久しぶりに清里に行ってきました

啓蟄を迎え、少しずつ春本番に向けて、あたたかい日も増えてきました。
みなさま、いかがお過ごしですか?

この日曜月曜は3年ぶりに山梨県北杜市清里の清泉寮にて「ハーブ&アロマリトリート」を開催いたしました。
冬の緊張感を残しながらも春の準備を整えた森は、自然のリズムの確かさを感じさせてくれ、私たちに安堵感を与えてくれます。

この日はとても暖かく、冷たい風は吹かずに、迎えてくれたのは雪解けのみずみずしい空気。
ウラジロモミやアカマツが静かな森でも緑をたたえ、たくましい力を与えてくれるとともに、葉を落とした広葉樹やカラマツの多い森には、春の太陽が降り注ぎ、それはそれは美しいものでした。
眩しい太陽の光を浴びながら、空の方に目を向けると、ハンノキの実が、豊かだった一年を物語り、素敵なシルエットを見せてくれていました。
二日目は、霧と雨の一日となりましたが、あたたかい空気に湿り気が混ざり、モミの甘い香りが漂ってきました。

森は私たちに安堵感をあたえてくれる。
そして私たちを綺麗にしてくれる。

この地球を分かち合う生き物たちと一緒にしっかりと地に立っている確かさは心に恵みを、そして清々しい空気は体をも清々しくしてくれます。
春の花も咲き始め、これから春はどんどん動き、自然のリズムのダイナミックさを感じさせてくれます。
外に出て、歩いて、健やかな季節と恵みを満喫したいものだと思いました。

さて、トトラボでは2017年後期の講座が終わりを迎え、新しい年度に移る時でもあります。
今朝配信したレターでは、春から秋、みなさんをお迎えしたいプログラムをご紹介いたします。

ヴィヴォの家で、新しい春、伸びゆく夏をご一緒できることを楽しみにしております。
ぜひお出かけくださいませ。


by linsshio | 2018-03-09 08:58 | 日々のこと

Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by Shio
プロフィールを見る
画像一覧