Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by linsshio

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

軽井沢に来ています

今日明日と軽井沢に来ている。
この前来たのは、グリーンフラスコをやめる直前だったので、2009年のはず。つまり6年ぶりにここに来た。

思えばここは私の女子中学生、女子高生時代の思いが詰まった場所でもあって、来るたびに少しノスタルジックになる場所でもある。その頃の私は、立原道造に夢中で彼が好きなものや場所、そして人も含めて、とても敏感に反応し、思いを深めていた。

立原道造は堀辰雄が大好きで、堀辰雄や室生犀星にくっついて、軽井沢や信濃追分を何度も訪れている。だから私もその場所に行きたくて、一番最初はたぶん13歳の夏、父と母と一緒にこのあたりにきた。だからパウロ教会を写真に撮ったりしていると、あの頃の私の一枚もあるはずであることを思い出したり、教会の中の静けさの中にも歳を変えてどんな風に身をおいてきのだろうかと思ったりするのでした。
c0002089_23194374.jpg

懐かしくてパウロ教会の写真を母にメールしたら、素敵ですね。明日は天気も良いようです。楽しんで来てね。と返事が来た。たぶん、母も何かをおもったと思う。あの頃は父も元気でもちろん自分も若かったはずだから。そして私は今、夫とここにいる。

それで、去年くらいに久しぶりに、堀辰雄の、風立ちぬと美しい村、奈緒子あたりを読み返してみた。それには季節を追って軽井沢の風景が描写されており、とりわけ冬の空気感が、今の私の気持ちをとらえた。

冬の軽井沢の、ちょっと寂寥感のある、あの道をさくさくと歩きたいな。。そう思ってきてみた。ということで、今日は旧軽のロータリーからパウロ教会、そして雲場の池、ささやきの小径を歩いてみた。大人になってからいった茜や珈琲で、美味しいコーヒーを頂いて、万平ホテルに戻った、という一日だった。
c0002089_2325475.jpg

c0002089_23264510.jpg

少し雪があって歩きづらかったけれど、静かで、太陽の光も時折注いで、なんとなく暖かな、冬の終わりの良い散歩だった。

しかし、来る度に、いろいろな気遣いやセンスの良さに喜ばせてもらっている万平ホテル。とっても居心地の良いところ。
c0002089_23291975.jpg

by linsshio | 2015-02-22 23:29 | 旅した
3/25は大阪にてセミナーをいたします。Herbs for Mの木下さんが主催、佐古佳子先生にナヴィゲーターをしていただいての講座です。関西のみなさま、ぜひいらしてくださいませ。

ご案内PDFはこちらから>>
by linsshio | 2015-02-22 07:41 | お知らせ
トトラボニュースレター第74号を発行いたしました。お読みいただいている方、「再送」と記された方をお読みくださいませ。2通配信してしまいごめんなさい。

バックナンバーはこちらから>>
そしてご登録はこちらから>
by linsshio | 2015-02-22 07:33 | お知らせ
寒い時にはさむいところへ@^^@
長野県の蓼科に、女子4人の旅行をしてきました。

2/18,19、それは旧暦でいうところの、大晦日と元日。旧暦での大事な日を、友人たちと楽しく過ごせてとても嬉しかったです。

宿泊した「たてしな薫風」は、おもてなしの心もお料理もとてもよくって、知らないで申し込んだにもかかわらず、大満足のお宿。

雪道をお散歩。きゅっきゅっと新しい雪を踏み、歩いてみた。真っ白な世界に、心洗われるようで、なんだか大晦日たる一日でした。

1日目の様子はこちら>>

c0002089_2224620.jpg


温泉にもゆっくり入って、夜はストレッチとおしゃべりタイム。

そして明けて元旦。

朝からの朝散歩、朝ごはん、そして朝温泉。
堪能でいることは一つ漏らさず堪能し(?)素敵な二日を過ごしました。

今日はエリ子さんが午前中はいらっしゃるというので、久しぶりの蓼科ハーバルノートへ。ごあいさつができて、お話ができて、緩やかな時間をハーバルノートで過ごせて、とても幸せ。

そして、何より、この旅をご一緒くださった友人たちに感謝。いい時間をありがとう@^-^@

二日目の様子はこちら>>

c0002089_2273945.jpg

by linsshio | 2015-02-19 22:00 | 旅した
今日はとても冷たい風が吹いて寒かったですが、きらきらと晴れて気持ちが良かったですね。
今日のトトラボは、「林真一郎の「僕と緑〜僕はこうしてハーブ屋になりました」というタイトルで、グリーンフラスコの林真一郎さんにお話をしていただきました。
思えば、私がグリーンフラスコをやめて6年経とうとしているのですが、辞めた今でも林さんには多くの刺激を受けています。
林さんが自分ひとりで瀬田店を始めた頃のことなど聴いていたら、いろいろな景色にタイムスリップ。グリーンフラスコで働こうと思ったのは結局直感的なところも大きかったことや、
このままNEC(当時いた会社)にいようか考えたのは、お金の計算をした後はあまりなかったこと、そして働き始めることをお話しした梶ヶ谷のモスバーガーで、「林さんはグリーンフラスコをどんな風にしたいのですか」ときいたとき、「たくさんの人が知らなくてもいいから、違う国から「グリーンフラスコはどこですか?」と自由が丘に訪ねてくる人がいるような、そんなお店にしたい。」とおっしゃっていたのを思い出しました。
今日の林さんの話のなかで心の留まったことの一つ、セラピーとエコロジーと社会活動の3つが日本では繋がっていないっておっしゃっていたこと。エコロジー的な視点を持つセラピストは多くはないということ。たぶんそれは、セラピストに限らず、自分の中のエコロジーをしっかり捉えることができていないのではないか、と思いました。
終わった後にもみなさん話が弾んで交流が進み、よかったです。
参加いただいたみなさま、そしてもちろん林さん、ありがとうございました。
また何か@^-^@やりましょう。
c0002089_0393178.jpg

by linsshio | 2015-02-01 00:41 | 日々のこと