Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5/18の金曜日はたぬき村で日本のハーブ暦。その日は日本のハーブガーデンと日本のハーブmy寄植えをつくる日。ざぁっと雨が降ったその後の晴れ間に活動できたラッキーな日でした。
c0002089_2112245.jpg

今日は旧暦の4/7。卯月です。卯の花の匂う垣根にホトトギス早も来りて・・。卯の花、ウツギの咲く卯月。卯月からは夏。夏到来の日本。こちらが卯の花、ウツギ。
c0002089_23155454.jpg

暦の話、季節の話のあと、今日はガーデンづくりの日。たぬき村のよう君は、ガーデナー。ガーデンづくりの先生はようくん。プランターや地植えでの植物の育て方のポイント、土のこと、栄養のこと、そして見て楽しむためのコツなどきいて、いざ。つくるものは3つ。4つのグループに分かれて、各グループでひとつのプランター植え。そしてそれぞれお持ち帰りのマイ寄植え。そしてAさん宅のお庭に日本のハーブガーデンづくり。こちらはまず、どんな日本のハーブがあるか物色中。
c0002089_1203846.jpg

まずは土作り。プランターと鉢に土をいれこみます。
c0002089_21122647.jpg

こちらのグループはスノーガーデンの皆さま、プランターつくり中。
c0002089_21122966.jpg

季節は初夏。ウツギも満開ですが、ちょうど柑橘系の花も開いている頃。こちらはAさん庭の柚子の花。ネロリのように華やかな香りを漂わせて満開中。ゆずネロリをしばし堪能。
c0002089_122133.jpg

できあがったプランターはこんなふうになりました。これは全体で一つのプランター。和薄荷、ユキノシタ、そして五色ドクダミもいます。
c0002089_21123620.jpg

こちらから4つ、各グループのプランターです。こちらはナデシコはないけれど、大和撫子チーム。
c0002089_21123928.jpg

こちらは、若草姉妹チーム。斑入りのカキドオシがキラリと光っています。
c0002089_23153075.jpg

そしてこちらはイブキジャコウソウチーム。チーム名のとおり、伊吹麝香草が香っています。
c0002089_21124625.jpg

こちらはスノーガーデンチーム。やはり決めては真ん中のユキノシタと両側の雪なような斑入りカキドオシでしょうか。
c0002089_21124821.jpg

そしてA沢さんのお庭に山椒をポイントにした日本のハーブガーデンを作ったあと、お庭の柚子の木から若葉をいただき、柚子のリーフティーを一杯。フィジーでは同じ柑橘のレモン、モリカロカロの葉をレモンリーフティーとして毎日味わいます。リーフも柑橘の香り豊かで美味しかった。
c0002089_21125031.jpg


レメディーづくりはヒノキのバスソルト。庭づくりで汗を流し、おうちに帰ってヒノキ風呂。

さて、これから、私たちの日本のハーブのプランターとガーデン、そして我が家に持ち帰ったマイ日本のハーブ鉢がどう育つのか。収穫を心待ちにしたおつきあいが始まりました。
by linsshio | 2012-05-27 17:20 | セミナーレポート
前回からひと月たった5月の16日。きらきらとした太陽が眩しい午後にたからの庭でのセミナーを行った。

おはよう!たからの庭。立夏を過ぎて初夏、新緑美しく陽光鮮やかな朝のたからの庭。草木の様子はひと月前とはずいぶんと様変わりしていた。こういうところなんだな、たからの庭はひと月もたつとダイナミックにかわっていく。そんな生きた庭なんだな。
c0002089_001392.jpg

しばし季節の話などしたあと、いざ庭へ。いくつかのハーブをじっくりみながら、今日の収穫をしてみた。

この日のテーマハーブは日本のハーブがカキドオシ、そして西洋のハーブはローズにした。カキドオシは垣根を通すほど茂るのでその名がついた。そして地を這う性質から英名ではグラウンドアイビーと名付けられている。このカキドオシ、ここたからの庭にもたっくさん。別名を癇取り草ともいい、かんしゃくを和らげてくれる。怒りっぽい現代人にはぴったりのハーブ。そして、このカキドオシ、もう一つの名前を連銭草、レンセンソウ。小銭が連なっているという景気がいいのか悪いのかわからない形を持っている。
c0002089_002274.jpg

さて準備。今回は小さいけれどガラスの蒸留器を用意した。しばし水蒸気蒸留法のお話をし、いざ蒸留の準備。材料のカキドオシは、少し千切って香りがでやすくしておく。みんなですると早い早い。
c0002089_00275.jpg

蒸留はこんな風にセット。蓋に氷を入れて、あがってきた蒸気をしっかり冷やす。そうすると揮発成分として入っていたものは気体から液体になってぽたりと落ちる。
c0002089_003250.jpg

こちらはカキドオシも含めて、お持ち帰りするハーブの収穫風景。オオバコやら、ドクダミやら・・。
c0002089_003966.jpg

こんな方たちもたからの庭にはいらっしゃる。はこべ。チックウィード、ヒヨコクサ、、全部同じ植物のお名前。幸せを運ぶはこべ・・だそうな。ハコベ塩を作っておいて、ふつうの歯磨きと半分半分で使ってみると、すっきりとわりといい感じです。歯槽膿漏の予防にはハコベ歯磨き!
c0002089_004663.jpg

そしてミツバ、三つ葉。大きく葉を広げていたな〜。
c0002089_005292.jpg

これは、このあたりに密生していた、シラン、紫蘭。紫色の美しいおはな。
c0002089_005912.jpg

・・お次は、西洋ハーブはローズがテーマ。画像は残せなかったけれど、カルピスを基剤にして熱して、ローズを泳がせてみることしばし。色も香りもばっちり満足できるローズカルピスが出来上がる。それを瓶に入れてお持ち帰り。

一人で庭で一息。。小鳥たちの囀りを聞きながら、風が吹いていくのを感じる。大きなカエデの木の下に身を置いてみる。見上げてみると彼の見上げた太陽の光。とっても気持ちのいい場所。
c0002089_011432.jpg


たからの庭でのセミナーはただいま8月まで受付中。
北鎌倉、たからの庭でハーブと暮らす>>
by linsshio | 2012-05-20 00:54 | セミナーレポート