Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

先日のブッククラブで紹介したアリシア ベイ・ローレルの「地球の上に生きる」。

この本は、1970年代に出版されたヒッピー文化、サバイバル生活マニュアルのようなとても楽しく力強い本で、アリシアが20代に暮らしたアメリカのコミューンでの生活を記したものだ。
c0002089_10213771.jpg


先日、Sさんから教えていただいたマーマーマガジン。マーマーはMurmur、(水なら)せせらぎ、(風や鳥や人なら)ささやきという意味なのだが、こちらなかなか興味深い雑誌で、この8号(ミツバチマークの号)に久々のアリシアが登場している。
c0002089_10215010.jpg


living on the earth in 2010, in the city. アリシアの、漂うような心地よい字とイラストと共に「アリシアが毎日実践する14のこと」が書かれている。なんだか心に留めておきたいので、おおまかにかいてみる。

1. どこでも歩いていく。それは心を静め、からだを強くするだけでなく隣人との友情が深められるストレートに導いてくれる。

2. ハーブティーをいれる。からだを強くするために。

3.家で 寒さを感じたら5本指のソックスをはき、はんてんを着る。

4.情熱をもってリサイクルをする。要らないものは欲しい人に使ってもらう。

5.古くなった風呂敷からパッチワークでカーテンと枕をつくる。

6.掃除をするときはシンプルでナチュラルなものを使う。ビネガーや柑橘系のオイルやじゅうそうなど。

7.庭にフルーツのなる木がある。良い薬になる。

8.動物性の食べものを口にするのをやめた。

9.毎日ギターを弾いて歌う。

10.毎日、環境、政治、健康、癒やし、どのように人が生き、死んでいくのかについて書かれた記事や本を読んでいる。

11.自分の箸を持ち歩く。

12.地元のオーガニック野菜を買う。

13.ロスアンジェルスのエコビレッジにパーマカルチャーの講義を聴きに行く。

14.このように私は、思慮深く社会に参加し、すべての人々と動物、植物を家族として地球上の家に存在している。

・・だそうだ。私にとっては、したいこと、しないこと、取り混ざっているが、でもおもしろい。(とりあえず、私は動物、食べます。)

20代をコミューンで過ごした彼女は今、ロスアンジェルスに住んでいるそうだ。都市に住み、今に生きてるアリシアに一度会ってみたいな。

アリシアのサイト>>
by linsshio | 2011-11-28 10:41 | 読んだ | Trackback | Comments(2)

ザ・ピクニック

昨日は祭日、代々木公園でザ・ピクニック。アーバンパーマカルチャーの講座を受講しているつながりで知り合った皆さんとのArt & Green Projectの第1回目のイベントだった。きらきらとした秋晴れの朝、少しずつ人が増えてくる代々木公園でスタート。都会のどまんなかでも気持ち良い空が広がっていた。
c0002089_9374777.jpg

今日のピクニックの目的は知り合い、語り合うこと。たくさん集まった皆さんの活動や考えていることをきいて、なんだか力が湧いてきた。

で、ソーラークッカーなるものを作ってみた。太陽パワーで湯がわくというので、興味しんしん。沸いたあかつきにはハーブティーをいれてみよう!太陽パワー全開のフィジー、ラケンバでみんなで作ってみよう!
c0002089_9375371.jpg

こんなふうにダンボールをつかってアルミ箔をはってソーラーパワーを集めるものを作成。
c0002089_9375472.jpg

できあがり。このProject主宰の設楽さん、にっこり。
c0002089_9375540.jpg

こんなふうに、黒で覆った缶に太陽光を集めるように設置してみた。すると30分ほどで熱くなったよ〜。缶はかなり熱い!
c0002089_9375686.jpg

できあがり。そこでハーブティーをいれてみた。和ハッカ。すっきりと美味しい。
c0002089_17554892.jpg

食べ物を持ち寄ってのザ・ピクニック。みんなの持ち寄りでとっても豪華なテーブルができあがり。おしゃべりも楽しい!音楽も気分を盛り上げてくれる@^-^@こんなに緩やかでなおかつ刺激が入ると、自分の中にも何かが湧いてくるものなんだね。
c0002089_9375875.jpg

こちら持ち寄りの不用品コーナー。私の要らないものは誰かの要るもの。私はセーターとサンドレス。手にしていただいると嬉しいものなんだね。手放す品にも愛が再燃する感じ。私も似合う!と言われて黒い帽子をゲット。
c0002089_9375915.jpg

秋の代々木公園で、い〜い時間を過ごしました。イチョウも元気!
c0002089_17561150.jpg

by linsshio | 2011-11-24 09:33 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トトラボとグリーンフラスコでの共催プロジェクト「緑の薬箱を救え!」。Save Life of Green Medicine(略してSGM)では、緑の薬箱(メディカルハーブ)が植物として、生き物として、生態系の中でしっかりと存在し続けるためのヒトの心得を考える勉強会であるグリーンゼミを定期的に開催しています。

今週土曜11/19の午後は第4回グリーンゼミ開催@自由が丘。今回は「緑の英和辞典」でお馴染みのグリーンフラスコ研究所研究員の椎名佳代さんが、この秋(夏の終わりが正しいかも)、米国西海岸北部のソノマカウンティーにあるハーブ企業トラディショナルメディシナルズ社を訪問取材してきましたので、そのお話をしていただきます。

トラディショナルメディシナルズ社は、野生ハーブを守るためのフェアワイルド認証に尽力を注ぎ、いち早くフェアワイルド認証を得たハーブティーを販売、フェアワイルドの実践とその考え方の啓蒙につなげています。グリーンゼミ開催の案内は以下のとおりです。

第4回グリーンゼミ:ハーバリストの視点によるフェアワイルド認証への取り組み>>

余談ですが、ソノマといえば、お隣のナパバレーと共に、レッドウッドの香り豊かな森が広がる谷合いに位置した、美味しいカリフォルニアワインの産地です。その昔はワッポ族というネイティブアメリカンたちの大地でした。

私は数年前にここソノマを訪れました。ソノマにある町セバストポールには、今回取材されたトラディショナルメディシナルズをはじめとして、オーガニックにこだわった精油メーカーのSimplersや「緑の薬箱を救え!」活動をしている米国の団体United Plant Savers創立に携わったRosemary GladstarさんのショップであるRosemary's Garden、そして数々のスパもあります。美味しいワインを飲みながら、健やかな心と体を整えるにはもってこいのところ、そんな米国西海岸ソノマバレーの爽やかな風を感じながら、緑の薬箱の未来、私たち人類の未来ついて考えてみませんか。

・・ソノマの風景をいくつか。まずはRosemary's Garden。
c0002089_8153488.jpg
素敵な店内にはこんなふうにセルフサービスのハーブの量り売りコーナーが。
c0002089_282172.jpg

そしてチンキの量り売りのコーナーもありました。
c0002089_292686.jpg

スパも気持ちよかった!こちらSpa off the Plaza。
c0002089_295899.jpg

そしてワイン畑がこんなふうに広がっています。トラディショナルメディシナルズもここSonomaのSebastopolという町にあります。
c0002089_211389.jpg

by linsshio | 2011-11-16 02:19 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
昨日は日曜日。トトラボでは世田谷ものづくり学校にて、やつばやしもとこの「スウェーデンしあわせ薬草生活」を開催しました。

今回のテーマはクリスマス。スウェーデンでのクリスマスにまつわるお話やクリスマスに向かうアドヴェントやイブの過ごし方を聞きながら、まさにしあわせ気分が湧いてきました。
c0002089_1949036.jpg

講師のやつばやしもとこ。スウェーデンから戻り、最近は北海道下川町にて北の暮らし満喫中。
c0002089_1949240.jpg

クリスマスにはグルッグをいただきます。グリューワインだね。レシピをきいて、私めが仕込ませていただきました。ワインはtoto調達。スウェーデンのは、まずはリキュールを作ってそれを漉して、ワインに入れて温めます。けして煮立たせない。つまりアルコール、濃いです。しかし、からだは温まるなー。アーモンドとレーズンをいれていただくのも面白かった。また仕込もう。そうだ、トトラボのお茶会でも作ってみよう!
c0002089_1949397.jpg


次回は2月末か3月に開催します。
by linsshio | 2011-11-14 10:48 | セミナーレポート | Trackback | Comments(0)
今日は世田谷砧のたぬき村でのハーバルレメディ講座の二回目でした。
秋晴れの日、たぬき村にもさんさんと陽が当たってたな。
c0002089_18563031.jpg


チンキのお話しをして、さまざまなチンキの香りを皆さんとくんくん。

今日行ったものづくり実習は3つ。チンキ仕込みはネロリチンキ。そして、さまざまなチンキから選んで、フェイシャルジェルを作った。それと柚子の皮を漬け込んだ。
c0002089_18563131.jpg

チンキを仕込むのはとてもたのしい。クズの花の夏の香り。セイジプラシはネイティブアメリカンの暮らす大地の香り。梅や桜は日本の春。モミは清里の冬のきらきらした森を連れて来てくれる。植物の成分と一緒に、その植物が暮らしていた空気感もぎゅって凝縮される感じ。また、仕込もう(^-^)/

このハーバルレメディー講座、次回は心もからだも温まる浸出油つくります。ぜひ来てね。

セルフケアのためのハーバルレメディー
by linsshio | 2011-11-12 18:37 | セミナーレポート | Trackback | Comments(0)
今週の火曜日はグリーンフラスコのフィールドラボ。大井町線等々力に集合して、世田谷のオアシスといわれる緑深い等々力渓谷から、東京の母なる川多摩川に出るというコースを歩き、植物を観察しながら秋の一日を過ごした。

このコースは以前グリーンフラスコの水の健康度チェックやトトラボの生き物みっけでに歩いたところ。高度成長期はかなりひどかった多摩川、今は健やかに生まれ変わり生き物もたくさんいる。

まずは等々力渓谷。多摩川に入る矢沢川、河岸段丘という特徴ある地形には、スダジイやコナラ、ケヤキ、ムクノキといった大きな木が茂り、そしてアオキにツバキにヤツデといった照葉樹もいる。

雨あがりの日、かわいいキノコたちも顔を出していた。みなさんでシダの胞子観察中。
c0002089_1945033.jpg

いっとき大きなクスノキに持たれて空をみあげてみた。クスノキが大きく育ちながらみた風景を思ってみた。
c0002089_1945146.jpg

等々力渓谷のみかん園を抜けて広場へ。ここでユズを材料にエアフレッシュナーになるチンキを仕込んだ。
c0002089_1945162.jpg

その後みなさんでランチタイム。小春日和の気持ち良い昼下がり。
c0002089_1945228.jpg

多摩川に出て植物観察。実りの秋、種子や果実、そして冬支度の様子を観察した。こちら大きく育ったカキドオシとアカツメクサの花束。それぞれ心落ち着けるグランドアイビーに女性のためのレッドクローバー。
c0002089_1945326.jpg

多摩川の川べりは広々と気持ちよかった。もうすぐ冬。このあたりからは富士山が見えるはず。
c0002089_1945316.jpg

途中出会った素敵な方。ルリタテハの幼虫だそうです。ビューティフル。
c0002089_19455392.jpg

by linsshio | 2011-11-10 19:57 | セミナーレポート | Trackback | Comments(2)
先週の金曜は、埼玉県宮代町主催の「ハーブ魔女サミット」に出演(?)。楽しくて不思議なとても良い経験をさせていただいた。

会場となった建物は進修館という町の施設。建物は像設計集団という沖縄の名護市庁設計で有名な建築集団によるもので、宮代町にある笠原小学校と共にとても不思議で素敵な雰囲気を醸し出しているのであった。ちなみに私が数年前までよくいっていた山梨県牧丘のオーチャードビレッジフフもこの像設計集団の作品らしい。

こちら、ハーブ魔女サミットのサミット席。町議会が行われいる期間はこちらが町議会の議場となっているのだそうだ。
c0002089_13781.jpg


魔女サミットでは、魔王(いつもは町長さん)やツボーネさん、宮代町の「新しい村」にあるハーブ園の魔女ケッセルさんやハルナンさん、そして、ありすさんErbettaさんNoanoaさんタオアシス豊泉さんといった友人知人魔女さんたちがずらっと並んだ。私は魔女についてまわる黒猫になってみた。
c0002089_1414576.jpg

お話をしたのは西村先生と私。西村先生には、魔女の歴史のお話や空飛ぶ魔女軟膏のレシピを教えて頂いた。空飛ぶ軟膏、確かに空が飛べそうなレシピだった。私は、いらっしゃったみなさんに植物療法に親しんでいただけたらと入門編のお話をした。客席というか傍聴席というかはこんな感じ。なにやら恐ろし気な魔女もいる。
c0002089_1441436.jpg

こちらずらっと並んだ魔王魔女。
c0002089_1494389.jpg

そしてサミットあとのパーティーの様子です。新しい村で収穫したハーブや野菜、そして魔女のおっぱいまんじゅう(?)も頂いた。
c0002089_1522445.jpg


・・というわけで一日終わり。次の日はハロウィンパーティーがあって、とても盛り上がった模様。樂しいハーブ魔女サミットだったのでした。
by linsshio | 2011-11-04 06:30 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)
c0002089_1335410.jpg
グリーンフラスコ自由が丘店ではブッククラブというのをやっています。で次回は私、村上が担当。いくつかの本をピックアップしてそれについてお話するという役を仰せつかりました。

えっ?しおさんって、野山ばっかり駆け巡ってたり、遊び歩いていたりで、本なんて読むの??と思うかと思います。・・その通りで私はけっして読書家なんぞではありません。でも比較的、書籍運(?)は良いほうなのではないかと思っています。

さて、5冊ほど好きな本を持ってきてとのこと。何にしようかな。

「自然と象徴」by ゲーテ
「萱草に寄す」by 立原道造
「風の歌を聴け」by 村上春樹
「きつねのざんげ」by 安野光雅
「植物の私生活」by アッテンボロー
「野性の実践」by ゲイリー・シュナイダー

なんだか美しく段々になった@^-^@ これじゃ多過ぎるから選ばなくっちゃ。でも他にもあるな、お気に入りの本。お気に入りから琴線に触れた言葉をピックアップしてみようと思っています。
そう、それと私のハーブ人生をほぼ決めた名著も忘れないで持っていこうと思っています。

ご参加いただく皆さんからもおすすめの1冊を紹介いただこうという、このブッククラブ。直接ハーブ関係なくても、好きな一冊でしたらなんでも大歓迎。読書の秋の土曜の午後。ぜひおでかけくださいませ。「日出る処の天子」by 山岸涼子ってのもありです。シネマクラブっていうのもやりたいな。

グリーンフラスコ自由が丘店 ブッククラブ ご案内>>
by linsshio | 2011-11-01 01:34 | お知らせ | Trackback | Comments(0)