの残りかす。フェンネル、アンジェリカ、カルダモン、この残りかすはお菓子の材料になるね。
c0002089_19495559.jpg

というきとで、グリーンハウスでくつろぐひと時。
c0002089_19495682.jpg

次は新年1月23日月曜日。すっかり冬、新春の面もちのガーデンでお待ちしています。

近いうちにここからご案内できると思います。
村上志緒のセミナーシリーズ>>
by linsshio | 2011-10-27 10:43 | セミナーレポート
11/13の日曜午後、世田谷ものづくり学校にて開催される、やつばやしもとこの「スウェーデンしあわせ薬草生活第3回」はこれから迎えるクリスマスシーズンにぴったりのスパイス特集。北欧スウェーデンのスパイス使いを身に付けて、今年のクリスマスを満喫しましょう。

やつばやしもとこ、ただいま月刊ソトコト「メディカルハーブ紀行」にてスウェーデンハーブのことを連載。日本でも北海道下川町に住み、北の植物と更に親交を深める毎日・・。世田谷ものづくり学校にて、Fika、みんなでスパイスのきいた美味しいものを味わいながら、いい時間を過ごしたいと思っています。

「スウェーデンしあわせ薬草生活 第3回」 詳細はこちら>>

前回の様子はこちら>>

こちらの写真はモミと並んでクリスマスに大人気のヤドリギさんです。
c0002089_19251579.jpg

by linsshio | 2011-10-16 19:26 | お知らせ
タヌキ村での第一回セミナー終了。

今回はティー、水抽出がテーマ。前半お話させていただき、後半は実習をみんなで行いました。

ジャーマンカモミールとベバーミント、タンポポラテ、そして最後にタヌキ村で育てたレモングラスのティーをいただいた。こちらみんなで実習の風景。
c0002089_18313987.jpg

先週、下川にいったので、トドマツ、北海道モミの枝葉があったのでみんなで堪能した。

ボウルに湯をいれ、モミを入れて蒸気吸入をした。森の香りがタヌキ村のお部屋にただよった。あー、気持ちいい。
c0002089_18314016.jpg

次回は11/12土曜の午後にチンキ剤。実際にチンキ剤を仕込み、またチンキ剤からすぐ使えるスキンケアのレメディーをつくってみる予定です。あと、今年作ったいくつかのチンキ剤を持って行くのでクンクンしてください。ぜひ来てね(^-^)/
11/12, 12/10, 1/14, 2/11, 3/10(土) @世田谷区たぬき村
セルフケアのためのハーバルレメディー~ハーブ製剤~6つの基本剤形の調製法を学ぶ >>

by linsshio | 2011-10-16 03:07 | セミナーレポート
10/21は世田谷ものづくり学校で、日本のハーブ暦です。

今回の実習では大島の近く、利島産ツバキの油かすを使ったスキンケアボールを作ります。

利島産の椿油は透明感溢れる美しいオイル、その椿油を絞ったあとに残る、いわゆる粕にはほどよく油が残り、お肌のスペシャルケアにはびったり。

てるてる坊主のような椿ボールを作って、お湯で湿らせてパッティングします。

よかったらぜひ。今年も終わりに近づいてきました。10〜12月の日本のハーブ暦は、新しい年を迎える準備を実習でしていきます。

日本のハーブ暦 植物と暮らす二十四節気 >>
by linsshio | 2011-10-14 08:29 | お知らせ
今週土曜から始まるハーブ製剤、ハーブの調製法を身に付けてセルフケアに役立てていただくための講座です。

ティー、チンキ、浸出油、軟膏、パウダー、そしてシロップと目の前にメディカルハーブが現れたら、さてどのようにすればどういった使い方、どういった成分の取り入れ方によいか、、ということを学んで頂き、自分のためのレシピを考えていただけるような内容にする予定です。

10月15日、まずはティーや浸剤についてです。今回は北海道は下川町に行ってきたばかりですので、青々としたモミあります。使ってみましょう。他、タンポポの根やすっきりミントも材料にしてみようと思っています。

連続ご受講も単回ご受講も大歓迎@^-^@
材料を準備する関係から、10/15の回は明日午前中が締切です。
お申し込みお待ちしております@^-^@

10/15, 11/12, 12/10, 1/14, 2/11, 3/10(土) @世田谷区たぬき村
セルフケアのためのハーバルレメディー~ハーブ製剤~6つの基本剤形の調製法を学ぶ >>

by linsshio | 2011-10-13 07:50 | お知らせ
北海道下川町はナナカマドや白樺が色づき、美しい秋の風景。森の生活企画、ハーブ・アロマセミナーを開催しました。下川に着いた夜は、森の生活の三人娘と焼肉ばりばりの深夜の打ち合わせ。翌朝、プログラムの始まり。

まずはいつも北海道モミ精油を抽出してるもみえちゃんこと本名まりえちゃんから北海道モミ、つまりトドマツの説明。そして私はモミの植物療法についてお話。

ランチはモレーナのスープカレー。フェンネル、カルダモンなどハーブやスパイスをふんだんに使った薬膳カレーとチャイ。美味しい。
c0002089_12201437.jpg

可愛いモレーナの看板です。
c0002089_12202087.jpg

店内はアートがいっぱい。心地よいスペースに、私はアーネストヘミングウェイ。


c0002089_12202651.jpg

その後森へ。森林組合の渡辺さんに林業のお話を伺う。よく考えられた下川の森の活用、素晴らしい。森では、午後の実習に使う、モミの樹脂や枝葉を収穫。夢中になり無言。森林組合、男組も樹脂採取してくれた。
c0002089_12204941.jpg

その後やつばやしもとこプレゼンツ、森のフィーカ。美花夢のロールケーキと白樺の新芽ティーをいただきました(^-^)/
c0002089_12205186.jpg

さて、午後は私の製剤セミナー。まずはモミの精油をとったあとの葉を材料にパウダーをつくり、フェイシャルパックづくり。ほどよい香りが残り、いい感じ。そして香りゆたかなチンキづくり。最後は森で収穫した樹脂でバルサム軟膏つくった。
c0002089_12205237.jpg

で、夜はディナーとゴスペルコンサート。
明けて次の日は奈須さんの森林セルフケア体験。八の字体操、なかなか効いた。
c0002089_12205446.jpg

こんなキノコ家族もいた。
c0002089_12205681.jpg

森はいいな。秋の陽の光なキラキラしてたよ。

c0002089_12205875.jpg

午後は私が、南のハーブ、日本のハーブのお話を。実習では、フィジーのシュガースクラブと薬草リキュールを仕込んだ。
c0002089_1221029.jpg

いらしてくださった皆さん、ありがとうございました!そして森の生活の皆さん、あたたかい心をありがとうございました(^-^)/これから厳しく、美しい冬が来るねー。

最後は終了後スタッフで頂いた、おこっぺのノースプレインファームの牛ステーキ。がっつり。
c0002089_12244743.jpg

そしてお月様。

c0002089_12245338.jpg

by linsshio | 2011-10-10 11:50 | セミナーレポート
今日は東邦大学ハーブガーデンでのキャンパスラボ秋編。秋晴れの高い空、涼やかな秋風。気持ちよいお天気に恵まれ、秋のハーブを堪能した。

まずはハーブガーデンへ。今回の観察テーマは実りの秋。果実や種子、植物たちの子孫を繋げる知恵をガーデンで観察した。
c0002089_21333546.jpg

エキナセア、チェストベリー、ゲンノショウコ、キャスター、ホーソンにバナナ。。どれもしっかりと実り、次の世代へと時を進めていた。

そして実習は種子で作るシロップ剤。フェンネルにアンジェリカ、そしてカルダモンを材料にシロップを作った。シロップはかなり高濃度の砂糖液を用いることにより、保存性が高くなり、甘く美味しいレメディーができあがる。
c0002089_21333825.jpg

最後にレモン汁を加えて、なかなか美味しく出来上がった。
こちら柿と獅子柚子。豊作です。


c0002089_21354496.jpg


c0002089_21354657.jpg


このセミナー、第二弾が10月25日に開催される。三週間後なのでまた時が少し動く。実習は同じくやってみます。よかったら是非。

ご案内はこちら>>
by linsshio | 2011-10-04 20:54 | セミナーレポート
子供たちに教わった。フィジー語で友だちってパタっていうんだって。フィジー、ラケンバの子供たち、私のパタたちの様子をみなさんに伝えたかったのでいくつか写真をアップしてみます。

彼らといると、ほんとに気持ちが優しくなる。子供たちの素晴らしい未来を願う一応大人な私が出てくる。彼らはみんな心優しくて素直で、そして遊びの天才!人類の将来を明るく照らしてくれるのはこの子たちだ。。と真剣に思う。どうかこのまま南太平洋ラケンバ島の太陽を浴びて、風を感じながらすくすくと育ってちょーだい。あと10年すればこの子たちが青年になる。ほんとに将来が楽しみ!

ということでいくつか。まずはお出迎えの笑顔たち。

c0002089_1919059.jpg

子供たちとはよくお散歩に行った。ボイボイという草のかげで。このボイボイ、フィジーでは葉を編んでマットにする。特産品としても売れる大事な収入源でもある。島はボイボイだらけ、たぶんキッズたちはそのうちこの草かげで愛を語るようになるるんだろうな・・@^-^@ちなみにボイボイの地に向かう根は魚毒によい。
c0002089_19194149.jpg

私たちが植物のことを調べているのをよく知っているので、一緒に歩くといろんな植物を集めてきてくれる。こんなふうに大胆にとっちゃった。
c0002089_1923749.jpg

ココナッツの木にはするするっと登る。足場のあるココナッツもあるが、なくても登る。そしてココナッツの実を落としてくれてごくごくっと一緒に飲む。ココナッツはジュースで飲むには登らないととれない。落ちてくる頃には胚乳がしっかりミルクになって固まりつつある。
c0002089_19241511.jpg

お世話になっているネーナの家の三男坊、レンドーア。ただいま12歳。これからどんな青年になっていくのかとっても楽しみ。レンドーア、君の結婚式にはShioを呼んでちょーだい。
c0002089_1926192.jpg

ビアビアのティキティキをつけたマラカイ。ビアビアは花の名前、ティキティキは花飾りのこと。マラカイは生まれてから髪を切ったことのない御年7つの男の子。歌、うまいよ〜。
c0002089_19282884.jpg

タカペ。いつも可愛い顔でにっこり。私にたくさんのフィジー語を教えてくれる。舌がまるめられない私はいつも発音がよくないらしく指導を受ける。
c0002089_19302771.jpg

ココナッツは燃料の材料になる。ラケンバの若者たちは現金が必要になるとココナッツハスクを集めるバイトをするそうだ。一日働いても1000円に満たない。積み上げたハスクの上で、レンドーアとマラカイ。
c0002089_1932334.jpg

パパイヤボーイ。よく熟れたパパイヤを指一本でたいらげた。マンゴーは季節物だけどパパイヤはほぼ年中食べれるんだそうだ。
c0002089_1933988.jpg

ただいま熱唱中。のりのり上演中のみんな。教会で覚えた賛美歌を熱唱。ある夕刻のひととき。
c0002089_1934272.jpg

集めてくれた植物たちを広げてみた。
c0002089_19352363.jpg

可愛い花束を作ってくれた。
c0002089_1935468.jpg
最後にラケンバキッズの歌声を。
ラケンバ少年合唱団 その1 >>
ラケンバ少年合唱団、その2 >>

by linsshio | 2011-10-02 19:44 | フィジー