Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

この前の週末、土曜日はたぬき村での植物のカラダのかたち講座の4回め。今回のテーマは花。まずは植物にとっての「花」とは何か考えた。

「花」は植物にとっては、子孫を繁栄させるための一大イベントの主役。植物が他の生き物、ときには自然現象を使ってコトをおこす2つの時期は受粉と種子拡散のときで、花はこのうち花粉を運んで受粉してもらうときに大きな役割をになっている。だからこの講座のテーマの形にしても色や匂いにしても、花粉を媒介してくれる動物に対して魅力的と思ってもらうように大々的にアピールしてたりする。また、形態学的には、花は植物のライフサイクルの特別な時期に葉が変容したものと考えられていて、・・と、いうような観点で花を眺めて見ることに。

梅雨ですが雨降らずのたぬき村の庭へ、いざ。そして自分が観察する花をピックアップ。
c0002089_7314385.jpg

たぬき村の紫陽花。小花のようにみえる一つ一つのうち、本当の花はその真ん中の小さいもの。
c0002089_7315326.jpg

この日は花を構成する部位を考え、それらの配置を図式する花式図に挑戦。雌しべ、雄しべ、花弁にガク。
c0002089_732734.jpg

改めて眺めてみると、それらが、ある律を持って配置されていることがわかる。またそれがすっきりと美しい。
c0002089_7322012.jpg

観察したお花たちを水に浮かべてみた。可愛いんだな、これが。さすが花、魅力全開。
c0002089_732299.jpg

こちらも素敵に水の中。花と水はよく似合う。清里でも花を水にうかべてみようかな。
c0002089_7323765.jpg

この講座の次回8月は、花その2。リンネが分類でポイントとした雌しべ、雄しべに注目。そして全体としての花のつき方にも注目してみます。

ご案内はこちら>>
単回参加も大歓迎なのでぜひ。
by linsshio | 2012-07-17 07:00 | セミナーレポート
梅雨さなか。世田谷区砧のたぬき村で、一昨日から日本のハーブ暦の後期がスタートした。

この日の暦では、もうすぐ始まる旧暦6月、水無月について考えた。旧暦6月は既に夏の終わり、晩夏であり、ちょうど季節の変わり目に突入する頃。夏の終りだけあって、日の長さは既に短くなりつつある。水無月といういわれはいくつかあるが、まずは「梅雨が明けて水が涸れてなくなる月」というものがあげられる。

こちらはたぬき村のお部屋の様子。4つのグループに分かれて、今日の実習は2つ、グッバイモスキートスプレーづくりと痒みを抑えたりリフレッシュしたり、吐き気にもよし・・と様々使える薄荷バームづくり。

c0002089_225373.jpg

まずは精油を用いてグッバイモスキートスプレーをみんなで作った。それを手にいざお隣のAさん宅のお庭へ。お庭はひと月の間に、草の成長著しく、青々とした様子。

・・この草茂る中、さされるとかゆ〜い蚊はたっくさん。シマシマの強力な蚊が、この草原に入った私たちを取り囲む。
c0002089_225413.jpg


・・グッバイモスキートをひとふきしたくらいではどうも歯が立たない。常に持ち歩いて、シュパシュパってしないとだめだ〜。

こちらは、5月に作った日本のハーブガーデンの様子。こちらも知らぬまに草が・・。シンボルツリーの山椒も、元気はつらつ。
c0002089_225677.jpg

こちら、きんかん。小さな蕾をいくつか付けていた。もうすぐ開くと、これまた甘い香りが漂ってくるはず。
c0002089_225673.jpg

そして、晩夏は秋に繋がるシーズン。たぬき村の栗の木には、しっかりと栗のイガが実っている。
c0002089_225780.jpg

実習風景。こちら、植物油に薄荷を入れて湯煎にかけて、穏やかに成分を抽出したあと、濾している様子。
c0002089_225812.jpg

そして絞って。。
c0002089_225925.jpg

ミツロウを溶かして、均一に混ぜたら分注します。
c0002089_2251096.jpg

できあがり。すっきり爽やか、虫刺されのかゆみにもいける、薄荷のみつろうクリームです。

・・ということで、使って効果を感じていただけるといいな。

次回のハーブ暦は8月17日。ぜひいらしてください。テーマの植物は、太陽のような金色の花、タンポポです。

「日本のハーブ暦」ご案内はこちら>>

by linsshio | 2012-07-15 08:00 | セミナーレポート
7月28〜29日(土日)、たぶん梅雨もあけているだろう夏の盛り、トトラボでは清里でのプログラムを開催します。

「清里高原・夏の森 植物療法野外実習〜夏、花と緑と摘み草と〜」>>

夏7月、花も木の枝も葉も、みんな一年で一番いきいきと動いている清里の夏の森。
清里のお花たちでコーディアルをつくったり、森の香りを味わったり、渓谷に降りて水にさわったり・・。生命を謳歌している
森の住人たちとしっかりお付き合いする時間をご一緒しませんか?

☆今回のプログラムでのものづくりはこんなふうに予定しています。

・お花コーディアルづくり
・渓谷の水で森の香りのプチ蒸留
・モミの樹脂採りとバルサム軟膏づくり
・森のなかの小さな生命・・苔玉づくり
・摘み草&ジャージー牛のアイスクリーム

※昨年の夏の様子はこちら>>

6月の清里はこんな感じ>>

ぜひぜひいらしてくださいませ@^-^@ 実は〆切間近、7/7〆切です!
by linsshio | 2012-07-03 08:36 | お知らせ