木枯しの季節のリップクリーム


冷たい風に吹かれる季節はすぐそこです。蜜ろうに精油を加えてお口に優しいリップクリームを作ってみませんか?蜜ろう(蜜蝋)は蜂の巣作りの材料となるワックスのこと。花の蜜を材料に蜂自らが合成します。ミネラルもたくさん含まれるでしょう。しっかりお肌を包み、じんわりと成分が浸透していきます。

用意するもの:
・蜜ろう・植物油・精油
・ガラスなどの容器(20cc位、クリーム用)・平底なべ(湯煎用)・竹串

1. 蜜ろうを、小さじ1杯(3gくらい)を用意します。
2. 植物油15ccを用意します。
・・ホホバ油だけでもOK です。
・・肌荒れによいカレンデュラ油や肌に馴染みやすいマカデミアナッツ油もグッド!
3. ガラスなどの容器(20ccくらいの広口のクリーム用がグッド)に1と2を入れます。
4. 予め温めておいた70〜80度位のお湯を平底なべに張り、容器ごと入れて(湯が入らぬよう注意)溶かします。
5. 溶けたら、湯から容器を取り出します。
6. 素早く精油を計3〜4滴垂らします。
・・保湿性の高いローマンカモミールや皮脂のバランスを調整するゼラニウムとかいかが?
7. 素早く竹串などでかき混ぜます。
8. 固まるのを待って、出来あがり!

*唇はデリケートなので、精油の種類や量には気をつけてくださいね。
*精油を何種類か使いたい場合は予めブレンドして適量を加えるか全体量を多くしてみてください。
by linsshio | 2006-12-29 19:10 | レメディ&香水レシピ

Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by Shio
プロフィールを見る
画像一覧