Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日は春雨の北鎌倉、たからの庭にいってきた。この前お休みで断念したミンカでランチ。色とりどりに野菜が並んだ野菜箱に玄米が美味しい。懐かしい本が並び、とっても居心地のよい場所。
c0002089_16463899.jpg

そしてたからの庭。今日はお掃除会もあったのだが、私はみちくさ部に参加した。焚き火の煙に鶯の声、そしてリスがとことこと走っていく。いいところだなー。
c0002089_16483213.jpg

さてみちくさ部の部長さんにたかの庭のおたからを案内してもらった。
c0002089_16483372.jpg

これはヤブカンゾウ。新芽を採ってたべたら甘い葱のようで美味しい。
c0002089_16463831.jpg

こちらはケイワカガミ。毛、は初めてであったぞ。渓谷でよく見るイワカガミより葉もおおきくなるそうな。
c0002089_16463919.jpg

そして世界一の椿!椿が枝をおおきく広げ、紅の花華やかで春雨に美しく光ってた。
c0002089_16463963.jpg


c0002089_16464090.jpg

最後は和菓子の椿の花を頂く。美味しくていい時間だったな。
c0002089_16464016.jpg


トトラボのたからの庭講座は4月から始まります。4月がキャンセル待ちですが、ただいま7月まで予約受付中です。
北鎌倉、たからの庭でハーブと暮らす
あっ、7月は18日です。ぜひぜひいらしてくださいませ。
by linsshio | 2012-03-24 16:44 | 日々のこと
昨日は日本のハーブ暦、弥生の巻。温かさも少しずつ増し、旧暦の春のクライマックスの回にはいい日だった。

春になり、ここのところたぬき村はダイナミックに動いてます。入り口近くのスバイラルガーデンには自然に芽吹いた春の植物がぽつぽつ顔をだしていた。
c0002089_20363689.jpg

お話のあと外へ。実習のテーマはハコベ、たぬき村と、お隣のAさん宅のお庭でハコベを探す。
c0002089_20363899.jpg

昨日のハコベは、世田谷砧のたぬき村、>奈良むろう大沢農場プルーベリー農園、そして東邦大学キャンパスと、それぞれからいらした方たち。こちら満開の東邦大学産。むろう産はふきのとうと一緒に届いた。
c0002089_8411965.jpg

お部屋に戻り、まずはハコベのスケッチ。コハコベ、ミドリハコベ、ウシハコベ、そしてミミナグサかオランダミミナグサか。わかわか難しいが、また来月、お花がしっかり開いたらまた観察しましょ。
c0002089_20363963.jpg

さて実習。今日は歯のためのハコベ塩づくり。フレッシュなハコベをまずはブレンダーやミキサーで細かくする。
c0002089_20424246.jpg

そして濾して、絞る。
c0002089_20424346.jpg

お塩に少しずつ混ぜながら、エメラルド色のハコベ塩ができていく。匂いはね、青汁そのもの。
c0002089_20424362.jpg

でーきた!このままでも使えるけど、わたしは軟弱なので、ふつうの歯磨きとハーフ&ハーフで混ぜて使ってます。歯茎をしゃっきり引き締めてくれているはず(^-^)/
c0002089_2042449.jpg

by linsshio | 2012-03-17 09:25 | セミナーレポート
明日夜、自由ヶ丘のグリーンフラスコバロンホールで「緑の薬箱を救え!」プロジェクトでやっている第5回グリーンゼミを行います。18時からで参加費1000円也です。

テーマは「ハーブを救うお買い物」。サスティナブル・ハーブガーデンhodohodoを主宰している、清水さんに正しいお買い物のために参考になる事例などをお話頂き、私たちにできる、賢いお買いものについて、みなさんで知恵を出し合いたいと思います。

エシカルハーブ・・倫理的に正しくありたいハーブとのおつきあい。消費者である私たちが意識してお買い物することが地球の持続可能性に関わるということを考えてみましょう。

自分のくらしぶり、お買い物のしかたを省みる機会にもなると思います。
よかったらぜひぜひお出かけください。

グリーンゼミ第5回「ハーブを救うお買いもの!?~私たちだからできる、薬用植物のまもりかた>>

後半はネットワークミーティング。集まった方々の活動や意見などを交換し合う場を設けます。何かがここで始まるかも。

そして、その前に行われる私の研究情報ゼミ。心に効くハーブの研究についてのセミナーもよかったらいらっしゃってくださいませ。こちらは私が肉体を使って研究している?領域でもあるので、より実地的なお話ができると思います。

知っておきたい!最新メディカルハーブ研究情報~心に効くハーブ>>

c0002089_11403617.jpg

by linsshio | 2012-03-14 11:41 | お知らせ
セルフケアのためのハーバルレメディー2011年後期のシリーズが終了しました。最終回の第6回はシロップ剤。世田谷砧のたぬき村で、シロップ剤とリモナーデ剤とはどんなものか学んだあとに、甘いお母さんの味と香りのシロップ剤を作りました。

こちら、シロップで抽出するハーブの材料を用意しているところ。フェンネル、ミント、ジャーマンカモミール・・消化器系の不調によい、甘えたくなるような味のシロップをみんなで仕込みました。
c0002089_18504453.jpg

シロップの基剤を調整中。水に白糖を入れて温めながら溶かします。白糖の量も重要で、抽出するため、そして保存のため・・、適度な濃度を選びます。
c0002089_18504594.jpg

材料が勢ぞろい。
c0002089_1850467.jpg

そして、投入。
c0002089_18504619.jpg

15分くらい、煮立たないように弱火で温めちう。

c0002089_18504767.jpg

そして、やがて火を止め、そのままある程度まで冷まして、布漉しします。

そして、もうひとつの実習は、アレンジメニュー。今度はお母さんの味ではなくて、初恋の味に挑戦。カルピス&ラベンダーづくりの真っ最中。
c0002089_18504748.jpg

じゃん、できました。飴色が消化器系に良いシロップ、そして薄紫のまさにラベンダー色がラベンダーカルピス。どちらも懐かしい味と香りでございます@^-^@
c0002089_18504824.jpg


・・というわけで、今回で6回のコースは終了。このコースの新学期は来月4月です。同じくたぬき村で開催。手にとったハーブはどうやって使うのか、レメディーをどう作るのか、基本をマスターしていただけるとその後に活用できる引き出しができます。よかったらぜひいらしてください。

2012年前期 セルフケアのためのハーバルレメディー〜ハーブ製剤〜基本剤形の調製法を学ぶ >>
by linsshio | 2012-03-14 11:26 | セミナーレポート

今年の3月11日が終わった

3月11日がさっき終わった。少しの間、キャンドルの炎を見つめていた。今年の母からの年賀状を読み返してみた。灯された炎をもう少し見つめてから眠ろうと思う。

わたつみの 神「魔」に変わる 禍時を
おどろくべきや 目交に見つ

水漬く屍 草蒸す屍と 逝き給う
いくさ無き世に かかる哀しみ

淡雪よ 黙すみ魂の 上に降れ
鎮めまつると 歌えララバイ

c0002089_013556.jpg

by linsshio | 2012-03-12 00:12 | 日々のこと

週末は春の宴でした

週末は友人たちと春の宴。年末の宴を共にしたみんなともうすぐ本番の春を祝って楽しんだ。この日は桃の節句、ひな祭りの日。必然と女子会の様相濃くなっていく。

その日のtoto料理は、まずはサラミとオリーブ、ピクルスの一皿。そして、リヨン風ハムのカルパッチョ。

c0002089_23234933.jpg

この日のパスタはグリーンピースソースのコンキリエ。豆の青い香りが春っぽい。
c0002089_23282386.jpg

パンはCさん手づくり。クランベリーとナッツのパン、美味しかったー。
c0002089_23282472.jpg

そしてメインはお魚カツレツ。レモンをきゅっと絞っての香り爽やか。

最後はMさんのオリンジーヌ・カカオのチョコレートケーキ。様々な食感が味わえて幸せ(^-^)/
c0002089_23331944.jpg

やがて夜も更けた。たっくさん食べて、たっくさん笑った上限の月の夜。お雛様も満足。

そしてやがて夜は明け、朝。爽やかに果物係りM子さんのイチゴをいただいたのであった。こちらは清里の檀香梅。もうすぐ咲きます。
こんな風な友だちと一緒の時間はとってもいい時間(^-^)/
c0002089_23332032.jpg

by linsshio | 2012-03-05 23:59 | 日々のこと
みなさま、私の名前でスパムを受け取られた方も多くいらっしゃったかと思います。ご迷惑をおかけしてすみませんでした。すっきりしたいので以前のアカウントは削除して新しくしました。新しいアカウントは以下のとおりです。

Coleridge_ave

こちら、アメリカはパロアルトのあるストリートの名前です。ちょっと思い出深い場所なのです@^-^@
今後とも、どうぞよろしくおねがいします。
by linsshio | 2012-03-04 16:52 | お知らせ