<   2018年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

6月からアロマフランスで形態学と基本製剤、いたします。

高槻のフランス、アロマフランスにて6月から形態学と基本製剤開催します。植物の形にも成分にも意図がある。形を観ることは植物と知り合える大きな入口です。製剤は抽出にポイントをおき、持たせたい機能に合った抽出法を学び、実際に作ってみます。ぜひいらしてくださいませ(^-^)


by linsshio | 2018-02-24 01:49 | お知らせ

6月からドミニック先生のイドロラ講座が始まります(^-^)

6/24から、ドミニック先生のイドロラ講座が4回のコースとなり開講いたします!イドロラこそ、蒸留のしかたで性質も大きくちがう、しっかりとしたイドロラ知識で選ぶことが重要です。ドミニック先生の楽しく、そして学びの多い講座を堪能くださいませ!
by linsshio | 2018-02-24 01:28 | お知らせ

中心と周縁部

一日の終わりに大阪に到着。今日は盛りだくさんな一日だったけど、朝から、中心と周縁部について考える日だった。

ゲーテ的自然観察という講座では対極性について思いを巡らしたんだけど、朝に準備をするところから始まり、それが一日続いたような感じだ。

収縮と拡張、中心と周縁部。

自然が見せてくれる世界には、こういった対極性がもとになったリズムやダイナミズムがあちこちにある。私たち人間は、もちろん自然から出来上がった生命を持った存在で、こういった対極性の中にいる。

中心点と極点、ミクロとマクロ、時間と空間。

ウロボロスの蛇っていうのがあってその蛇はぐるっと丸くなって自分の尾を食べたいたりするんだけど、そこにはつながる階層の中に位置する無数の対極性が、いれこのようにも隣り合わせにも存在する。

自然のつくるものはどんなものでも、確かな中心と外界との境目を持っている。

魂と物体としての境目。個と社会。

計画して準備して来たる変化に向かって進んでいく。そんな力は人間よりも植物の方がはるかに秀逸だと思う。

そういった力を必要な分保ちながら、いろんな層の関わりの中で社会的に動いていく。たくさんの刺激を受けながら、中心を失わず、健やかな感受性や思考を周縁部で働かせ、それを中心に降ろすことがどうできるのか。
人間はいきもの的には、社会性をつくりながら、いかに進化できるかを試されているような気もする。

地球の中心に向けて安定的に凸型で根を伸ばし、地上では太陽に向かい、凹型の身振りを持って軽やかに動く植物は、多分、中心と周縁部の引き合いのバランスをうまくとるのがお得意。
そんな植物は私たちにいろんな知恵を与えてくれるなと改めて思った今日。

by linsshio | 2018-02-13 23:54 | 日々のこと

部長の2018年は「本気の樹木学」!4/7(土)スタートです。

ぶちょうこと佐々木知幸さんをお迎えして、樹木について本気に学ぶ!「本気の樹木学」!

4月7日スタート、全5回で開催いたします。

トトラボのヴィヴォの家のある、日吉の丘や谷、そしてご可能な方には特別編「南相木での野外合宿」にご参加いただこうと企画中!

一年を通して、樹木に親しみ、もっともっと樹木と仲良くなれるよう、mustな本気の樹木学、どうぞご期待くださいませ。

c0002089_17290590.jpg

by linsshio | 2018-02-12 17:29 | お知らせ

ありすさんこと、 長谷川弘江さんの修道院薬草レシピ講座、4/26と6/7の夜!

ありすさんこと、長谷川弘江さんは、その昔、伝承ハーブ研究会をいっしょにしていたお友だち。

そのころからありすさんはヨーロッパの修道院レシピに心奪われ@^-^@、それはそれは熱心に調べ、学ばれていました。

そのころから早ん年の月日が経ち、そのパワーはさらにアップ。


ドイツ、フランス、ヨーロッパ・・。歴史あるヨーロッパの地を度々訪れて、ますます研鑽を積まれてさまざまなことを教えてくださいます。


今年の初めに、中世ヨーロッパ、修道院の薬草学の一回の講座をしていただいたありすさんに、さらに詳しく、中世修道院の薬草を学ぶ講座をおねがいし、4/266/7、両日ともに木曜18時から開催することとなりました。


今回は、古文書をもとにレシピを再現するなど、中世をリアルに感じながらの楽しい講座になるはず。ぜひいらしてくださいませ。


「中世ヨーロッパ、修道院のレシピ活用講座」ご案内はこちら>>

c0002089_15241610.jpg
写真はありすさんから「薬とコスメの聖人協会@ローマ」。
by linsshio | 2018-02-12 15:25 | お知らせ

2/10はボタニカルデー@溝ノ口フィオーレの森

2/10は溝ノ口フィオーレの森で、KoHo主催のボタニカルデー!村上はワークショップで、南国フィジーのハーバルメディスンのお話をいたします。

同じ島国、日本とフィジー。伝統的なハーバルメディスンが今につながるフィジーの暮らしのこと、イランイランやサンダルウッド、シナモンにホーリーバジルなど私たちにも馴染みのあるハーブ含めてハーブのこと、そしてみなさんにはフィジーではゼブガと呼ばれる月桃を使ったエアフレッシュナーを作ってお持ち帰りいただきます(^-^)

トトラボではフィジー、日本のハーブのプロダクツを揃えて出店!味や香りやテクスチャーを体験しにぜひお立ち寄りくださいませ。
http://koho-natural.garden/index.html

c0002089_07321232.jpeg

by linsshio | 2018-02-05 07:30 | お知らせ

今日は東大和グリーンカレッジ

今日はお友だちのとんちゃんこと谷津さんが関わってらっしゃる、東大和グリーンカレッジでお話させていただいた。自然の力というテーマで、植物の力、暮らしのなかでの活かし方などについてお話しした。植物の基本的な性質やフィジーの暮らしや日本のハーブのこと。東大和市出身の亀ちゃんこと亀山範子さんのフプの森さんのお仕事のこともお話できた。

みなさま、聴いてくださってありがとうございました😊スタッフのみなさまもお世話になりました。

その後、とんちゃんたちが取り組んでらっしゃるハーブガーデンに連れて行っていただいた。ガーデンも素晴らしいが市の取り組み自体が素晴らしい。自分の力、自然の力、社会の力。ハーブ、健康、統合医療、コミュニティ。いろいろ繋がっていく。

12月にうかがった石垣島の石垣みらいカレッジも東大和グリーンカレッジも、素敵。里山も小川流れるいい場所。春になったらまた行きたい(^-^)
c0002089_17315093.jpeg

by linsshio | 2018-02-03 17:30 | セミナーレポート

春を迎える頃

新しい年になり、ひと月が経ちました。
ここのところの寒さで、春はまだ先のように思えますが、もうすぐ節分、立春。
コブシの蕾は暖かそうなコートに包まれ、梅の蕾も膨らみ、みなさま、春を迎える準備を整えていらっしゃるようです。

このレターで何回か書いたことがあるので、またと思っていただける方もいらっしゃるかもしれないのですが、この頃になると思い出す歌があります。それは3歳だった私に刻まれた歌。

あんな小さな蕾の中に 
お花たたんで入れてあるの
誰がたたむのお花たたむの
春のお支度誰がするの

その昔私の通った三歳児保育はYMCAのその名もつぼみぐるーぷ。
初めて家族と半日離れて、違うおうちのみんなと過ごすという社会生活第一歩の頃に覚えた歌です。

このお歌の問いかけは私の中にしっかり根を下ろし、今もその春のお支度のしくみを知りたい気持ちを持ち、お支度から花開く春の季節の素敵さを毎年喜べる大人になりました。

これからの季節を思うと胸が躍ります。
私たちを取り巻く、生命あるものたちが、どんな風に弾もうかと、むずむずわくわくしている頃・・。
それらの期待は確実に来る春につながり、私たちに信じる力を与えてくれると思います。

2018年2月1日
Shio
(トトラボニュースレター第99号 村上から一言 )


by linsshio | 2018-02-02 10:56 | 日々のこと

5/12(土)と5/15(火)開催「みかんの花づくし〜蒸留&コーディアルづくり@あきさわ園」のご案内です。

箱根は雪が積もりつつあるというニュースを聞きながら。。

5月、初夏の風物誌、「みかんの花づくし@小田原 あきさわ園」のお知らせです。

本日よりお申し込み受け付けます。5/12と5/15の二日開催。


甘い香りがみかんのお山を覆います。みかんの花の香りに包まれる幸せを満喫しながら、みなさんさらに女子力アップ、美しくなりましょう@^-^@


気分は上がりっぱなし?のお花摘み。ぜひいらしてくださいませ。


http://www.totolab.com/2018/02/post-e9b1.html

c0002089_17171901.jpg



by linsshio | 2018-02-01 17:16 | お知らせ

植物療法研究トピックスにイランイランの抗不安作用についてアップしました。

トトラボサイトの研究所、植物療法研究トピックスのコーナー。ここ数日、イランイラン(マコソイ)づいているので、南の島の香りで不安を軽減するという研究報告についてアップしました。
写真はサルサルというお花飾り。マコソイ、シヌ、ウディの花、一昨年のブルーミング@ラケンバです。


this is one of research reports about makosoi, i.e. ylangylang. The inhalation of volatiles reduced the anxiety levels of mice.

It might lead to care for anxiety in this stressful societies.

the photo is salusalu made by nena and Sinia for me, in 2016. makosoi, sinu, uci, there..

c0002089_17322032.jpg


by linsshio | 2018-02-01 16:21 | お知らせ

Shio's 感じたことやら考えたことやら。。


by Shio
プロフィールを見る
画像一覧